4987308 s - システム開発の6つの開発手法とそれぞれのメリット・デメリット

システム開発の6つの開発手法とそれぞれのメリット・デメリット

公開日:2021.05.25 最終更新日:2021.05.25

この記事では、システム開発の代表的な6つの手法とそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。
システム開発の開発手法でお悩みの事業者様は、ぜひご一読ください。

開発手法①ウォーターフォール型開発

ウォーターフォール型開発は、システム開発の要件定義・設計・テストなどの基本的な工程を、上流工程から下流工程まで流れに沿って進めていく手法です。

開発工程は大きく「企画」「設計」「実装」「テスト」の4つに分けられ、工程ごとに綿密な計画を立てる一般的なシステム開発手法とされています。
開発手順が明確であり、スムーズに開発を進めやすいことが大きな特徴です。

ウォーターフォール開発のメリット

ウォーターフォール開発は順番通りの工程で開発を進めるため、開発工程や情報の把握しやすいという特徴があります。
スケジュール調整がしやすく多人数のチームでも情報共有がしやすいので、特に大規模なシステム開発で役立ちます。

ウォーターフォール開発のデメリット

ウォーターフォール開発は決められた順に開発工程を完了させていくため、ミスや変更があった際に融通がつきにくいというデメリットがあります。

上流工程から下流工程まで一連の流れになっているため、万が一ミスが発覚した場合にはどこでミスが起こったかの把握に時間がかかります。
システム仕様の変更も同様に、1つの仕様変更も上流工程からやり直さなくてはいけないこともあります。

開発手法②アジャイル型開発

アジャイル型開発は、スピーディなシステム開発を行っていく際に用いられる手法です。

アジャイル開発はある程度の要件定義を決めたら、計画・設計・実装・テストを繰り返していきます。
プロジェクトの進行状況と照らし合わせて、要件を見直して品質を上げていくという内容です。

小規模での機能の決定、設計、開発、正常に動くかの検証を行い、それを繰り返してシステムの完成を目指します。

アジャイル開発のメリット

アジャイル開発は優先順位を考えて開発をおこなえるため、短期間でリリースできることがメリットです。
1つの機能単位で開発を行うため、仕様変更やトラブルにも短期間で修正が可能です。

ゲームアプリや新規事業のシステム開発のような、流行に左右される分野で活用しやすいです。

アジャイル開発のデメリット

アジャイル型開発は、開発しながら方針や仕様を変更するため、進捗状況が確認しづらいデメリットがあります。
また、クライアントと密なコミュニケーションが必須となるため、コミュニケーションが取りにくい場合だとアジャイル開発の効果が発揮できません。

開発手法③プロトタイプ型開発

プロトタイプ型開発は、試作品を作り、後から仕様変更や追加でプログラムをおこなう手法です。
実際の動作を確認しながら要件をすり合わせるので、クライアントとのイメージのズレを少なくできます。

開発時に試作品をつくることにより、問題点を早期に発見・改善することが可能になります。

プロトタイプ型開発のメリット

プロトタイプ型開発は、試作品を作ることにより全体像を把握しやすいことがメリットです。

後から仕様変更を行えるため、試作品をもとに具体的な内容を詰めたり改善点が早期に発見できます。
また、クライアント側としてもおおよその進捗やシステムのイメージがつきやすいということもメリットです。

プロトタイプ型開発のデメリット

プロトタイプ型開発は、試作品の作成に時間や手間がかかることがデメリットです。

具体的な内容が決まるまで試作から開発を繰り返すため、時間とコストがかかる長期的な開発になりやすいです。
また、つきつめればとこまでも改善が可能なため、開発の終わりが見えにくくなることもあります。

開発手法④スパイラル型開発

スパイラル型開発は、要件定義から計画・設計・実装・テストまでの作業を繰り返しながら開発する手法です。

アジャイル型開発と似ていますが、各工程が終わるごとに依頼者に内容を確認してもらい評価や意見を反映しながら品質を高めていく点が異なります。

スパイラル型開発のメリット

スパイラル型開発のメリットは、依頼者の満足を得られるシステム開発になりやすいことです。
随時意見を確認しながら進めるため、各工程での変更があれば臨機応変に対応できます。

また、開発スケジュールの変更にも対応しやすいというメリットもあります。

スパイラル型開発のデメリット

スパイラル型開発は、随時依頼者に確認をおこなうため各工程で修正作業が必要になる場合が多いです。
そのため、修正作業に時間やコストがかかりやすいことがデメリットといえます。

また、システムの全体像が掴みにくいという点もあります。

開発手法⑤MVCモデル

MVCはそれぞれ「Model」「View」「Controller」を示しており、3つのプログラムを分けて開発される手法です。

Modelはシステムの処理、Viewはブラウザへの表示、Controllerは指令や指示を指します。
システム開発の根幹となる部分であるため、それぞれを分担して開発し最後に組み合わせるという流れになります。

MVCモデルのメリット

MVCモデルは、Model・View・Controllerの部分でそれぞれ分担して開発がおこなえることがメリットです。

分業開発が可能なため効率の良い開発が可能であり、それぞれの分野での仕様変更に対応しやすいです。
また、プログラム内容がまとまりやすく担当者の変更に対応しやすくもあります。

MVCモデルのデメリット

分業開発はメリットでもありデメリットでもあります。

考え方によっては、各部分のプログラムを分ける作業が手間だと感じたり、それぞれプログラムの担当者を念入りに計画・整理しなければなりません。
分担作業自体が複雑になりがちなので、時間やコストがかかる場合もあります。

