2020.02.19

キャッシュレス決済とは?店舗側のメリットとともに仕組みを解説

b434f7aa932814b1fecffad4c5da6959 - キャッシュレス決済とは?店舗側のメリットとともに仕組みを解説

この記事を書いた人

IMG 7040 300x300 - キャッシュレス決済とは?店舗側のメリットとともに仕組みを解説

編集部員 城下

EMEAO!編集部員の城下です。雑誌編集者と人材コーディネーターの勤務経験を生かし、現在はWebコンテンツの作成を担当しています。業者選定ガイドでは真っ白でクリーンな情報を届け、皆様にとって有益な知識の溢れるお城となるようなメディアを目指します。よろしくお願いします!

2016年にApple Pay、また2018にはPayPayが話題になって以来、キャッシュレスが注目されるようになりました。

しかし、ひとくちに「キャッシュレス決済」と言っても、さまざまな形態があり、決済方法や導入方法が異なります。

そこで本記事では、キャッシュレス決済の種類と詳細、また店舗にとってのメリットを解説していきます。
店舗のキャッシュレス化をお考えの事業者様は、ぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • キャッシュレス決済の種類
  • 店舗にとってのメリット

支払い方式ごとのキャッシュレス決済の種類

キャッシュレスとは、文字通り、現金(cash)を持たずに買い物や支払いなどを済まることです。

ここからは、プリペイド(前払い)式とポストペイ(後払い)式のキャッシュレス決済について解説していきます。

プリペイド式

スマホ決済や電子マネー、交通系ICカードやプリペイドカードを使うものは、プリペイド式のキャッシュレス決済に分類されます。
事前にチャージされた金額の範囲で支払うという仕組みで、審査が必要ないため消費者にとっても手軽に始められるというメリットがあります。

中でも近年注目されているのがスマホ決済、特にQRコードを使用したものです。
こちらもフローが二つに細分化されます。
消費者のスマホ画面に表示されたQRコードを店舗のレジで読み取る方法と、店舗側でタブレット端末などにQRコードを表示させ、消費者のスマホで読み取る方法です。

QRコードを店舗側が読み取る方式の導入方法

この方法は、売上や販売に関するデータを一元管理する機能のあるPOSレジが必要になります。
POSレジ自体を導入する場合は費用と期間がかかってしまいますが、POSレジ自体はキャッシュレスに限らず、販売の場で幅広いメリットがあります。

QRコードを消費者側が読み取る方式の導入方法

店頭にQRコード表示用のスマートフォンやタブレット端末があれば始められます。
そのため、初期費用を抑えることができ、POSレジのない店舗でもキャッシュレス化を実現できます。

ポストペイ式

クレジットカードを使った、後払いのキャッシュレス決済を「ポストペイ式」と呼びます。

前項で紹介したQRコード方式のスマホ決済でも、クレジットカードと連携してチャージを設定している場合もあります。
そのようなケースは、店舗側にとってはプリペイド式の扱いですが、消費者にとってはポストペイ式となります。

クレジットカード決済の導入方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

キャッシュレス決済による店舗にとってのメリット

ここからは、店舗にとっての3つのメリットをご紹介します。

メリット①業務効率化が期待できる

キャッシュレス決済の導入で、必然的にキャッシュレスを選択する消費者が増えることが考えられます。
そのため、会計においても現金を扱う機会が減り、釣り銭間違いなどのトラブルが発生するリスクを抑えることができます。
さらに、現金のやり取りよりも短い時間で済ませられるため、効率的に会計を進められます。

このように、ミスが起きるリスクの低減や時間の短縮による効率化が見込まれ、キャッシュレス化によって店舗の働き方改革が期待できます。

メリット②顧客満足度の向上

各社が頻繁に消費者還元キャンペーンなどを行っているため、「キャッシュレス決済はお得だ」と感じている消費者が増えていることが考えられます。
そのため、キャッシュレス決済を利用したい消費者にとっては、対応している店舗というだけで満足度は向上します。
さらに、消費者にとってストレスに感じられる待ち時間の短縮も大きなメリットです。

メリット③直前キャンセルの防止

特に飲食店において、予約後の直前キャンセルや、当日になっても予約客が現れないというケースは大きな課題です。

キャッシュレス決済の多くはWeb上で金銭のやり取りが可能です。
予約はインターネットで受け付け、予約時も事前決済を行うというやり方であれば直前キャンセルの発生頻度を大きく下げられます。
また、仮に当日に予約客と音信不通になっても、事前決済があるため被害を最小限におさえられるというメリットがあります。

キャッシュレスは、時間や手間、費用といった店舗側の損失をおさえ、店舗を守るという側面もあります。

現金を必要としないキャッシュレス化は、店舗の質を上げるメリットがあります

今回は、キャッシュレス決済の種類と、店舗にとってのメリットを紹介しました。
自店舗において、キャッシュレス決済を導入するためのご参考にしていただければ幸いです。

また、EMEAO!では、キャッシュレスの導入支援を行っている決済代行会社をご紹介しています。
店舗の概要やご希望の形態など、簡単な条件をコンシェルジュへお伝えいただくだけで、ぴったりの業者を最短5分でご紹介します。
ご紹介するのは第三者機関の審査を通過した優良業者のみです。
キャッシュレス化にご興味のある事業者様は、ぜひEMEAO!をご利用ください。

決済代行の関連記事
発注したいジャンルを選択する