2019.10.28

決済方法の種類とそれぞれのメリット・デメリットをまとめました

5c913362526769c648a1a371654b6d40 - 決済方法の種類とそれぞれのメリット・デメリットをまとめました

ECサイト運営に欠かせない「決済方法選び」、適切にできていますか?

オンライン決済サービス「Paidy(ペイディー)」の実施した調査レポートによると、ネットショッピング時に希望する決済手段がなかった場合、7割以上のユーザーが「他のサイトで購入する」「オンラインショッピングでの購入自体をやめる」などの対応をとることがわかっています。

言い換えると、多様化する決済方法、特にキャッシュレス化にどう対応するかで、獲得できる顧客の幅がぐっと広がるということです。

そこで当記事では、クレジットカード決済や電子マネー決済など、7つの決済方法の特徴とメリット・デメリットをまとめました。

ぜひ自社のターゲット層に合った決済方法を見つけてください!

クレジットカード決済

クレジットカード決済は、日本のネットショッピングで最も利用されている決済方法です。
経済産業省のデータによると、クレジットカード決済利用は全体の44.3%を占めます。
(参照元:平成 21年 消費者向け電子商取引実態調査 – 経済産業省

クレジットカード決済のメリット

  • 24時間いつでも、注文を完了すると同時に支払い手続きも完了する
  • 注文確定後すぐに商品発送に取り掛かれるため、商品を取り置きしておく期間が短い
  • 他の後払い系決済と異なり、代金未回収のリスクが低い

クレジットカード決済のデメリット

  • クレジットカード情報流出を防ぐためのセキュリティ対策が必要
  • クレジットカードを持たない層、オンライン上で使用したくない層が一定数存在する
  • カード情報を入力するだけのため、第三者による不正利用が発生するリスクがある

ネットバンキング(銀行ネット決済)

インターネット上で銀行振込を行う決済方法です。
ネットショップの購入手続き画面やメールで通知するURLから、各金融機関によるインターネットバンキング専用画面にアクセスして、支払い手続きを行います。

ネットバンキングのメリット

  • インターネットバンキングにログイン後、支払い内容を確認、確定するだけで支払いが完了する
  • 支払金額や口座番号を入力する手間がかからない
  • 金額間違いや口座間違いなどが起こらない

ネットバンキングのデメリット

  • インターネットバンキング登録をしていなければ利用できない。

代金引換(現金払い)

商品の配達時に、宅配業者や郵便局が購入者から料金を徴収する決済方法です。

代金引換のメリット

  • 利用者は商品と引き換えに代金を支払うため、安心してオンライン通販を利用できる
  • 利用者はカード番号の入力や振り込みの手間がかからない
  • 後払い系の決済方法に比べて、代金未回収のリスクが低い

代金引換のデメリット

  • 利用者が受取拒否をするリスクがある。

 

コンビニ決済

ネットショップの支払い手続き画面や、支払い案内メールなどで通知される「お支払い番号」を控え、任意のコンビニエンスストアの店頭端末またはレジで支払う決済方法です。

コンビニ決済のメリット

  • 24時間いつでも支払いが可能
  • 各種カードの保有や登録の必要が一切ないため、誰でも気軽に利用できる
  • 支払金額や取引情報が支払い番号に含まれているため、金額や支払先の間違いが起こらない

コンビニ決済のデメリット

  • 地方のマイナーなコンビニでは対応していない
  • はじめて利用する際には、コンビニによって端末の操作が異なるため、面倒に感じる利用者がいる

 

継続課金(自動引き落とし)

利用者がクレジットカード情報をネットショップに登録することで、定期的に会費や定期購入代金などを引き落とすための決済方法です。

継続課金のメリット

  • 中途解約や代金未回収のリスクが低い
  • 購入者は、支払い手続きを毎回行う手間がかからない

継続課金のデメリット

  • クレジットカード情報を安全に扱うためのセキュリティ対策が必要
  • 継続課金に対応している決済代行会社がすくない

電子マネー決済(チャージ型/プリペイド方式)

Suicaや楽天Edyなど、交通系電子マネーや商業系電子マネーをあらかじめチャージしておき、支払いに利用します。

電子マネー決済のメリット

  • 商品代金未回収のリスクが低い
  • コンビニなどでチャージできるため、クレジットカード未保有の若年層も利用できる

電子マネー決済のデメリット

  • 利用限度額が低く、高額商品の代金の支払いができない

携帯キャリア決済

携帯キャリア決済とは、携帯電話会社が商品代金と通信料金をまとめて利用者から徴収する決済方法です。
「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」「ドコモ払い」などのサービスがあります。

携帯キャリア決済のメリット

  • クレジットカードを保有していない若年層も利用できる
  • オンライン上でのクレジットカード番号入力に抵抗がある層にも需要がある
  • 支払方法は4桁のパスワードを入力するだけなので、簡単に利用できる

携帯キャリア決済のデメリット

  • 利用限度額が低く、高額商品の代金の支払いができない

決済方法は顧客のニーズに合わせて選ぼう!

今回は、決済方法の種類とメリット・デメリットについて紹介してきました。自社にとってどの決済方法導入が必要か判断する材料となりましたでしょうか?

オンライン上で支払いが完結するかどうか、キャッシュレスか現金払いかどうか、若年層に対応しているかなど、それぞれの特徴をうまく利用することで、これまで取りこぼしていた顧客層へのアプローチにつながります。

自社のターゲット層のニーズを把握し、しっかり決済方法対策をしましょう!

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - 決済方法の種類とそれぞれのメリット・デメリットをまとめました

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する