2020.01.21

働き方改革への対応に必要な、4つの勤怠管理システムの機能

67fc2002e74f6da8e6ca4f023111d12e - 働き方改革への対応に必要な、4つの勤怠管理システムの機能

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - 働き方改革への対応に必要な、4つの勤怠管理システムの機能

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。EMEAO!のコンテンツの取材、編集、ライティングを担当させていただいております。複雑な情報を分かりやすく整理し、忙しい皆様にとって読みやすい記事にまとめてご提供させていただきます!よろしくお願いします!

働き方改革へ対応するためには、多様な勤務形態や雇用を取り入れることが必要です。
そのためには、当然、従業員の勤怠状況の把握が必要になります。

では、どんな機能を持つ勤怠管理システムを選べば、手間なく正確に、働き方改革に即した勤怠管理を行えるでしょうか。
そこで本記事では、働き方改革への対応に必要な勤怠管理システムの機能を4つご紹介します。
働き方改革へ対応するために勤怠管理システムを導入しようとご検討中の事業者さまは、ぜひ勤怠管理システム選びの参考になさってください。

働き方改革への対応に役立つ勤怠管理システムの機能を4つ

働き方改革への対応に役立つ勤怠管理システムの機能は、以下の4つです。

働き方改革への対応に役立つ勤怠管理システムの機能まとめ

  • 多様な打刻機能
  • 時間外労働の上限規制設定機能
  • 有給休暇の管理機能
  • アラート機能

以下からは、働き方改革への対応に必要な勤怠管理システムの機能を、1つひとつご紹介していきます。

機能①多様な打刻機能

まずご紹介する『働き方改革への対応に必要な勤怠管理システムの機能」は、多様な打刻機能です。
具体的にはスマートフォンやタブレットを用いて、いつでもどこでも打刻できるものを指します。

この機能があれば、直行直帰や出張といったオフィス外での労働を適宜記録することが可能になります。
また、リモートワークやサテライトオフィスなどの働き方にも、柔軟に対応することができるでしょう。

機能②時間外労働の上限規制設定機能

次にご紹介する『働き方改革への対応に必要な勤怠管理システムの機能」は、時間外労働の上限規制設定機能です。

働き方改革で企業が守らなければいけない法律に、『時間外労働の上限規制』があります。
この規制に対応するには、残業時間や休日労働時間を多岐にわたる要項に沿って、法的基準を超えていないか管理しなければいけません。

勤怠管理システムの『時間外労働の上限規制設定機能』があれば、これらを自動で行うことができます。

機能③有給休暇の管理機能

3つ目にご紹介する『働き方改革への対応に必要な勤怠管理システムの機能」は、有給休暇の管理機能です。

働き方改革関連法により、年10日以上の年次有給休暇が与えられる従業員は、年5日間は有給休暇を取得しなければなりません。
勤怠管理システムの『有給休暇の管理機能』があれば、有給休暇の申請・承認や、取得回数や取得率の確認を、簡単にすることができます
すると、有給休暇の未消化といった問題を未然に防ぐことが可能になります。

機能④アラート機能

4つ目にご紹介する『働き方改革への対応に必要な勤怠管理システムの機能』は、アラート機能です。
アラート機能とは、あらかじめ設定した基準を超えたときや警告がある場合に、従業員と管理者に自動で通知が送られる機能です。

勤怠管理システムのアラート機能があれば、打刻漏れや、残業時間が多い、有給休暇が未消化だといったことに簡単に気づくことができます
すると、働き方改革関連法を知らず知らずのうちに破ってしまうことを、未然に防ぐことが可能となります。

勤怠管理システムで常に正確な勤怠状況を把握して、働き方改革に対応しよう

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、働き方改革への対応に必要な4つの勤怠管理システムの機能がご理解いただけたと思います。
勤怠管理システムの機能を使って、常に正確な勤怠状況を把握することが、働き方改革に対応する一番簡単な方法です。

「自社の勤務形態にはどんな勤怠管理システムが合っているかな?」
そう思われた事業者様は、ぜひEMEAO!コンシェルジュにご相談ください!
貴社の勤務形態をお伺いし、貴社にぴったり合った勤怠管理システムをご紹介させていただきます!!

勤怠管理システムの関連記事
発注したいジャンルを選択する