2019.09.27

屋外用デジタルサイネージを活用するメリット6つ

dc48f643fb8dc498e94605c1ee1fdf54 - 屋外用デジタルサイネージを活用するメリット6つ

近年、街中を歩いていると、ディスプレイに映し出された広告を何度も目にするようになりました。
「屋外にデジタルサイネージを設置すると、具体的にはどのようなメリットがあるの?」
と気になっている広告宣伝のご担当者様も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では屋外用デジタルサイネージを活用するメリットを6つご紹介します。
新しい広告宣伝の方法としてデジタルサイネージにご興味をお持ちの方は、ぜひ最後までご覧ください。

屋外用デジタルサイネージを利用するメリットとは?

メリット①人目をひきやすい

看板やポスターと比較すると、デジタルサイネージは圧倒的に目立ちます。
鮮やかな色や音に、つい目を向けてしまう人も多いはず。
また、動画コンテンツが流れていれば、続きが気になってついつい見入ってしまうこともありますよね。

一度に見る時間はそれほど多くはないとしても、何度も広告が目に入れば、知らないうちに商品情報が頭に残ってそのうち購入や申し込みといったアクションにもつながっていくはずです。

また、お店の場所がわかりにくいところにあったとしても、デジタルサイネージで目をひいてお客さんを入口まで誘導することができるでしょう。

メリット②夜でも見てもらえる

デジタルサイネージが最も目立つのは、夜でしょう。

看板やポスターは、暗くなってしまえば見えにくくなってしまいます。
しかし、デジタルサイネージは暗なったらむしろ鮮やかに見えます。

宣伝できる時間帯が長くなり、しかも他の手法の広告が目に入りにくい状態で情報を発信できるというのは、大きなメリットでしょう。

メリット③雨風による劣化がおこりにくい

屋外に設置されたポスターや看板は、雨風の影響を受け、徐々にボロボロになってしまうもんものです。
なかには文字が読めなくなってしまったり、はがれてしまったりして、役目を果たせていないポスターや看板もあるでしょう。

対して、屋外用デジタルサイネージには防水・防塵機能などが付いています。
風雨に強く設計されているので、そう簡単には劣化しないのです。
屋外用デジタルサイネージを設置すれば、天候に関係なくいつまでも美しい動画や画像を発信し続けることができます。

屋外用デジタルサイネージで商品やサービスの魅力を伝えよう!

以上、屋外用デジタルサイネージを活用するメリットを3つご紹介しました。
屋外用デジタルサイネージを活用すれば、ポスターや看板で広告宣伝をしていたときには感じられなかったような大きな効果を得ることができるはずです。

あなたの会社の商品やサービスを最大限魅力的に伝えるために、ぜひ屋外用デジタルサイネージの導入をご検討ください!

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - 屋外用デジタルサイネージを活用するメリット6つ

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する