2019.08.22

そもそも決済代行業者って何?決済代行業者の役割について解説!

0b523e88021b561bfac0af444e9e11dc - そもそも決済代行業者って何?決済代行業者の役割について解説!

普段私たちは、現金払いはもちろんクレジットカード決済や携帯キャリア決済、コンビニ決済など多様な方法で支払いをします。
そのため、現金払い以外の決済方法を利用できるお客様にも対応できるよう、決済機関と契約する事業者が増えています。
なぜなら決済手段が多ければ多いほど、顧客を獲得することができるからです。。

しかし、「決算手段を増やすと手間暇がかかって大変だ……」

そんな悩みから現金以外の決済方法導入に踏み切れない事業者もいることでしょう。
事業者からすると、決済手段をいくつも増やすことは、それぞれ管理する方法を理解する必要があるため、業務上の負担や人件費が増加するというデメリットもあります。

そこで、おすすめなのが“決算代行業者”を通して一括で決済機関と契約を結ぶ方法です。事業者が決済代行業者を利用することで、決済から管理業務までを幅広く代行してもらえます。
本記事では、決済代行業者の役割ついてくわしくご紹介します。

そもそも決済代行業者の役割とは?

決済代行業者は冒頭でも述べた通り、多様な決済手段を事業者が手間暇かけずに導入できるように、契約手続きやシステム構築などを請け負ってくれる業者のことです。
請け負ってくれる具体的な業務は以下の通りです。

①決済機関への契約手続きを行う

決済機関によって、契約内容や契約手続きは異なります。
事業主が直接契約をしようとすると、決済機関によっては英語で契約をしなければいけない場合や、書類を複数提出しないといけない場合があります。

決済代行業者は、このような面倒な手続きを事業者の代わりに行ってくれます。
事業主は決算代行業者の指示した書類を一通り準備するだけでいいというわけです。

②決済方法に応じてシステムを構築する

決済機関と契約手続きを行ったら、決算代行業者は事業者専用のシステムを構築してくれます。
システムの構築はすべて決済代行業者が案内してくれるので、事業者は案内のとおりにするだけで簡単に決済手段が利用できるようになるわけです。

特にEC事業者の場合、直接決済機関と契約手続きを行った場合には決済機関ごとにシステム構築を自分で行ってECサイトを立ち上げる必要があります。
しかし、決済代行業者に依頼すると効率よくECサイトの立ち上げることができます。

③運用開始後の決済処理や入金処理を行う

決済期間によって、支払い日や入金日のサイクルは異なります。
そのため、事業者が直接決済契約機関と契約すると、決済機関ごとに決済業務を行う必要があり、面倒です。
また、返品やキャンセルによって返金処理を行う場合も、顧客が利用した決済機関を調べ、その決済機関ごとの対応方法を確認して処理をしないといけません。

一方で決算代行事業者に依頼した場合は、実際に決算が開始された後も売り上げ処理や返品されたときの返金処理業務、入金処理などを代行してくれます。
そのため、事業者は入金日も返金の際も、決済代行事業者とやり取りをするだけですみます。

売上管理の手間を考えると、決済代行業者に依頼したほうがいいでしょう。

決済代行業者を利用して、気楽に複数の決算方法を導入しよう!

顧客を開拓するには、決済方法を充実させることが1つの大きなポイントとなります。
手間暇のかかる作業は決済代行業者に任せて、気軽に複数の決済手段を導入してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - そもそも決済代行業者って何?決済代行業者の役割について解説!

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00
関連記事
発注したいジャンルを選択する