2019.09.25

屋上清掃を業者に依頼すると雨漏りを防げる!?3つの理由を解説

Maroon Photo Beauty Makeup Youtube Thumbnail - 屋上清掃を業者に依頼すると雨漏りを防げる!?3つの理由を解説

マンションやオフィスビルの管理者様の中には、屋上はテナントや入居者の目につかないからといって、清掃することなく放置してしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、屋上の清掃をしないでいると、後々“雨漏り”という大きな問題となってくるケースがあります。

本記事ではなぜ屋上を清掃をしないと雨漏りが起こってしまうのか、その理由を解説します。
「屋上の清掃なんて覚えている限りしていないな… 」
という建物の管理者様様は、本記事を読んで屋上清掃の重要性について納得した際には、ぜひ業者に清掃を依頼してみてください!

この記事でわかること
・屋上清掃をしないとどんなリスクがあるのか
・屋上清掃をすると雨漏りが防げる理由

清掃業者による屋上清掃で雨漏りを防ぐことができる3つの理由

「掃除=雨漏り防止」
と聞いても、ほとんどの人はイメージがつかないのではないでしょうか?
ここでは掃除が雨漏り防止に繋がる3つの理由をご紹介します。

理由①屋上ドレンのつまりを防ぐことができる

屋上清掃のポイントになるのは「ルーフドレン(バルコニードレン)」の清掃です。
ルーフドレンとは、屋上やベランダなどに溜まった雨水を排水するための「排水溝」のこと。

屋上は常に雨風にさらされているため、土ぼこりや枯葉、ホコリ、細かなゴミなどがルーフドレンにどんどん溜まっていってしまいます。
ルーフドレンにゴミが詰まったままの状態で雨が降り出すと、屋上に水が溜まってしまいます。
その結果、コンクリートや防水シートなどが痛んでしまい、雨漏りが起こってしまうケースも多いのです。

しかし、定期的に清掃業者に清掃してもらっていれば、ルーフドレンにゴミが詰まって雨漏りが起こってしまう心配がなくなります。

理由②ヒビが大きくなる前に修繕できる

屋上は頻繁に人の目に触れる場所ではありません。
また、放置されていると汚れが溜まってしまって、床が見えなくなっていることもあります。

清掃という機会でもなければ、屋上の床にひびが入っていたとしてだれも気付かず、そのうちヒビが大きくなって雨漏りが発生してしまうというわけです。

しかし、定期的に清掃をしていれば小さなヒビにもすぐ気づき、雨漏りする前に修繕できます。

理由③草が生えることによる防水層の劣化を防げる

屋上を長らく放置していると、風や鳥の運んできた種が芽を出し草が生えてくることがあります。
そして、屋上に生えた草はどんどん下に根を伸ばし、防水層までも侵入していきます。
つまり草が防水層に穴をあけて劣化させ、雨漏りに繋がっていくわけです。

しかし、定期的に屋上を清掃していれば、ゴミと一緒に種も吐き出してしまうので、芽が出ることが少なくなります。
草が生えても、防水層に根が届くまでに除去できるでしょう。

また、屋上に草が生えてしっかりと根を張ってしまっている場合も、特別な除草剤を使用することで、防水層を極力傷つけることなく草を除去してもらうことができます。

雨漏りを防ぐために、定期的に屋上の清掃をしてもらおう!

いかがでしたでしょうか。
マンションやオフィスビルの屋上清掃を清掃事業者に依頼するメリットが、ご理解いただけたのではないかと思います。

雨漏りが起こるまで屋上を清掃せずに放置していると、テナントや入居者からクレームが入ったり、高い修繕費を払う羽目になるかもしれません。
そうなる前に、ぜひ清掃業者に屋上の清掃を依頼しましょう!

EMEAO!のコンシェルジュにご相談いただければ、第三者機関の審査を通過した優良な清掃業者の中から、お客様のご要望に合った清掃業者を複数ピックアップして無料でご紹介いたします!
もちろん、屋上の清掃に対応可能な清掃業者もご紹介しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - 屋上清掃を業者に依頼すると雨漏りを防げる!?3つの理由を解説

編集部員 河田

編集の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

関連記事
発注したいジャンルを選択する