2020.02.17

オフィスにおけるカーペット清掃の適切な頻度は?エリアごとに解説

0f113a47a4cb41ee8c505d2ddaf6dea6 - オフィスにおけるカーペット清掃の適切な頻度は?エリアごとに解説

この記事を書いた人

IMG 7040 300x300 - オフィスにおけるカーペット清掃の適切な頻度は?エリアごとに解説

編集部員 城下

EMEAO!編集部員の城下です。雑誌編集者と人材コーディネーターの勤務経験を生かし、現在はWebコンテンツの作成を担当しています。業者選定ガイドでは真っ白でクリーンな情報を届け、皆様にとって有益な知識の溢れるお城となるようなメディアを目指します。よろしくお願いします!

「オフィスを綺麗に保つためには、どれくらいの頻度で清掃してもらえばいいのだろう…… 」
とお悩みの事業者様も多いことでしょう。
特に、汚れが付きやすく落としにくいカーペットは清潔に保つのが難しい場所です。
カーペット以外の、業者が清掃してくれる場所や内容については、こちらの日常清掃の詳細をご確認ください。

そこで本記事では、オフィスのカーペットを清掃する頻度の目安を、エリアごとにご紹介します。
適切なコストで、より自社を清潔に保ちたいとお考えの事業者様は、ぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • オフィスの日常清掃におけるカーペット清掃とは
  • オフィスの定期清掃におけるカーペット清掃とは
  • エリアごとのカーペット清掃の適切な頻度の目安

オフィスにおけるカーペット清掃とはどんなことをするのか?

まず、そもそもオフィスにおけるカーペット清掃とはどんなことをするのかをご紹介します。
カーペット清掃の内容は、週に数回~毎日行う「日常清掃」と、数ヶ月に一度~毎月行う「定期清掃」で異なります。

オフィスの日常清掃におけるカーペット清掃とは

日常清掃は、名前のとおり日常的に行うことのできる範囲での、比較的単純な清掃業務です。

オフィスの日常清掃におけるカーペット清掃の場合、毎日の始業時間の前に掃除機でゴミを吸いとることが一般的です。
たいていは朝早い時間、従業員が働き始める前に行われます。

オフィスの定期清掃におけるカーペット清掃とは

定期清掃は、専用の薬剤などを使用して清掃箇所の汚れを根本的に綺麗にするような、本格的な清掃業務です。

オフィスの定期清掃におけるカーペット清掃の場合、スチーム洗浄機という機械を使用し、高圧の水蒸気を出すことでカーペットの奥に入り込んだ汚れを掻き出すこと一般的です。
目に見えない部分までゴミを取り除きます。
ワンフロアを完全に綺麗にするにはかなり時間がかかるため、たいてい会社の休業日に行われます。

オフィスのエリアごとのカーペット清掃頻度の目安

一口にオフィスといっても、複数のエリアに分けられます。
ここからは、オフィスのエリアごとのカーペットの清掃頻度について解説します。

業務エリア

業務エリアのカーペットは、毎日掃除機がけをして、毎月もしくは2カ月に一度の頻度でスチーム洗浄を行いましょう。

オフィスにおける業務エリアとは、従業員それぞれのデスクや複合機、書類ファイルなどのある、一般的にオフィスと言われてイメージする場所です。
毎日多くの人が歩行するため、靴についた汚れや髪の毛、服の繊維やシュレッダーをかけた書類のくずなど、汚れが非常に多くなります。
上記のような乾いた汚れは、毎日の掃除機で比較的取り除くことができます。

ただ、簡単には取れない汚れもあるので、カーペットを清潔に保つためには、毎月もしくは2ヵ月に一度の頻度でスチーム洗浄を行う必要があります。

エントランス

エントランスのカーペットも、掃除機がけは毎日、スチーム洗浄は毎月もしくは2カ月に一度の頻度で行うことをおすすめします。

オフィスのエントランスは、自社の役員・従業員以外にも毎日多くの人が歩く場所です。
特に注意すべきは、雨の日です。
靴などに付着した水がカーペット内の誇りと混じることで泥水となり、これを放置すると後々取り除きにくい汚れになってしまいます。
そのため、エントランスの清潔さと美観を保つためには、毎日の小まめな掃除機がけと毎月もしくは隔月のスチーム洗浄を行いましょう。

応接室

応接室のカーペットは、掃除機がけは毎日、スチーム洗浄は毎月もしくは隔月で行いましょう。

応接室は利用頻度が企業により異なりますが、外部からのお客様に気持ち良く過ごしていただくための場所なので、常に清潔に保っておきたいですよね。
そのためには、毎日の掃除機がけは欠かさず行い、カーペットも毎月もしくは2カ月に一度の頻度で行うことをおすすめします。

また、場所の特性上、コーヒーやお茶などの飲み物がこぼれた汚れなどが出る可能性があります。
こぼした汚れは放置せず早めにふき取り、目立つシミとなってしまった場合はその都度、清掃業者に相談しましょう。

社長室・役員室

社長室および役員室は、最低限の掃除機がけは毎日行い、カーペットのスチーム洗浄は半年に1回程度で十分です。

なぜオフィス内の他のエリアに比べてスチーム洗浄の頻度が少なくてもいいかというと、立ち入る人間が限られており、また人の出入りする頻度も少ないためです。
会社内ではあまり汚れにくいエリアなため、掃除機がけは毎日行ったほうがいいでしょうが、スチーム洗浄は半年に1回でも問題ないでしょう。

オフィスのカーペット清掃は、掃除機がけは毎日、スチーム洗浄は隔月で行いましょう!

いかがでしたか?
今回は、そもそもオフィス内におけるカーペット清掃とはどんな内容なのか、そして適切な頻度をエリアごとにご紹介してきました。

人の出入りが多い業務エリアやエントランスは毎日掃除機掛けをして、毎月もしくは隔月を目安にスチーム洗浄をすることをおすすめします。
業務形態や環境は企業によって大きく異なるため、本記事でご紹介したのはあくまで目安ですが、場所ごとに適切な頻度をイメージする参考となりましたでしょうか。

オフィスの日常清掃、および定期的なカーペット洗浄を業者に外注したいとお考えの事業者様は、ぜひ無料業者サービスのEMEAO!をご利用ください。
1分程度の簡単なヒアリングで、ぴったりな優良業者を完全無料でご紹介します。

清掃業者の関連記事
発注したいジャンルを選択する