2019.08.22

クレジット決済端末は据置タイプとポータブルタイプで何が違う?

3f77cb0a211e59495abc299e74c7da17 - クレジット決済端末は据置タイプとポータブルタイプで何が違う?

クレジットカード決済の際に使われる端末に、据え置きタイプとポータブルタイプという、2つのタイプがあることをご存知でしょうか?

今回はクレジット決済端末の2つのタイプについて、それぞれの特徴と、どんなケースに向いているのかをご紹介します。
クレジットカード決済の導入を検討している事業者様は、ぜひクレジット決済端末選びの参考にしてみてください!

この記事でわかること
  • 据え置きタイプの特徴
  • 据え置きタイプが向いているケース
  • ポータブルタイプの特徴
  • ポータブルタイプが向いているケース

そもそも、クレジット決済端末とは

クレジット決済端末とは、店舗などでのクレジットカード支払いの際に信用照会を行うための専用機器です。

クレジット決済を行う際は、端末からオンラインでクレジットカード会社と通信を行い利用することができるカードかを照会して、問題がないことが分かればカード決済されるという仕組みになっています。
端末から照会をして不正なクレジットカードだったり、クレジットカード支払いを止めているにもかかわらず利用されたという事実が判明した場合は、カード決済ができないようになっています。

クレジット決済端末は大きく据え置きタイプとポータブルタイプの2種類に分けられます。
では、タイプによっていったい何が違うのでしょうか?

以下、クレジット決済端末の2つのタイプについて解説していきます。

据置タイプのクレジット決済端末の3つの特徴

店舗でもっとも多く利用されています。

まず、店舗でもっとも多く利用されているのが、据置タイプのクレジット決済端末です。
据え置きタイプには、以下の3つの特徴があります。

据え置きタイプの特徴

  • 安全性が高い
  • 接続や操作が簡単
  • 外で使えない

据置タイプの特徴①外で使えない

据置タイプのクレジット決済端末は、LANやWi-Fiを必要とします。
そのため、持ち運ぶことはできなく、イベント時や移動販売など外でクレジット決済する際には利用することができません。

据置タイプの特徴②安全性が高い

据置タイプはポータブルタイプに比べて安全性が高く、クレジットカードをお利用するお客様が安心して利用できます。

外では使えない一方で安全性がたかいため、実店舗などレジが置いてあるお店は据置タイプのクレジット決済端末を選択したほうがいいでしょう。

据置タイプの特徴③接続や操作が簡単

据置タイプはレジと接続して利用することができるので、操作が簡単で管理しやすいです。

また、店舗の環境に合わせてLAN接続やWi-Fiなどを選択することができ、難しい接続がなく誰でも簡単に導入することができます。

そのため、機械が苦手な従業員がいる場合でも、据え置きタイプならトラブルが起こりにくいでしょう。

ポータブルタイプのクレジット決済端末の3つの特徴

持ち運びができるので屋外のイベントなどでも利用されいます。

ポータブルタイプは、イベント時や屋外で利用されることが多い持ち運びができるタイプのクレジット決済端末です。
ポータブルタイプには、以下の3つの特徴があります。

ポータブルタイプの特徴

  • 外でもクレジット決済することができる
  • 安全性が比較的低い
  • 接続が困難な場合も

ポータブルタイプの特徴①外でもクレジット決済することができる

ポータブルタイプのクレジット決済端末の最大の特徴は、据置タイプと違ってLAN接続やWi-Fi接続がなくても4G回線で利用できる点です。
そのため、屋外でクレジット決済する際に利用されることが多いです。

携帯電話が繋がる所であればどこでもクレジット決済端末ができるので、イベント時や移動販売店、タクシーなどに導入されています。

しかし、以下のような2つのデメリットがあるので、屋外以外ではあまり使われることがありません。

ポータブルタイプの特徴②安全性が比較的低い

ポータブルタイプのクレジット決済端末の4G回線で接続できるという特徴は、デメリットもあります。
据置タイプのLAN接続やWi-Fi接続に比べると、安全性が低いのです。

ポータブルタイプの特徴③接続が困難な場合も

ポータブルタイプのクレジット決済端末は、LAN接続やWi-Fi接続ではなく普段あまり接続しない回線を利用するので接続が困難な場合があります。

機械が苦手な方などは接続に時間がかかる場合があります。

クレジット決済端末は屋内なら据え置きタイプ、屋外ならポータブルタイプが向いている!

いかがでしたでしょうか?
据え置きタイプとポータブルタイプ、2種類のクレジット決済端末の特徴がご理解いただけたかと思います。

クレジット決済端末の導入を検討している事業者様はこの記事を参考にして、目的に合ったタイプのクレジット決済端末を選択しましょう!

「自社の場合はどちらのタイプがいいのか判断できない…… 」
「ポータブルタイプのクレジット決済端末を導入したい!」
そうお思いの事業者様はぜひEMEAO!にお問い合わせください。
クレジット決済端末のタイプについてのアドバイスから、ご要望に合った決済代行業者のご紹介まで、コンシェルジュが誠心誠意サポートさせていただきます!

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - クレジット決済端末は据置タイプとポータブルタイプで何が違う?

編集部員 河田

編集の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

決済代行の関連記事
発注したいジャンルを選択する