2019.09.24

デジタルサイネージのディスプレイにはどんなサイズがあるの?

e120570b305ea6f4089788f2f052f84c - デジタルサイネージのディスプレイにはどんなサイズがあるの?

デジタルサイネージを導入すると決まった際、まず機器を選ぶところからはじまります。
機種選びで悩む要素の1つが、ディスプレイのサイズではないでしょうか。

本記事では、デジタルサイネージの主要なサイズを紹介します。
これからデジタルサイネージをどう有する予定がある方は、ぜひディスプレイ選びの参考にしてみてください。

街中でよく見かけるデジタルサイネージのサイズ

街中に設置されているデジタルサイネージのディスプレイのサイズは、いったい何インチ(注:1インチ=2.54cm)くらいなのでしょうか。
ここでは3つに分けてご紹介していきます。

1.商品棚に設置される小型ディスプレイは「7~30インチ」

商品説明用のポップなどとしてよく使われているデジタルサイネージのディスプレイは、7~30インチほどのサイズです。
電車の上部にも、これくらいのサイズのデジタルサイネージが設置されています。

小型ですが、映像を切り替えることで多種多様な商品の広告を流すことができますし、ポスターと違って貼り替えの手間もかかりません。
化粧品や洗剤など、商品の選択肢が多い場合、それぞれの商品説明が丁寧にされることで、より消費者は自分に合ったものを選択することができます。

1~3万円程度で導入できるサイズのディスプレイもあり、まずデジタルサイネージを気軽に使用してみたいという方にもおすすめです。

2.広い屋内に設置されている中型ディスプレイは「40~50インチ」

大型の施設や医療機関などでよく設置されているデジタルサイネージのディスプレイのサイズは、40~50インチほどです。
従来のA1サイズのポスターとサイズが近く、このサイズのデジタルサイネージがポスターに取って代わりつつあります。

多くの人の目に留まりやすいサイズなので、待ち時間やイベントの案内など、建物の利用者に周知すべき情報の発信に適しています。
デパートやホテルなどでは、このサイズのデジタルサイネージをフロアマップとして設置している例もよく見かけます。

3.街中に設置されている大型ディスプレイは「50~70インチ」

ビルの外側に設置されているのは、50インチを超える大型サイズのディスプレイです。

不特定多数の人が多く集まる屋外での広告は、とにかく目立つことが大切。
私たちの背丈に近い大きさのあるデジタルサイネージであれば、意識しなくても自然と目に飛び込んで来るというわけです。

また、駅や大型店舗にも大型サイズのデジタルサイネージが設置されていることがあります。

デジタルサイネージのディスプレイは、使用用途にあったサイズを選ぼう!

以上、街中でよく見かけるデジタルサイネージのサイズについてお伝えしました。
設置場所や用途によって、適切なサイズが異なるということをご理解いただけたでしょうか?

店内の商品説明で60インチものモニターを設置したら逆に商品が目立たなくなってしまいますし、屋外に7インチのデジタルサイネージを置いても歩行者は気づけません。
「何のためにデジタルサイネージを活用するのか?」
「どこにデジタルサイネージを設置する必要があるのか?」
ということを明確にし、最適なサイズのディスプレイを選択してください。

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - デジタルサイネージのディスプレイにはどんなサイズがあるの?

編集部員 河田

編集の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

関連記事
発注したいジャンルを選択する