2019.09.09

百貨店の清掃を業者に依頼する際の注意点4つ

e33909dcf68de7e9a787c4d0b9547627 - 百貨店の清掃を業者に依頼する際の注意点4つ

百貨店は、生活必需品から高級ブランド品まで様々な品が並ぶ、特別な場所です。
高級感と清潔感をもつ百貨店の特別な雰囲気を演出するために、ディスプレイはもちろん、清掃にも力を入れる必要があります。

では、どんな清掃業者に依頼をすれば、百貨店にふさわしい空間を保つことができるのでしょうか?
今回の記事では、百貨店の清掃を依頼する業者を選定するための、4つの注意点をご紹介します。

百貨店の清掃を依頼する業者選びの注意点とは?

注意点①接客マインドのある清掃事業者か?

第一に押さえたいのが、接客マインドのある清掃事業者を選定するという点です。
百貨店という商業施設の性質上、清掃スタッフが百貨店に来店するお客様と接する機会もあるでしょう。

お客様にとっては、百貨店のスタッフも、清掃会社のスタッフも、大きな違いはありません。
百貨店のスタッフがいくら丁寧な接客を心がけていたとしても、清掃スタッフが雑な対応をしてしまったら、百貨店自体に対する印象が悪くなってしまいます。

そのため、単に清掃技術に優れているだけではなく、百貨店のお客様と接しても問題のない接客マインドも兼ね備えた清掃スタッフが在籍している清掃事業者に依頼する必要があるわけです。

注意点②百貨店をはじめとした大規模商業施設における清掃プランニング経験があるか?

2つ目に確認しておきたいのが、百貨店をはじめとした大規模商業施設における清掃プランニング実績があるかという点です。
大規模商業施設である百貨店の場合、時間内に広い範囲の清掃作業を完了させるためには、スタッフをエリアやフロアごとに適切に配分する“プランニング経験”が必須。

今まで清掃をしたことのある商業施設の面積やその際の作業スタッフの人数などについて詳しく聞いてみると、プランニング経験があるのかを確認することができます。

注意点③百貨店の営業時間外の清掃にも対応してもらえるか?

百貨店の清掃を依頼するならば、営業時間外の清掃に対応してもらえるか、というところは確認しておきましょう。

人通りの激しい通路やトイレなど、百貨店にお客様がいらっしゃる営業時間内もこまめに清掃すべき場所はあります。
しかし、それ以外の大掛かりな清掃も営業時間内に行ってしまうと、お客様の買い物の支障になってしまいます。

注意点④「対物賠償責任保険」に加入しているか?補償額はいくら?

さいごにご紹介するのは、“対物賠償責任保険”に加入している清掃業者か、というポイント。
「対物賠償責任保険」とは、他人の財物に損害を与えた場合に、損害相当額を補償するための保険です。

百貨店内には、高額な商品が所狭しと、陳列されているスペースもあります。
そういった箇所の清掃には、細心の注意を払うのは当然のことですが、絶対にトラブルが起きないとは断言できません。

万が一のことを考えて、「対物賠償責任保険」に加入している清掃事業者かはもちろん、補償額がいくらに設定されているのかまで確認しておくと安心です。

百貨店の快適な空間を保つために、4つの注意点をおさえて清掃業者を探そう!

以上、百貨店の清掃を依頼する業者を探す際に、チェックしておきたいポイントを4つご紹介しました。

快適な空間を維持することがお客様の満足度に繋がります。
妥協することなく、4つのポイント全てをクリアした清掃会社をさがしましょう!

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - 百貨店の清掃を業者に依頼する際の注意点4つ

編集部員 河田

編集の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

関連記事
発注したいジャンルを選択する