2019.10.02

デジタルサイネージにおける大型ビジョンとは

この記事を書いた人

332df568e0b62f4b6d82a1e704c22f0a 300x300 - デジタルサイネージにおける大型ビジョンとは

編集部員 岡本

編集部の岡本です。以前はWEBディレクターとして中小企業のホームページ制作のディレクション等をしておりました。ユーザー様の声をきちんとコンテンツの内容や方向性に反映して、より良いメディアに出来るように日々精進してまいります。

デジタルサイネージにおける大型ビジョンとは、LEDが埋め込まれた小型のパネル・液晶画面の組み合わせで構成されます。
屋外ビジョン、街頭ビジョン、パブリックビューアーとも称されていますが、大型のサイネージのことを指しています。

小型パネルの組み合わせなので、帯状や円形など設置場所に合わせたデザインができます。
大型ビジョンは、液晶画面を組み合わせて構成することも可能ですが、屋外に設置する場合はLEDを使ったものがメジャーです。

ビルにも大型ビジョンを設置できるので、特定の地域に集まる多くの人へのアプローチができるというメリットがあります。

デジタルサイネージの関連記事
発注したいジャンルを選択する