2020.02.18

勤怠管理が難しい?病院でシステムを使う4つのメリットを紹介

3ca648d99f068e6145a1a248cc54c03e - 勤怠管理が難しい?病院でシステムを使う4つのメリットを紹介

この記事を書いた人

332df568e0b62f4b6d82a1e704c22f0a 300x300 - 勤怠管理が難しい?病院でシステムを使う4つのメリットを紹介

編集部員 岡本

編集部の岡本です。以前はWEBディレクターとして中小企業のホームページ制作のディレクション等をしておりました。ユーザー様の声をきちんとコンテンツの内容や方向性に反映して、より良いメディアに出来るように日々精進してまいります。

病院などの医療機関では、常勤・非常勤の医師や看護師、事務スタッフが勤務しています。

色んな従業員の中にも、日勤・夜勤・当直などの働き方があり、従業員全員の勤怠を正しく管理するのは難しいですよね?

そこでこの記事では、病院に勤怠管理システムを使う4つのメリットを紹介します!
従業員の勤怠管理にお悩みの病院の運営者様は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • 医療機関にも勤怠管理システム使う4つのメリット

医療機関にも勤怠管理システム使うメリットを4つ紹介

ここからは、病院に勤怠管理システムを使うメリットを紹介していきます。

メリット①特殊な勤務形態を一元管理できる

病院の勤務形態はシフト制であることが一般的ですよね。
シフトを組むとき、従業員の希望に沿ったシフトの作成に時間がかかります。
シフトの作成を自動化するのがシフト管理機能です。

シフト管理機能は、希望のシフトと必要人員を照らし合わせてシフトを自動で作成してくれます。
作成されたシフトは、スマートフォンでも見ることができるので、従業員はいつでもどこでもシフトを確認できます。

また、職種によっては夜勤や当直などもあります。
色々な勤務形態に加え、休憩の管理もあると勤怠管理が煩雑に。

勤怠管理システムなら、複雑な条件でも対応が可能です。
勤怠管理システムの中には、病院で多く使われているシフト表に対応しているものもあります。

メリット②夜勤などの給与計算は勤怠情報の集計機能で効率化

勤怠管理システムには、勤務時間をリアルタイムで集計できる自動集計機能があります。

集計結果から総労働時間、残業時間や深夜労働時間など、詳細なデータを出すことができます。
その日のうちにデータが出るので、従業員の労働時間の把握が簡単になります。

メリット③残業超過などの通知機能

リアルタイムで勤怠状況を把握できるので、残業時間の管理も一日ごとにできます。

勤務時間をすぐに把握できることで、勤務時間の調整ができていない従業員や部署に対して注意喚起ができます。
勤怠管理システムによっては、残業時間の上限を設定すればアラートを出して残業調整を行えます。

通知方法は、メールや社内SNS・プッシュ通知などが一般的です。

メリット④拠点が複数ある場合はマルチデバイス対応で出先でも打刻可能に

勤怠管理システムは、パソコンだけでなくスマホやタブレットなどのモバイル端末での打刻ができるものもあります。

拠点が複数ある病院では、スタッフの行き来もあるかと思います。
別の拠点に行ったときにも打刻ができたら便利ですよね。

ネット環境さえあればどの端末からでも打刻ができるので、従業員が拠点間で移動することが多い場合には導入しましょう。

勤務形態が特殊な病院でもシステムを使えば正しく勤怠管理ができます

勤怠管理システムを医療の現場に導入するメリットを4つ紹介しました。
勤務形態が特殊な病院でもシステムを使えば正しく勤怠管理ができます。

医療の現場で働く従業員の働き方は多様ですが、正しく勤務状況を把握して勤怠管理を効率化しましょう。

EMEAO!にお問合せいただければ現場に最適な勤怠管理システムを提案できる、優良な業者をすぐにご紹介します。

従業員の勤怠管理にお悩みの病院の運営者様は、ぜひお気軽にお問合せください。

勤怠管理システムの関連記事
発注したいジャンルを選択する