2019.11.01

広告トラックにデジタルサイネージが採用されつつある理由とは?

084ad7c3f644ec5bab54eb8dcfc2b42a - 広告トラックにデジタルサイネージが採用されつつある理由とは?

近年では、デジタルサイネージを搭載した広告トラックが活躍の場を広げています。
街中に派手な映像を映し出した広告トラックが走っているのを、目にする機会も多いですよね。「広告トラックにデジタルサイネージを組み合わせることで、どんな宣伝効果が期待できるのだろう?」

そんな疑問をお持ちの事業者も多いのでは?

そこで今回は、広告トラックにデジタルサイネージが採用されつつある理由について、ご説明します。
広告トラックによる広告効果が出ず悩んでいる方や、デジタルサイネージ広告トラックにご興味をお持ちの事業者は、ぜひ参考にしてください。

デジタルサイネージ広告トラックとは?

デジタルサイネージ広告トラックとは、デジタルサイネージ用のディスプレイを荷台部分に設置したトラックのことです。
デジタルサイネージ画像を映し出して街中を走ることで、大きな広告効果を得られます。

なお、デジタルサイネージ広告トラックは、ディスプレイに映像を流しながら公道を走行することは禁止されていますので、注意が必要です。

広告トラックにデジタルサイネージが採用される理由

ここからは、デジタルサイネージを採用した広告トラックが他の広告より優れている点や、そもそも広告トラックに採用される理由について、3つ紹介します。

視覚的なインパクトが大きい

荷台に大きなディスプレイを設置し、色とりどりの美しい映像を映しながら走るトラックによる広告は、何と言ってもインパクトが大きいのがメリットです。
大きなトラックの壁面一杯に映像が映し出されているのは目を引きますし、それが街中を縦横無尽に走り回れば、誰もが目を止めるでしょう。

思わずスマホを向けて写真を撮ってしまい、SNSに上げたくなる方もいるでしょう。
そのため、デジタルサイネージを活用した広告トラックには、SNSによる拡散効果も期待できます。

時間帯に適した広告をリアルタイムに出せる

デジタルサイネージによるメリットは、リアルタイムに広告を変えられるという点です。
デジタルサイネージ広告トラックなら、限られた枚数の写真や画像しか見せられない一般の広告トラックとは異なり、多くの種類の広告映像を映し出すことが可能です。

例えば、通勤時間帯ならサラリーマン向け、昼の時間帯なら主婦向けなど、時間帯によって違う広告を見る層に合わせた内容を映し出すことが可能です。

夜間は特に目立ちやすい

デジタルサイネージは光るため、夜に見やすいというのが大きなメリットです。

普通の広告トラックはライトを当てられるとはいえ、暗いと走り過ぎる際にどのような広告が表示されているのか見にくくなってしまいます。
しかし、デジタルサイネージ広告なら広告自体が光るため、瞬時に見ただけでも広告が際立ち、内容がすぐに認識されるというメリットがあります。

デジタルサイネージ広告トラックはインパクト大!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、デジタルサイネージ広告トラックが選ばれる理由についてご理解いただけたと思います。

デジタルサイネージ広告トラックのメリットは、何と言っても大きなインパクトです。
多くの人を集めたいイベントの告知や主力商品の広告戦略に非常に適しているといえるでしょう。

強力な宣伝を行いたい事業者様は、一度デジタルサイネージ広告トラックでの宣伝を業者に相談してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - 広告トラックにデジタルサイネージが採用されつつある理由とは?

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する