2019.12.25

正確性を重視するならAI打刻を採用した勤怠管理システムがおすすめ

156876eaabfc528f95543e8254b72f02 - 正確性を重視するならAI打刻を採用した勤怠管理システムがおすすめ

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - 正確性を重視するならAI打刻を採用した勤怠管理システムがおすすめ

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。EMEAO!のコンテンツの取材、編集、ライティングを担当させていただいております。複雑な情報を分かりやすく整理し、忙しい皆様にとって読みやすい記事にまとめてご提供させていただきます!よろしくお願いします!

「勤怠管理システムを導入したいが、打刻の不正やミスが増えないか心配だ……」
とお悩みの事業者様もいらっしゃることでしょう。
その不安をなくすためには、AIによる打刻方法が採用されている勤怠管理システムを選択するのがおすすめです!

当記事では、AIを利用した打刻方法がおすすめな理由と、AIを利用した打刻方法をご紹介します。
勤怠管理システム導入に不安を感じている事業者様は、本記事を参考に打刻の不正やミスが起こらないシステムを探してみてください。

この記事でわかること
  • AIによる打刻が採用された勤怠管理システムがおすすめな理由
  • AIを利用した打刻方法3選

なぜAIによる打刻が採用された勤怠管理システムがおすすめなの?

まずは、ご存じのお方もいらっしゃるとは思いますが、AIについて簡単に説明します。

AIとは、artificial intelligenceの頭文字を取ったものです。
日本語では人工知能と表現されるように、人間の脳が行っているような様々な情報の処理を計算機(コンピューター)で再現したり、人間よりも正確にスピーディに行ってくれます。

AIは幅広い分野で活用され、勤怠管理システムにもAIを活用したものが登場しました。
つまり、勤怠管理システムにもAIを活用しているものとしていないものがあるのですが、EMEAO!ではAIを活用しているシステムをおすすめしています。

その理由は、勤怠管理システムの打刻機能において、AIは「誰が」「どの位置で」「何時に」打刻したかを正確に記録してくれるからです。
AIによる打刻方法を採用している勤怠管理システムを導入すれば、他の人に打刻をしてもらう代理打刻や、打刻したつもりができていなかったというようなミスを防ぐことができるでしょう。
逆に、AIが搭載されていないシステムを選んでしまうと、他の対策方法を考えなくてはいけません。

AIを利用した打刻方法にはどんな種類があるの?

一口にAIによる打刻とはいっても、勤怠管理システムによって打刻方法は異なります。
ここからは、AIが活用された具体的な打刻方法を3つご紹介します。

方法①音声認証で打刻

まずご紹介するのはAIによって音声認識をして打刻をする方法です。
スマートスピーカーに向かって、「出勤!」「退勤!」などの声を発するだけで、打刻が行えます。

出勤、退勤などの文言は、任意に設定することも可能です。
たとえば、「出勤」を「おはよう」、「退勤」を「ばいばい」、「休憩」を「お昼にいってくるよ」といった言葉で伝えることができます。

方法②顔認証で打刻

次にご紹介するのは、AIによって顔認識をして打刻をする方法です。
スマートフォンやPC、iPadの内蔵カメラで顔を撮影すると、AIがあらかじめ登録した顔データとの照合して本人確認をしたうえで打刻してくれます。

従来の打刻方法で課題となっていた、代理による不正打刻を防止することが可能です。
さらに、ICカードの発行や盗難・紛失などに伴う再発行といった費用もかからないため、打刻システムの運用コストの削減にも繋がります。

方法③チャットボットで打刻

他にも、AIによって文字列を認証して打刻をする方法もあります。
スマートフォンやタブレット、PCを利用して文字列やスタンプを送ることで、打刻情報を自動で登録してくれます。
文字列やスタンプは、チャットボットにあらかじめ登録できます。

AI打刻が採用された勤怠管理システムなら、「誰が」「どの位置で」「何時に」打刻したか正確に記録できる!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、AIを利用した打刻が採用された勤怠管理システムを選ぶことによって、「誰ば」「どの位置で」「何時に」打刻したのかという情報が正確に記録できるということがご理解いただけたかと思います。
AIによる打刻の方法にも種類があるので、ぜひ本記事を参考に、より自社の環境に適した方法が採用されている勤怠管理システムを選んでみてください。

「AIによる打刻が採用されている勤怠管理システムを導入したい!」
「どの打刻方法が自社には合っているかアドバイスがほしい!」
と思われた事業者様は、ぜひEMEAO!にお問い合わせください。
コンシェルジュにご相談いただければ、ご希望にピッタリな勤怠管理システムを完全無料でご紹介させていただきます!

勤怠管理システムの関連記事
発注したいジャンルを選択する