2019.08.13

ビジネスホンを購入する場合の導入価格を工事費含めて全て解説します

3a059b11b0289e62f8c2ed4e8ce9da7d 1 - ビジネスホンを購入する場合の導入価格を工事費含めて全て解説します

「ビジネスホンの導入価格って高いけど、具体的にはどんな内訳なの?」

ビジネスホンを導入する準備をしている中で、そんな疑問を持った経験がある人もいるのではないでしょうか。

一般電話機と比較すると、ビジネスホン導入価格が高いということは、よく知られています。
しかし、導入価格の具体的な内訳はあまり知られていません。

そこで、今回の記事ではビジネスホンの導入価格について、工事費まで含めて詳しく解説します。
ビジネスホンの導入価格をなるべく抑えられないか、検討する際のご参考になればと思います。

ビジネスホン導入価格は、端末価格と工事価格にわけられる!

ビジネスホンの導入価格は、大きく分けて端末価格と工事価格の2つに分けられます。
今回はビジネスホン端末を購入する場合に限定し、それぞれの価格内容についてくわしく解説していきます。

端末価格

ビジネスホンを導入するためには、当然ながら端末が必要となります。

端末を導入するときの手段としては大きく分けて新品と中古の2種類があり、新品よりも中古の方が価格が安くなります。
以下の表は、新品と中古の価格相場をまとめたものです。

新品と中古の価格相場

新品 中古
価格相場 2万~3万円 5,000~1万円

新品のビジネスホンは最新機種である場合が多く、端末自体の価格が1台が2~3万円ほどになります。
1台2万円の端末でも、50台導入する必要があれば、端末価格だけで100万円にもなってしまうわけです。
一方、中古品である5000円の端末ならば、50台導入しても25万円ほどです。

端末の導入に複数台必要な場合、1台ごとの価格を少しでも抑えられれば、全体的な導入価格はかなり安くなります。
予算に余裕がない場合は、価格の安い中古の端末を導入することも検討してみるといいかもしれません。

ただし、中古の端末は新品の端末に比べて機能が劣る場合が多く、故障のリスクが高いという短所もあります。
「機能や故障のリスクを考えると新品の端末を導入したいが、予算はかけられない……」
そうお悩みの場合は、新品端末をリース契約で導入するという選択肢もあります。

リース導入をすると、あなたに代わってリース会社がビジネスホン端末を購入し、月額で貸し出してくれます。
初期費用がおさえられる反面、最終的に支払う価格の合計は自社で購入する場合よりも多くなります。
しかし、初期費用なしで多機能の新品端末を導入できる点はリース導入の大きな魅力です。

工事価格

端末を導入した後は、ビジネスホンを設置する工事を行わなければなりません。
ビジネスホンは一般電話機と違って電話線に繋ぐだけで使えるものではないため、専門業者に依頼しての設置工事が必要となります。

それでは、工事価格の相場を確認してみましょう。
工事価格はたいてい、下記の表に登場する5項目にかかる費用の合計になります。

ビジネスホンの設置工事価格(1台の場合)

内訳 価格相場
作業員人件費 10,000円/1人
主装置設置費 15,000円/1台
電話機設置費 8,000円/1台
配線費 5,000円/10m
データ設定費 3,000円/1台
合計 41,000円

さらに、主装置と各端末を繋ぐシステム設定まで依頼する場合は、システム設定価格が10,000円ほどかかります。
また、電話線の固定などのために使った材料価格も10,000円ほど追加で請求されることもあります。

ビジネスホンの導入には、以上のような項目ごとにかかる価格が端末の台数や配線距離などによって決まります。
各項目の合計が工事価格として請求されることになります。

ビジネスホンの導入価格は端末価格と工事価格の合計値!

以上で説明してきた通り、ビジネスホンの導入には、端末費価格と工事価格の合計が必要になります。

端末自体の導入には中古品の購入やリース導入することで安く手に入れることができます。
また、設置工事の費用を節約したい場合は、いくつかの業者に見積を出してもらって安かったところに依頼すればいいでしょう。
見積を比較する際、その計算方法を知っておけば交渉もしやすくなるかもしれません。

ビジネスホン導入の際には、端末価格と工事価格に分けて考えていただければと思います。

ビジネスホンの導入価格をなるべく抑えられないかお悩みの際には、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - ビジネスホンを購入する場合の導入価格を工事費含めて全て解説します

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する