2019.10.10

多通貨決済とは

32581fffaa03b5a3f2ccd320dd78c700 - 多通貨決済とは

多通貨決済とは、「自国通貨建て」か「日本円建て」かのどちらかを、決済通貨に選択することができる決済方法のことです。
DCC(Dynamic Currency Conversion)とも呼ばれます。

ショッピングにおいては、観光やビジネスで日本を訪れた外国国籍の方が、日本国内でカード決済をする際に利用することができます。

「自国通貨建て」とは、通貨の交換比率(為替相場)の表示方法の一つで、外国通貨1単位に対する自国通貨の値を示しています。
例えば、「米ドル/円」を「1ドル=107.47 円」(2019.10.10換算レート)とする、多通貨間での決済における相対的な表記方法です。

為替レートは常に変動しているため、「自国通貨建て」を決済時に選択することで、実際にお金が引き落とされる未来の為替レートを心配しなくて良いというメリットが利用者にあります。
そのため越境EC事業者は、多通貨決済サービスを導入することで、より多くの顧客のニーズを満たすことができます。

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - 多通貨決済とは

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する