2019.09.09

フロアコーティング剤はどれを選ぶべき?5種類の特徴を紹介

bf2c66838904e9ffcda8670c2be34f76 - フロアコーティング剤はどれを選ぶべき?5種類の特徴を紹介

「床をなるべく長く綺麗に保ちたい」
床の清掃や貼りかえをした後には、特に強くそう思う建物の管理者様が多いのではないでしょうか?

床を綺麗に保ちたいという要望を清掃業者に伝えると、床を保護するフロアコーティングをおすすめされます。
フロアコーティングとは、床の表面をフロアコーティング剤で保護することで、キズや汚れを防いで長期にわたって美観を保つメンテナンス方法のこと。
フロアコーティングを清掃業者に依頼することになると、いろいろな種類の”フロアコーティング剤”の中からどれか1つを選択することになります。

しかし、フロアコーティング剤の特徴や価格相場を知っておかないと、どのフロアコーティング剤を選択すればいいのかわかりませんよね。

そこで今回のコラムでは、5種類の代表的なフロアコーティング剤について解説します。
自身の管理する建物の床をピカピカに保ちたいと考えている管理者様は、ぜひ本記事を参考にフロアコーティングを清掃業者に依頼してみてください。

フロアコーティング剤にはどんな種類があるの?

まず、代表的な5種類のフロアコーティング剤について、耐久年数、硬化にかかる時間、価格相場を表にまとめました。

フロアコーティング剤の種類 耐久年数 硬化にかかる時間 価格相場(15㎡あたり)
UVコーティング 20年~ 即座に硬化 10万円~
ガラスコーティング 20年~ 2週間 10万円~
シリコンコーティング 10~20年 1カ月 7万円~
ウレタンコーティング 5~10年 1カ月 3.5万円~
アクリルコーティング 2年~ 1週間 1.5万円~

それでは、フロアコーティング剤の種類ごとの特徴について、よりくわしくご紹介していきます。

フロアコーティング剤①UVコーティング

UVコーティングは、耐久年数が20年以上と、もっとも耐久性が高いフロアコーティング剤の1つとして知られています。
価格相場は高いですが、一度のフロアコーティングで20年持つことを考えると、コストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

UVコーティング剤は紫外線を当てると瞬時に硬化するため、業務に支障をほとんど与えずにフロアコーティング塗装を完了できるという特徴もあります。
さらに、他のフロアコーティング剤と比べると、耐熱性、滑りにくさ光沢においても最高ランクです。

フロアコーティング剤②ガラスコーティング

ガラスコーティングは、UVコーティングと並んで最も耐久性が高いフロアコーティング剤です。
UVコーティングと同様に価格相場は高いですが、コストパフォーマンスは高いと言えます。

ツヤの度合いを調整することもできるので、マットな仕上がりにしたい場合には、UVコーティングではなくガラスコーティングを選択するといいでしょう。

ただし、ガラスコーティングを取り扱っている清掃業者が少ないのが難点です。

フロアコーティング剤③シリコンコーティング

シリコンコーティングは、UVコーティングやガラスコーティングに次いで、耐久性のあるフロアコーティング剤です。
UVコーティングと比べると光沢が弱めなので、ピカピカ光り過ぎるのは好ましくないという場合におすすめ。

デメリットとしては、硬化するまでの時間が他のフロアコーティング剤と比べると長く、1カ月程度かかるという点があげられます。

また、取扱いがむずかしいフロアコーティング剤なので、ガラスコーティングと同様、取り扱っている清掃業者自体があまりありません。
取り扱いのある清掃業者にお願いする場合も、最終的な仕上がりは職人の技量に大きく左右されます。

フロアコーティング剤④ウレタンコーティング

ウレタンコーティングは耐久年数がUVコーティングの半分以下ですが、その分価格も半分以下に抑えられています。
取り扱いが簡単なフロアコーティング剤で、ほとんどの清掃業者で取り扱いがあるため、手入れはしやすいでしょう。

また、ガラスコーティングと同様、ツヤの度合いを自分好みに調整できます。

フロアコーティング剤⑤アクリルコーティング

アクリルコーティングは耐塩性が高い素材が使用されるため、海の近くにある建物に使用することがあります。

耐久性が高くなく2年程度で塗りなおす必要がありますが、他のフロアコーティング剤と比べて最も価格相場が低く、硬化にかかる時間も1週間程度と短めです。

どの種類のフロアコーティングにするか、「耐久性」や「好みのツヤ度合」などで比較検討しよう!

以上、代表的な5種類のフロアコーティング剤について解説してきました。
それぞれの特徴の違いがお分かりいただけたでしょうか?

清掃業者によっては扱っていない種類もありますので、ぜひ本記事でご紹介した5種類の中から環境や予算に合ったものを選んで、そのフロアコーティング剤を取り扱っている業者を探してみてください!

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - フロアコーティング剤はどれを選ぶべき?5種類の特徴を紹介

編集部員 河田

編集の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

関連記事
発注したいジャンルを選択する