2019.08.13

有線とコードレスのビジネスホンの違いとは?機能や価格の違いを解説

dd3547493e643831e5d1c7d91dbd55b1 - 有線とコードレスのビジネスホンの違いとは?機能や価格の違いを解説

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - 有線とコードレスのビジネスホンの違いとは?機能や価格の違いを解説

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

ビジネスホンを導入する際、据置型の有線ビジネスホンかコードレスホンどちらを選ぶかお悩みの事業者様は多いのではないでしょうか?

「有線とコードレスでは機能や価格に違いがあるのでは?」
と不安になられる方もいらっしゃると思います。

そこで本記事では、有線ビジネスホンとコードレスホンの機能や価格の違いを解説していきます。
有線かコードレスかでお悩みの事業者様は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 有線ビジネスホンとコードレスホンの機能の違い
  • 有線ビジネスホンとコードレスホンの価格の違い
  • それぞれの最適な使用状況

有線ビジネスホンとコードレスホンの機能の違い

有線ビジネスホンとコードレスホンに搭載されている機能には、大きな違いはありません。
有線ビジネスホンの基本機能である保留機能や内線機能も、コードレスホンにも搭載されているためオフィスから離れた場所でも電話をとることができます。

ただし、コードレスホンは仕様上電話機そのものにボタンがついている形のため、通話をしながらボタン操作をすることが難しく有線ビジネスホンよりも操作性が悪いといえるでしょう。

有線ビジネスホンとコードレスホンそれぞれの最適な使用状況とは?

有線ビジネスホンとコードレスホンは、その仕様から最適な使用状況が異なります。

据置型である有線ビジネスホンは、持ち歩きができない分通話しながらボタン操作がしやすいという点から、オフィスの固定電話として使用したほうがよいでしょう。
また、受電時にディスプレイを確認しながら対応しやすいという特徴もあるため、よく電話がかかってくる窓口やコールセンターなどで活躍します。

一方コードレスホンは配線を必要としないため持ち歩きがしやすく、無線通じる範囲内であればいつでも電話をとることができます。
そのため、歩き回ることの多い業種や倉庫のような広い場所での作業が多い場合などでの使用が最適です。

このように、有線タイプはデスクワークの多いオフィスで、コードレスホンは歩き回ることが多い場合の使用がよいでしょう。

有線ビジネスホンとコードレスホンの価格の違い

つづいて、有線ビジネスホンとコードレスホンの価格の違いを紹介します。
以下に、有線ビジネスホンとコードレスホンを購入した場合の1台あたりの価格を、新品価格と中古価格別にまとめました。

種類 新品価格 中古価格
有線ビジネスホン 4万~8万円 1万~2万円
コードレスホン 4万~5万円 1万円前後
※すべて設置費用込みの価格です。
※上記の価格は独自調査に相場であり、設置工事を依頼する業者によって違いがあります。

このように、有線とコードレス、2つのタイプには大きな価格差はありません。
新品でも中古品でも最低価格は変わりませんが、有線タイプは多くの種類が出ているためコードレスよりもやや高い機種もリリースされています。

ただし、コードレスホンの多くは据置型の有線ビジネスホンとセットで販売することにより安くなる傾向があるので、両方のタイプを導入するほうがお得といえます。

有線ビジネスホンとコードレスホンには機能や価格に大きな差はない!

以上、有線ビジネスホンとコードレスホンの機能と価格の違いを解説してきました。

有線タイプとコードレスタイプでは機能に大きな差はありませんが、仕様上最適な使用状況が異なります。
また購入価格にも大きな違いはみられませんが、有線タイプのほうが多くの機種が出ているためコードレスと比べて高額のものもあります。

有線タイプとコードレスタイプはセットで販売されることも多く、料金も比較的低めに設定されているため両方のタイプを導入したほうがお得といえるでしょう。
有線ビジネスホンとコードレスホン、両方を導入したい場合はぜひEMEAO!をご活用ください!

第三者機関の審査をクリアした優良なビジネスホン業者を、完全無料でご紹介いたします。

ビジネスホンの関連記事
発注したいジャンルを選択する