2019.08.16

飲食店にクレジットカード決済を導入するメリット・デメリット

0398ebb1f6d34d3739435c21c6e086fe - 飲食店にクレジットカード決済を導入するメリット・デメリット

キャッシュレス決済が普及しつつある昨今、クレジットカード決済を導入するべきか検討を差し迫られている飲食店も多いはず。
経営者様としては、クレジットカード決済を導入するメリットはもちろん、リスクも気になりますよね。

そこで本記事では、飲食店へのクレジットカード決済導入にどのようなメリット・デメリットがあるのかをまとめました。
ぜひ自身の飲食店にクレジットカード決済を導入すべきかを判断する参考になさってください。

この記事でわかること
  • 飲食店にクレジットカード決済を導入するメリット
  • 飲食店にクレジットカード決済を導入するデメリット

飲食店にクレジットカード決済を導入する4つのメリット

では、まずクレジットカード決済を飲食店に導入することによって生じる、メリットをご紹介していきます。

メリット① 現金よりも会計が楽になる

まず、クレジットカード決済を導入することで、会計が楽になりミスを防ぐことができるという点がメリットにあげられるでしょう。
たとえば、クレジットっカード決済であれば、店員が会計の際にお釣りを間違えてしまうというミスは起こりません。

また、客側からしても、クレジットカードを利用することで素早く会計を済ませることができます。
このように店側と客側、双方にとって会計が楽というメリットが一致しているのです。

メリット② お客様の層を広げられる

クレジットカード決済を導入することによって、より幅広い層のお客様を獲得することができるというメリットもあります。

「今手持ちがないから、できればクレジットカード決済対応可のお店に入りたい」
と思っているお客がいるとします。
その場合、お店のメニューや雰囲気は気に入っても、クレジットカードに対応していないと入店を躊躇するでしょう。
そして、他の飲食店に目を向けられてしまう可能性が高いですよね。

クレジットカード決済を導入しているかどうかは、集客にも大きく影響することがご理解できるはずです。

メリット③ 外国人観光客のニーズに応えられる

また、クレジットカードを導入することで、外国人観光客のニーズにも応えることができるということもメリットだといえます。

外国人観光客が現金で飲食店を利用したいと思ったら、それぞれの国のお金を日本円に両替する必要が出てきます。
為替の変動などもあり、できるだけ両替をしたくないというのが外国人の本音です。
その手間や負担がかかることによって、現金のみの飲食店利用を断念する外国人観光客も少なくないでしょう。

近年、日本への外国人観光客は増加の傾向にあります。
そこで、外国人観光客も使えるクレジットカード決済を導入することにより、日本にやってきた外国人の獲得にも乗り出すことができるでしょう。

すごいメリットですよね!

メリット④ 店舗で現金管理をする手間が省ける

現金のみ使用可能というお店だと、現金の管理をする必要が出てきます。
たとえば、両替するために銀行に行くにも手間がかかりますよね。

クレジットカード決済を導入すれば、このような現金の管理をするための手間が減らせるというメリットがあります。

クレジットカード決済を導入する4つのデメリット

続いて、クレジットカード決済を飲食店に導入することによって生じるデメリットをご紹介していきます。

デメリット① 手数料が発生する

クレジットカードを導入することで店側に生じる大きなデメリットといえば、4~7%ほどの手数料がかかることです。

クレジットカード決済でかかる手数料については、お客側が支払うのではなく、店側の負担になってしまいます。
ですから、飲食店の規模によっては利益に影響したり、赤字経営の原因になったりする場合もあるかもしれません。

手数料の相場は4~7%ですが、当然カード会社によっても変わってきます。
提供する飲食物の原価率などを考えて価格設定をしているはずですが、クレジットカードの手数料が発生すると割に合わない利益を感じる飲食店もないとはいえません。

クレジットカード決済を導入する際は、価格の見直しをしなければならない場合もあることを念頭に入れておきましょう。

デメリット② 契約手続きに手間がかかり面倒

クレジットカード導入には必要な手続きを踏まなければなりません。
飲食店によっては2か月かかったという事例もあります。
書類の準備や審査などが必要なので、導入を決意してすぐに実行できるものではないため、ある程度の余裕をもったスケジュールを確保しなければなりません。

手続きにかかる手間暇を削減し、スムーズにクレジットカード決済を導入するためには、決済代行業者の利用がおすすめです。

デメリット③審査を通らないリスクがある

さらに、「申請したからといって必ず通過して導入できるわけではない」ということにも注意が必要です。
準備と審査に手間と時間をかけたのに、導入できない場合もあるのです。
最悪、くたびれもうけ・骨折り損となる可能性があることも理解しておかないといけません。

審査に通過できないリスクを極力減らすためには、決済代行業者に依頼する際、飲食店のクレジットカード決済導入サポートを得意とする業者を選ぶという対策が考えられます。

気になるクレジット決済導入の手続きについては下記の記事に詳しい解説がありますのであわせてご確認ください。

デメリット④入金のタイミングがずれ、キャッシュフローが不利に

利用業者によってクレジットカード決済による入金日が異なるために、キャッシュフローが不利になる場合があります。

決済をして翌営業日に入金であればリスクは小さいのですが、10営業日以降など日にちがかかる場合だと資金繰りに影響が及びます。
特に月末は家賃など必要経費の支払いを求められることが多いため、入金が翌月をまたいでしまうと支払いができない恐れも考えられます。

事業者にとってキャッシュフローの悪化は致命傷になりかねません。
手数料の安さだけでなく、入金のタイミングも計算して業者を検討するようにしましょう。

クレジットカード決済導入にはメリットがたくさん!デメリットも事前に知っていれば対策可能!

いかがでしたでしょうか?
飲食店へのクレジットカード決済の導入には、たくさんのメリットがあることがお分かりいただけたと思います。
もちろんデメリットもありますが、飲食店のサポートを得意とする決済代行業者に依頼したり、入金のタイミングを確認して業者を選ぶといった対策ができます。

「飲食店のサポートが得意な決済代行業者に依頼したい!」
「入金のタイミング以外に業者選びのポイントがあれば知りたい」
という飲食店の経営者様は、ぜひEMEAO!にお問い合わせください。
業者選びに関するアドバイスから、第三者機関の審査を通過した優秀な決済代行業者のご紹介まで、コンシェルジュが誠心誠意サポートいたします。

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - 飲食店にクレジットカード決済を導入するメリット・デメリット

編集部員 河田

編集の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

決済代行の関連記事
発注したいジャンルを選択する