開発手法⑥DevOps

DevOpsは、開発チームの「Development」と、運用チームの「Operations」という言葉を合わせた造語であり、開発チームと運用チームが協力開発する手法のことです。

全工程を小さく設定して一旦リリースし、ユーザーの声を聞きながら開発を進めることが特徴です。

DevOpsのメリット

DevOpsは、実際にユーザーが使用した際の声をもとに開発するため、満足度が高いシステム開発がおこなえます。

利便性を上げる開発手法として有効であり、ユーザーの使いやすさを重視している場合にはおすすめです。
また、運用チームと協力できるためリリース後の保守も重要視できます。

DevOpsのデメリット

DevOpsは、運用チームやユーザーと意思疎通が図れないと余計な作業が増えてしまうことがデメリットです。
また、どちらかのチームの作業がずれてしまった場合、納期の遅れや品質に影響が出ることがあります。

システム開発の手法は目的や重視する項目により選ぼう

以上、システム開発の6つの手法とそれぞれのメリット・デメリットについて解説しました。

システム開発にはさまざま手法があり、目的や重視すべきことにより最適な開発手法が異なります。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、事前にシステム内容を確認したうえで開発方法を選択することが大切です。

「システム開発を検討しているけど、どのような手法を選択すればいいかわからない」
このようにお悩みの事業者様は、ぜひEMEAO!にご相談ください。
事業者様のお悩みに合った、優良な業者を完全無料でご紹介します。

 

業者選びに迷ったらエミーオ! 業者選びに迷ったらエミーオ!

ぴったりの業者を
無料で紹介します

ご相談はこちら ご相談はこちら お電話はこちら お電話はこちら
IMG 4482 - システム開発の6つの開発手法とそれぞれのメリット・デメリット

この記事を書いた人

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸と申します。コンテンツ作成と取材を主に担当しております。身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました!豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

4987308 s - システム開発の6つの開発手法とそれぞれのメリット・デメリット
この記事が気に入ったら いいね!!しよう!
システム開発の関連記事

EMEAO!業者選定ガイドとは

業者,選定

いろいろな業種の「発注のお悩み」を解決するウェブマガジンです

このサイトは、専門業者紹介サービス、エミーオ!が運営しています。エミーオ!は、発注したい仕事の詳細をお伺いし、それに応えられる業者を紹介する完全人力サービス。
自動化された見積もり比較サイトとの違いは、お客様の問題解決に注力していること。専門性の高いスタッフが案件を理解した上で業者を選定しています。
このウェブマガジンは、エミーオ!を通して得た、さまざまな業種のお悩みや旬の話題をお届けしています。

ポイント

業者選びのコツがわかるから失敗を防げる

ポイント

関係あるビジネスの
トレンドがわかる

ポイント

今さら聞けない業界知識がよくわかる

お客様のご利用エピソード

コンシェルジュが仲介してくれるので安心して業者探しを相談できまし...
原状回復

コンシェルジュが仲介してくれるので安心して業者探しを相談できました!【お客様の声|原状回復】

お客様の声
業者選びの手間がはぶけて、オフィスの移転準備がはかどりました!【...
ビジネスホン

業者選びの手間がはぶけて、オフィスの移転準備がはかどりました!【お客様の声|ビジネスホン】

お客様の声
業者を乗り換えて反響率が1%未満から2.8%にアップしました!【...
ポスティング

業者を乗り換えて反響率が1%未満から2.8%にアップしました!【お客様の声|ポスティング】

お客様の声
台数や機種についてアドバイスをもらい、最適な条件で発注できました...
防犯カメラ

台数や機種についてアドバイスをもらい、最適な条件で発注できました【お客様の声|防犯カメラ】

お客様の声
細かい条件で業者を絞り込めるので、簡単に最適な1社が選べました!...
清掃業者

細かい条件で業者を絞り込めるので、簡単に最適な1社が選べました!【お客様の声|清掃業者】

お客様の声
難しい条件にも関わらず、翌日には複数業者を紹介してもらえました!...
翻訳会社

難しい条件にも関わらず、翌日には複数業者を紹介してもらえました!【お客様の声|翻訳会社】

お客様の声
前の外注先とは比べられないほど正確な翻訳会社に出会えました!【お...
翻訳会社

前の外注先とは比べられないほど正確な翻訳会社に出会えました!【お客様の声|翻訳会社】

お客様の声
コンシェルジュを通して業者と相談し300万円以内でのアプリ開発が...
アプリ開発

コンシェルジュを通して業者と相談し300万円以内でのアプリ開発が実現【お客様の声|アプリ開発】

お客様の声
長期的にお付き合いしたい、親切な業者を紹介してもらいました!【お...
決済代行

長期的にお付き合いしたい、親切な業者を紹介してもらいました!【お客様の声|決済代行】

お客様の声
相見積りをとってランニングコストを30%も削減できました!【お客...
複合機

相見積りをとってランニングコストを30%も削減できました!【お客様の声|複合機】

お客様の声
業者選びがスムーズに進み、余裕で納期に間に合いました!【お客様の...
ビジネスホン

業者選びがスムーズに進み、余裕で納期に間に合いました!【お客様の声|ビジネスホン】

お客様の声
もっと見る→

条件・要望にぴったりな業者がみつかる

専門業者ご紹介サイト

業者選びに迷ったらエミーオ! サービスの詳細はこちら
0 登録不要
完全無料
楽々 コンシェルジュ
に相談するだけ
安心 評判の良い
業者をご紹介
迅速 お急ぎ案件も
お任せ!
ご要望を
お聞かせ
ください

条件・要望に沿える業者のみを厳選してご紹介します。簡単5分のご相談で満足いく業者がきっと見つかります。

サービスの詳細はこちら お電話はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから