2019.08.29

【基礎から学ぶ】デジタルサイネージとは?

005a3d3ebc8ddab39b2116a45acb7560 - 【基礎から学ぶ】デジタルサイネージとは?

新しい媒体として近年注目されている宣伝広告手段の1つ、“デジタルサイネージ”についてどれくらいご存知ですが?
導入を検討されている方もいれば、名前だけは知っているという方、初めてその名前を知ったという方もいるでしょう。

今回は新しい宣伝広告の手段について知りたいという方向けに、デジタルサイネージとは何か、基礎から解説していきます。
ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも、 デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージとは、ディスプレイに静止画や動画などのコンテンツを映し出す広告宣伝方法のことです。
屋内外関わらずさまざまな場所に設置されているため、名前は知らなかったけど見たことはあるという人が多いのではないでしょうか。

駅構内やビルなどに設置されている大型ビジョンはもちろん、電車内やタクシーに設置されている小型ビジョンも全てデジタルネイサージです。

デジタルサイネージの3つの種類

デジタルサイネージはサイズや機能が非常に多種多様ですが、大きく3つの種類に分けることができます。
3つの種類について、以下の表にまとめました。

種類 説明 相性がいい用途
スタンドアロン型 コンテンツのデータを入れたSDカードやUSBメモリなどをディスプレイに接続するタイプ。機能が少なく、操作が簡単。また、オフラインなので動作が安定している。 自社コンテンツの再生
ネットワーク型

 

インターネットに接続して、ネットワーク上のコンテンツを映し出すタイプ。遠隔操作で複数の端末の更新をすることができる。ただし、通信障害には注意が必要。 拠点がいくつもあるチェーン店や大企業での利用

 

インタラクティブ型 インターネットに接続していることに加え、タッチパネル機能やモーションセンサーなどを搭載しているタイプ。情報を発信するだけではなく、閲覧者側からもコミュニケーションを取ることができる。 観光地、アパレルショップなど
デジタルサイネージの3つの種類についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をごらんください。

デジタルサイネージの特徴

次に、デジタルサイネージの特徴を、ポスターや看板といった従来の宣伝方法と比較してご紹介します。

特徴①歩行者の目にとまりやすい

デジタルサイネージはディスプレイを使用しているため、スライドショーや動画など動きのあるコンテンツを表示することが可能です。
看板や広告といった静止画のコンテンツと比較すると、デジタルサイネージの方が歩いている人の目に入りやすいといえます。

また、音声を流せるタイプのデジタルサイネージならば、視覚だけでなく聴覚からも歩行者にアプローチすることができます。

特徴②時間帯によって表示するコンテンツを変えられる

デジタルサイネージの中には、時間帯によって表示するコンテンツの内容を変える設定ができるタイプがあります。

なぜコンテンツを変える必要があるかというと、時間帯によって狙うべきターゲットが変わるからです。
たとえば街中であれば、朝夜は通勤する人が多く、昼間は主婦層が多くなります。

ターゲットを絞ってコンテンツの内容を変えられるデジタルサイネージを利用すれば、看板や広告で宣伝を行うよりも、より効率的に販促活動を行うことができるでしょう。

特徴 ③リアルタイムでの修正・更新が可能

コンテンツを修正・更新する際、ポスターならば印刷して張り替える作業が、看板なら1枚ずつ塗り替える必要があります。

しかし、デジタルサイネージならばデータを修正するだけ。
しかもインターネットに接続しているタイプであれば、パソコン1つで複数のデジタルサイネージのコンテンツを一括で変更することも可能です。

デジタルサイネージを導入すれば、臨時の案内や期間限定のキャンペーンにも即座に対応するできるようになります。

特徴④ 閲覧者からもコミュニケーションがとれる

ポスターや看板は、宣伝主が閲覧者へと一方的に情報を発信するツールです。
一方、デジタルサイネージはタイプによっては、閲覧者側からコミュニケーションを取ることも可能です。

たとえば、タッチパネル機能がついているタイプなら、ユーザーに必要な情報を検索してもらうことできます。
商業施設や観光地など、案内が必要な場所によく設置されています。

また、駅構内によく設置されている、タッチパネル式の自動販売機にも、デジタルサイネージが活用されています。

デジタルサイネージは、多くの人への発信が可能な新しい広告手段!

以上、デジタルサイネージについて詳しく解説してきました。

デジタルサイネージは、ディスプレイにコンテンツを映し出すことによって不特定多数の人に情報を発信することができる、新しい宣伝広告の手段です。
近年注目されている理由は、ポスターや看板といった従来の広告とは違うメリットがいくつもあるから。

自社の広告宣伝の方法について検討中の方は、ぜひデジタルサイネージの導入を選択肢に入れてみてください。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - 【基礎から学ぶ】デジタルサイネージとは?

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する