2019.08.13

有線とコードレスのビジネスホンについて価格の違いを解説します

f9de4b832b184abc6379c9611e76bff6 1 - 有線とコードレスのビジネスホンについて価格の違いを解説します

ビジネスホンを選ぶ際に判断を迷うところが、コードレスにするか有線にするかという点ではないでしょうか。

据え置き型の有線ビジネスホンは多機能な機種が多く、操作性において優れています。
一方コードレスビジネスホンは、受信可能範囲内であればオフィス内を移動しながら電話することができるため、仕事の効率化を期待することができます。

有線とコードレスどちらにするかは、以上のように機能性やオフィスの環境からも選択できますが、もう一つ気になるのが価格の違いがあるのかという点ではないでしょうか。

本記事では、優先とコードレス、2つのタイプのビジネスホンの価格の違いを解説します。
ぜひ、ビジネスホンを選ぶ際の判断要素としてください。

有線タイプとコードレスタイプのビジネスホンの価格を比較しました

それでは早速、コードレスビジネスホンと有線ビジネスホンの価格の違いを確認してみましょう。以下の表をご覧ください。

有線タイプとコードレスタイプのビジネスホン価格表

種類 新品価格 中古価格
有線ビジネスホン 4万~8万円 1万~2万円
コードレスビジネスホン 4万~5万円 1万円前後

※すべて設置費用込みの価格です。
※上記の価格は独自調査に相場であり、設置工事を依頼する業者によって違いがあります。

このように、有線とコードレス、2つのタイプの価格差は大きくないことが分かります。
ただし、新品であっても中古であっても、有線タイプの方が高額な商品があります。

新品と中古の価格差でいうと、コードレスビジネスホンは変動幅が大きくなる可能性があるため、中古を購入する際は有線ビジネスホンの方がお得になるかもしれません。
例えば、新品だと8万円だった有線ビジネスホンが中古で2万円だとすると、6万も値引きされることになります。
一方、新品だと5万円のコードレスビジネスホンが中古で1万円だとしても、値引かれる価格は4万円ということになります。

有線かコードレスか、価格は気にせず選んでOK!

以上のように、コードレスビジネスホンと有線ビジネスホンの価格を比較すると、コードレスビジネスホンの方が新品と中古の価格差が大きくなる傾向があります。
そのため、中古の商品を購入する場合は、有線タイプを選んだほうがお得になりやすいといえます。

しかし、新品なら4万円、中古なら1万円という最低価格は、有線でもコードレスでも変わりありません。
機種にそれほどこだわりがなければ、コードレスビジネスホンであっても、それほど価格差なく購入することができるわけです。

有線とコードレス、どちらのビジネスホンにしようか迷った際は、価格に関してあまり気にせず、機能性やオフィスの環境に合っているかという点で選択するといいでしょう。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - 有線とコードレスのビジネスホンについて価格の違いを解説します

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する