2019.08.29

デジタルサイネージを広告として利用する3つのメリットを紹介!

5ac5231d0cbcea2b8ffdd4324acfa5e3 1 - デジタルサイネージを広告として利用する3つのメリットを紹介!

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - デジタルサイネージを広告として利用する3つのメリットを紹介!

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

近年、ポスターや街頭看板などにかわる新しい宣伝広告方法として、デジタルサイネージが注目されています。

しかし、導入費用が高いために今のままの広告方法でもよいかもしれないと考えて導入を足踏みしている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はデジタルサイネージ利用のメリットをご紹介します。
デジタルサイネージを導入しようか悩んでいる方はぜひ本記事を最後まで読んで、導入費用をかけてでも利用するメリットがあるのかどうか、考えてみてください。

導入費用についての詳細は、以下の記事で詳しくご紹介しています。

この記事でわかること
  • デジタルサイネージを導入する3つのメリット

 デジタルサイネージを導入する3つのメリット

それではさっそく、広告宣伝にデジタルサイネージを活用するメリットを全部で3つご紹介していきます。

メリット①スライドショーや動画を流せる

デジタルサイネージの最大の特徴は、従来の紙のポスターや看板と違い、静止画のスライドショーや動画を流すことができるという点です。

画面に映すコンテンツをスライドショーにすることによって、同じ面積でもより多くの情報を届けることができます。
時間によって宣伝内容を変える設定をすることも可能です。

また、コンテンツを動画にすると、静止画よりも広告主のイメージや臨場感などまで伝えることができるメリットがあります。
人の目を引きやすく、静止画による広告よりも高い宣伝効果が期待できます。

メリット②コンテンツの修正、更新が簡単にできる

ポスターや看板は、誤字脱字があった場合、修正するのに手間と時間とコストがかかります。
ポスターはデータを修正してから新しく印刷して貼り直す必要がありますし、看板なら一枚一枚描き直さなければいけません。

しかしデジタルサイネージならば、パソコンでコンテンツのデータを直し、USBやSDカードなどの媒体でデータを移せば修正が完了します。
インターネットにつながっているタイプのデジタルサイネージならば、遠隔地のディスプレイに修正したデータを一括送信することもできます。

同じように、広告をまるっきり新しくする場合でも、最小限の時間、手間、コストで変更できるメリットがあります。

メリット③長期的に見るとコスト削減になる

デジタルサイネージは導入時には大きなコストがかかりますが、コンテンツを新しくするたびに機器を買い替える必要はありません。
コンテンツの更新に必要な費用は、コンテンツデータそのものの制作費くらいです。

定期的に広告を出すような企業の場合は、長期的にみると、ポスターや看板よりもデジタルサイネージのほうがお得といえるでしょう。

また、デジタルサイネージは人件費削減ができるメリットがあります。
たとえば、ショッピングモールや観光地といった案内が必要な場所にデジタルサイネージを設置しておけば、ガイドの人員を削減することができます。

デジタルサイネージはメリットが多い広告宣伝方法!ぜひ取り入れてみて!

今回は、デジタルサイネージを導入するメリットをご紹介してきました。
デジタルサイネージは導入費用が高いというデメリットがありますが、それ以上にメリットが大きい宣伝方法であるということがご理解いただけたでしょうか?

自社の広告宣伝をご担当している方は、ぜひ本記事を参考にデジタルサイネージの導入を検討してみてください。

とはいえ、デジタルサイネージでの広告の効果が出るようなコンテンツって想像しにくいですよね?
EMEAO!では、コンテンツの提案から行ってくれる業者をご紹介いたします!

完全無料のサービスなので、お気軽にお問い合わせください。

デジタルサイネージの関連記事
発注したいジャンルを選択する