2019.08.22

クレジット決済端末は据置型とモバイル型で何が違う?特徴を解説

84db3ce03236f6406d5ecb61902a9592 - クレジット決済端末は据置型とモバイル型で何が違う?特徴を解説

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - クレジット決済端末は据置型とモバイル型で何が違う?特徴を解説

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

クレジットカード決済の際に使われる端末には、据置型とモバイル型という、2つのタイプがあることをご存知でしょうか?
それぞれには異なった特徴があり、活用が向いているシーンも違います。

「自店舗の場合はどちらの端末を導入すればいいのだろう?」
このようにお考えの経営者様もいらっしゃると思います。

そこで今回は、クレジット決済端末の2つのタイプについて、それぞれの特徴をご紹介します。
クレジット決済端末選びにお悩みの経営者様は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
  • 据置型のクレジット決済端末の特徴
  • モバイル型のクレジット決済端末の特徴

そもそも、クレジット決済端末とはなに?

クレジット決済端末とは、店舗などでのクレジットカード支払いの際に信用照会を行うための専用機器です。

クレジット決済は、端末機器にクレジットカードを読み込ませることにより、オンラインでクレジットカード会社と通信を行い、利用可能なカードかを照会するようになっています。
利用可能なクレジットカードであれば、そのまま決済処理がされる仕組みです。

端末から照会をして不正なクレジットカードである場合や、クレジットの支払いを止めている状況でカード利用されたという場合などは、エラー表示を出して決済ができないようにしています。

据置型のクレジット決済端末の3つの特徴

店舗でもっとも多く利用されています。

据置型のクレジット決済端末とは、その名の通りレジの横に固定で据え置くタイプの決済端末です。
クレジット決済端末でもよく使われるタイプは、据置型の決済端末であり、その理由は据置型特徴にあります。

据置型決済端末の特徴①店外では使えない

据置型のクレジット決済端末は、有線のLANケーブルやWi-Fiを必要とします。
そのため持ち運びができず、イベント時や移動販売など外でクレジット決済する際には利用することができません。

また、無線のWi-Fiを使う場合も店舗の通信状況が安定していることが条件となります。

据置型決済端末の特徴②安全性が高い

据置型はモバイル型に比べてセキュリティ性が高く、クレジットカードを利用するお客様に安心感をもたらすことができます。

このセキュリティ性の高さは、有線やWi-Fiを活用しているからこそ実現できるため、実店舗のように通信状況が安定している状況での使用がおすすめです。

据置型決済端末の特徴③接続や操作が簡単

据置型はレジと接続して利用することができるので、操作が簡単で管理しやすいという特徴があります。
そのため、機械が苦手な従業員がいる場合でも、据え置きタイプならトラブルが起こりにくいでしょう。

また、店舗の環境に合わせてLAN接続とWi-Fiを選択でき、難しい接続がないため誰でも簡単に導入することが可能です。

モバイル型のクレジット決済端末の3つの特徴

モバイル型のクレジット決済端末は、持ち運びができる決済端末です。
場所を選ばないタイプのクレジット決済端末なので、状況に合わせて臨機応変な活用が期待できます。

モバイル型決済端末の特徴は、主に以下の3点です。

モバイル型決済端末の特徴①店外でもクレジット決済することができる

モバイル型決済端末の最大の特徴は、据置タイプと違ってLAN接続やWi-Fi接続がなくても4G回線で利用できる点です。
そのため、一般的には屋外でクレジット決済する際に利用されます。

携帯電話が繋がる所であればどこでもクレジット決済端末ができるため、イベント時や移動販売店、タクシーなどに導入されるケースが多いです。

モバイル型決済端末の特徴②据置型と比較して安全性が低い

モバイル型決済端末の4G回線で接続できるという特徴は、デメリットもあります。
Wi-Fiや有線を使う据置型と異なり、4G回線を使用するモバイル型はセキュリティが充実しているものが少ないです。

大事な個人情報であるカード情報が漏洩しては大変なことになるため、どうしてもという状況でない限りできるだけ据置型を選ぶほうがよいといえます。

モバイル型決済端末の特徴③接続が困難な場合がある

モバイル型決済端末は、4G回線を利用するため通信状況が不安定になりがちといえます。
そのため、接続が上手くいかなければお客様を待たせることになり、クレームにつながりかねません。

よくクレジット決済を利用する場合であれば、通信状況が安定している据置型のほうがおすすめです。

クレジット決済端末は屋内なら据置型、屋外ならモバイル型が向いている!

以上、据置型とモバイル型、2種類のクレジット決済端末の特徴についてご紹介してきました。

据置型は有線のLANやWi-Fiを活用することにより、通信状況が安定しておりセキュリティ性が高いため、実店舗での設置に向いています。
一方モバイル型の決済端末は、持ち運びができるという利点を生かして移動販売やイベントでの活用に向いています。
ただし、モバイル型は通信状況が不安定でセキュリティ性も比較的低くなるので、導入には注意が必要です。

もし、自店舗の場合どちらのクレジット決済端末を導入すべきか分からないという場合は、お気軽にEMEAO!にお問合せください。
クレジット決済端末のタイプについてのアドバイスから、ご要望に合った決済代行業者のご紹介まで、コンシェルジュが誠心誠意サポートさせていただきます!

決済代行の関連記事
発注したいジャンルを選択する