2019.09.26

防犯カメラのワイドダイナミックレンジ機能について徹底解説

508a6412f0eeb00e19b5026e49e9f998 - 防犯カメラのワイドダイナミックレンジ機能について徹底解説

防犯カメラには、より使いやすくするための工夫が随所にほどこされています。
防犯カメラにほどこされた工夫の一つに、“ワイドダイナミックレンジ機能”というものがあります。
聞きなれない言葉だと思いますが、防犯カメラの機種を選ぶ際には、ぜひ知っておいていただきたい機能の一つです。

今回は“ワイドダイナミックレンジ機能”が一体どんなものか、そしてこの機能付きの防犯カメラを使うメリットは何かについてご紹介します。
これから防犯カメラを導入する、または入れ替える予定がある方は、ぜひご一読ください。

ワイドダイナミックレンジ機能によって何ができるの?

ワイドダイナミックレンジ機能は、明るい場所と暗い場所の差が激しい場所でもくっきり見えるようになる機能のことです。

例えば、西日が差し込む非常に明るい場所をカメラで撮ると、被写体が暗くつぶれてしまうことはないでしょうか?
逆に、外が暗い時に室内から外を撮ると被写体が白く飛んでしまうことがあるかもしれません。

ワイドダイナミックレンジ機能によって、このように明るい場所と暗い場所の差が激しい場所でも、くっきりと被写体を撮影することが可能になります。

明暗差が大きくてもはっきりと撮影できる理由とは?

なぜ、ワイドダイナミックレンジ機能がついていると、明暗差に左右されずにくっきりと撮影できるのでしょうか。
その理由について解説するために、
「そもそも“ダイナミックレンジ”とは一体なにか?」
というところからご説明します。

そもそも、ワイドダイナミックレンジとは

明るい場所と暗い場所の照度比の対数のことを、ダイナミックレンジといいます。
ダイナミックレンジ値は以下の計算方法で出すことができ、単位はデジベル(dB)で表されます。

ダイナミックレンジ値の計算方法

ダイナミックレンジ値(dB)=明るいところの照度÷暗いところの照度(20log10)

この値が大きいカメラのほうが、明暗差が大きくてもしっかりと鮮明に写すことができます。
つまり、“ワイド”ダイナミックレンジは、ダイナミックレンジ値が大きく、明暗差が大きい場合にも対応できるということを意味しているのです。

ワイドダイナミックレンジ機能の仕組み

ワイドダイナミックレンジという言葉の意味について分かったところで、この機能が付いた防犯カメラはどのように動いているのかを解説していきます。

この機能付きの防犯カメラは、通常の防犯カメラの2倍のスピードでシャッターを切って画像を撮っています。
つまり、同じ時間を撮影したとき、この機能付きの防犯カメラは通常の防犯カメラの2倍の枚数の画像を撮影しているわけです。

なぜ2倍もの画像を撮影する必要があるかというと、半数は明るい被写体向けの撮り方をして、もう半数は暗い被写体向けの撮り方をするから。
そして、撮影後に2種類の画像をデジタル信号処理で合成することで、その中間をとって明暗差が少ない映像に変換しているのです。

このようなメカニズムによって、ワイドダイナミックレンジという機能が付いた防犯カメラは、明暗差が大きくても鮮明な映像を撮影することができます。

ワイドダイナミックレンジ機能付きの防犯カメラを設置するメリットは?

つぎに、ワイドダイナミックレンジ機能付きの防犯カメラを使用するメリットについてご紹介します。

通常の防犯カメラは、窓際やエントランスといった西日が差し込む場所の明暗差には対応できず、人物をはっきりと写すことができない時間帯があります。
もしその時間帯に不審者が訪れたら、せっかく映像には証拠が残っているのに、顔や服装までは分からず犯人が特定できないというになります。

一方、ワイドダイナミックレンジ機能付きの防犯カメラならば、明暗差が大きい時間帯でもくっきりと写すことができます。
もし犯人がカメラに映りにくい時間帯を狙って犯行をしたとしても、はっきりとした証拠を残っているので安易に犯人を特定することができます。

明暗差が大きい場所にはワイドダイナミックレンジ機能付き防犯カメラを設置しよう!

本記事では、ワイドダイナミックレンジ機能付きの防犯カメラについて解説してきました。

通常の防犯カメラでは、西日が差し込む窓や、窓が少なくて暗くなりがちな部屋など明暗差が大きい場所は、綺麗に撮影することができません。
しかし、ワイドダイナミックレンジ機能付きの防犯カメラならば、明暗差が大きい場所でも問題なくはっきりとした映像を撮影することができます。

明暗差が大きい場所に防犯カメラを設置する場合は、ぜひワイドダイナミックレンジ機能がついているかをチェックして機種を選んでみてください!

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - 防犯カメラのワイドダイナミックレンジ機能について徹底解説

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する