2020.02.14

デジタルサイネージのコンテンツ制作の3つのコツ!意識すべき点は?

425e136a17d731b61565999ee81d1fad - デジタルサイネージのコンテンツ制作の3つのコツ!意識すべき点は?

この記事を書いた人

IMG 4482 300x300 - デジタルサイネージのコンテンツ制作の3つのコツ!意識すべき点は?

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸と申します。コンテンツ作成と取材を主に担当しております。身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました!豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

※この記事は5月28日に更新されました。

デジタルサイネージを設置するにあたって、ディスプレイに表示するコンテンツの制作は必須となります。
しかし、コンテンツを個人で制作するとなると、どのような点に気を付けて制作すればいいのか分かりませんよね。

そこで本記事では、デジタルサイネージのコンテンツ制作をするにあたってのコツや意識すべき点を解説していきます。
個人でコンテンツ制作をしようと考えている事業者様は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • デジタルサイネージとは?
  • 広告にデジタルサイネージを使うメリット
  • デジタルサイネージのコンテンツ制作のコツ
  • 活用事例について

デジタルサイネージとは?

そもそも、デジタルサイネージとは何でしょうか?
ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、デジタルサイネージとは動画広告や施設案内などのコンテンツを映し出す機械です。

最近では、タッチパネルのデジタルサイネージでメニューや施設案内が見れたり、鏡にもなるデジタルサイネージが出ていますよね。

デジタルサイネージの仕組みは下記のコンテンツで解説されていますので、気になる方はぜひご覧ください。

広告にデジタルサイネージを使うメリット

次に、デジタルサイネージを広告として利用する3つのメリットを紹介します。

デジタルサイネージを広告として利用する3つのメリット

  1. スライドショーや動画を流せる
  2. コンテンツの修正、更新が簡単にできる
  3. 長期的に見るとコスト削減になる

上記の3つがデジタルサイネージを広告として利用するメリットです。
導入費用が高いというデメリットはありますが、パソコンとネットワーク環境さえあれば簡単にコンテンツ内容が変えられるので、長期的にはコスト削減に繋がります。

デジタルサイネージのコンテンツ制作のコツ

デジタルサイネージのコンテンツには主に4種類があり、コンテンツ制作する際はいずれかのタイプを選んで制作する必要があります。

デジタルサイネージのコンテンツの種類については、以下の記事をご参照ください。

コンテンツの種類によって制作する方法は異なりますが、制作時に意識するべき点やコツは共通します。
今回紹介するコンテンツ制作のコツは、以下の3点です。

デジタルサイネージのコンテンツ制作のコツ

  • 設置場所に合わせたデザインや内容にする
  • 簡潔かつ目を引くようなデザインにする
  • 提供会社からテンプレートをダウンロードするのもアリ

コツ①設置場所に合わせたデザインや内容にする

デジタルサイネージのコンテンツは設置場所によっても、印象がかなり変わってきます。

例えば往来の激しい駅前で、文章の詰まった小難しいコンテンツを表示しても誰も足を止めて見ようとは思いませんよね。
逆に待合室のような人がゆったりとできるスペースでは、文章を読む余裕があるので高い効果が見込めます。

デジタルサイネージを設置する場所によって、どのようなコンテンツが反響を生むのかをリサーチし、設置場所に合わせたデザインや内容を制作しましょう。

コツ②簡潔かつ目を引くようなデザインにする

宣伝目的やコンテンツの内容によっては、人の目を引くようなデザインにすることも重要なことです。
デジタルサイネージは基本的に人の往来のある場所に設置されることが多いため、足を止めて見る人は少なく見流しながら確認されるケースがほとんどです。

そのため、コンテンツには簡潔かつ目を引くようなデザインが必要であり、広告や宣伝目的であれば短時間で内容を伝えられるように制作するべきといえます。

コツ③提供会社からテンプレートをダウンロードするのもアリ

デザインが苦手でどのようにコンテンツ制作をすればよいか分からない場合は、テンプレートを使う方法もあります。
デジタルサイネージの提供会社の中には、無料でコンテンツのテンプレートがダウンロードできるようにしているところもあります。

テンプレートを活用すればレイアウトを考える手間も省くことができ、デザインが苦手でもきっちりとした形に仕上げられます。

コツを知って魅力的なデジタルサイネージのコンテンツ制作をしよう

以上、デジタルサイネージのコンテンツ制作のコツについて解説してきました。

デジタルサイネージは人の往来のある場所に設置されることが多いため、広告・宣伝目的であれば短時間で内容を伝えられるようなコンテンツを制作するべきといえます。
また設置場所の雰囲気に適したものにしなければ、狙っているターゲット層と実際に見てもらえる人の層でズレが生じてくことも考えられます。

コンテンツ制作をする場合は、提供会社のテンプレートを使用することも1つの方法ですが、業者にデザインや制作を任せてしまうことで負担を大きく軽減させられます。
EMEAO!にお問合せいただければコンテンツ制作にも対応している優良なデジタルサイネージ業者を事業者様にご紹介します。

高品質なコンテンツを制作して反響を得たいとお考えの事業者様は、ぜひEMEAO!のサービスをご活用ください。

デジタルサイネージの関連記事
発注したいジャンルを選択する