2019.08.23

日常清掃とは?代表的な清掃箇所と清掃会社に依頼するメリットとは

fe860211ef9a6110ff0fff3e1aa9408f - 日常清掃とは?代表的な清掃箇所と清掃会社に依頼するメリットとは

「カンタンな掃き掃除やテーブル拭きは気付いた人が行おう!」
「毎日当番の人が掃除をするようにしよう!」

そう決めていても、日々の仕事に追われるうちについついオフィスの掃除をおろそかにしてしまっていませんか?

自社スタッフのミッションはそもそも「清掃業務」ではないはずなので無理からぬことかと思います。
お客様対応や、トラブル対応、月末業務や棚卸など、自社スタッフでないと出来ない作業が優先になるので、その結果清掃業務などは後回し、そのうちにやらなくなってしまいます。
どうしても清掃などの雑事はおろそかになりがちです。

そこでおすすめしたいのが、清掃事業者への“日常清掃”の委託です。

今回のコラムでは、まず日常清掃とは具体的にどういったサービスなのか、そして清掃業者にわざわざ委託するメリットは何なのかについて解説します。

日常清掃の定義と具体的なサービス内容について

日常清掃という言葉をお聞きになったことはありますか?
まずは、普段聞きなれない「日常清掃」の定義について明確にしておきます。

日常清掃とは、清掃業者が提供している清掃サービスの種類の1つ。
清掃業者に日常清掃を委託すると、主に簡単な「身の回りの掃除」を週に1回~毎日の頻度で行ってもらえます。
具体的には、以下のような掃除が日常清掃にあたります。

日常清掃の代表的なサービス内容・清掃箇所

  • フロアの掃除機がけ
  • フロアのモップがけ
  • トイレや手洗い場の清掃
  • 給湯室、シンクの清掃
  • ゴミ箱のゴミ回収、およびゴミ集積所への運搬
  • デスク、応接間、会議室などにあるテーブルの拭き掃除
  • デスク、手すり、電話機、ドアノブ、テーブルなど手が触れる箇所の除菌
  • 窓のサッシにたまったホコリの清掃
  • 灰皿の洗浄
  • カーペットやフローリングについたシミ取り 等

※清掃会社によって日常清掃に含まれる範囲は異なります
※相談内容次第で日常清掃のサービス内容を追加したり、逆に減らすことができる場合もあります。

日常清掃の作業内容自体はそこまで高度なものではありません。
高度な清掃は定期清掃によって決まったサイクルで行うことが効率的なので、それ以外の「身の回りのものに対する、日常的かつ簡単な清掃」と理解すれば大丈夫です(定期清掃に関しては定期清掃とは?頻度の目安と対象となる箇所、日常清掃との違いを解説の記事をご覧ください)。
日常清掃とは、言い換えれば自社スタッフでも出来てしまう清掃のことともいえます。

ではなぜ多くの企業が自社でも出来る清掃をわざわざ専門会社にお金を払ってまで依頼するのでしょうか?
ここからは「日常清掃を清掃会社に依頼するメリットについて」詳しく解説していきます。

日常清掃を清掃会社に依頼する3つのメリット

メリット①従業員の清掃業務分の負担が軽減され、生産性がアップする

日常清掃を清掃業者に委託する最大のメリットは、「従業員の負担が軽減されること」です。

一般的に、従業員によるオフィス清掃作業の多くは、営業時間外に行われています。
例えば、始業よりも早く出社して掃除を行ったり、週末に1回まとめてスタッフ総出で掃除を行ったり。
しかし、働き方改革の重要項目の一つとして残業時間の削減が挙げられている昨今、時間外労働を強要するのは考えものです。

かといって、業務時間中に清掃作業をすることになれば、従業員は業務に集中することができないでしょう。

一方で、日常清掃を清掃業者に委託してしまえば、業務時間内外に関わらず従業員の負担を減らすことができます。
業務に集中できる環境が整えられれば、従業員の生産性は向上するはずです。

毎日の清掃を委託してしまうと費用がかかりすぎるという場合は、週に1~3日から委託できる清掃業者もあるので、ぜひチェックしてみてください。

メリット②プロによる清掃でオフィスが明るくなり、従業員のモチベーションが向上する

ゴミが散らかり放題なオフィスや、ホコリっぽいオフィスは、従業員の仕事に対するモチベーションを大幅に下げてしまいます。
また、ゴミやホコリは従業員による掃除によって排除できている場合も、なかなか落ちない頑固な汚れが蓄積していけばオフィスの雰囲気が暗くなってしまいます。

一方、清掃会社のスタッフは清掃に関する専門知識を持ったプロです。
プロが各汚れに適した洗剤や道具を使って磨き上げたオフィスは、従業員が清掃をしていたときとは見違えるほどキレイになります。

日常清掃の清掃箇所はたしかに手の届く範囲であることがほとんどですが、その品質はプロが行うのと従業員が自ら行うのでは大きな差が出ます。
最新の業務用の洗剤や機器を使って、しっかりと清掃してもらうことでオフィスの美観は大きく改善します。

清潔で明るいオフィスが保たれていれば、そこで働く従業員の気分も明るくなり、仕事に対するモチベーション向上が期待できます。

メリット③常にオフィスを清潔に保つことで企業イメージの失墜を防ぐ

ピカピカに磨き上げられたオフィスは、企業イメージのUPにも役立ちます。

例えば、「取引先への印象」です。
キレイなオフィスを見た取引先に「マネジメントの行き届いた会社」と印象付けることができるため、商談を円滑に進行させたり、より強固な信頼を獲得したりすることに繋がる可能性もアップします。

また、「求職者への印象」もよくなります。
同じような待遇でオフィスの清潔感に違いがあれば、求職者としては当然綺麗なオフィスの会社の方で働きたいと思うことでしょう。

ただ、自社スタッフだけで清掃をさせている場合、前述の理由でどうしても漏れが出てくる可能性があります。

清掃を従業員任せにした結果、清掃が行き届いていない箇所があり取引先や求職者の印象を下げてしまう、なんてことは未然に防ぎたいですよね。
清掃会社に依頼することで漏れなく確実に日常清掃を行ってもらい、常に隙のないオフィス環境を作ることができます。
突発的な来客でも安心して迎え入れることができます。

オフィスの日常清掃は従業員ではなく、清掃のプロに任せるのも一手

以上、日常清掃とは具体的にどういったサービスなのか、そして清掃業者に委託するメリットは何なのかということについて解説してきました。

日常清掃は、掃除機がけやゴミ回収のように従業員でも行える「身の回りの掃除」です。
従業員にとって1回あたりの掃除の負担はそれほど大きなものではないかもしれませんが、チリも積もれば山となります。

日常清掃を業者に委託すれば、従業員の負担が軽減されて生産性が向上し、会社の売上向上にもつながることでしょう。
また、日常清掃によって清潔で明るいオフィスを保つことができれば、従業員のモチベーションや来訪者の印象アップにも役立ちます。

日常的な清掃を社内で行っている企業様は、この機会に清掃会社に日常清掃を委託することを検討してみてはいかがでしょうか。
下記の記事では東京都でおすすめな日常清掃対応の清掃会社を8社紹介しています。
あわせてご確認ください。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - 日常清掃とは?代表的な清掃箇所と清掃会社に依頼するメリットとは

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する