2020.02.25

プロセス評価とは?導入方法やメリット・デメリットを紹介します

1f4e7c790454cdfa504ceaf87c1ddd2a - プロセス評価とは?導入方法やメリット・デメリットを紹介します

この記事を書いた人

IMG 7040 300x300 - プロセス評価とは?導入方法やメリット・デメリットを紹介します

編集部員 城下

EMEAO!編集部員の城下です。雑誌編集者と人材コーディネーターの勤務経験を生かし、現在はWebコンテンツの作成を担当しています。業者選定ガイドでは真っ白でクリーンな情報を届け、皆様にとって有益な知識の溢れるお城となるようなメディアを目指します。よろしくお願いします!

適切な人事教育を行うことで企業全体の質を上げるために、人事担当者・従業員の双方が納得のいく人事評価は欠かせません。
さらに、昨今は人事評価システムの導入により、評価の見える化や効率化が進められています。

今回は、新たな視点をもうけることで、より納得感のある評価が期待できる「プロセス評価」という方法について、特徴や導入メリットなどを解説します。
自社の制度の構築・見直しをお考えの事業者様は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • プロセス評価とは
  • メリットやデメリットとは

プロセス評価とは

プロセス評価とは、「結果」だけを基準にするのではなく、結果に至るまでの「過程」を重視する制度です。

プロセス評価の特徴

具体的な特徴としては、短期で結果の出ない業務およびプロジェクトも、過程を見ることで短期的にスコアリングできるという点があります。
また、目に見える結果だけではなく、結果に至るまでの過程が重視されるため、多面的な評価が期待できます。

プロセス評価の進め方

まずは「評定されるプロセスとはどういうものか」ということを明確にしましょう。
形に見えにくく、かつ業務内容により変動するものなので明示は難しいですが、基本的には下記内容を明示します。

評価項目の一例

  • 業務・目標に対する誠実さ
  • ストレス耐性
  • 自己理解
  • ビジネスマナー
  • 能動的に行動できているか

上記項目を設定のうえ、実際のプロセスをスコアリングしていきましょう。

メリット・デメリット

ここからは、プロセス評価のメリットとデメリットを解説します。

プロセス評価のメリットとは

大きなメリットとは、長期的なプロジェクトなど、結果が出ていないものであっても、「努力をした」という行動が対象となる点があります。
結果以外の要素も加点対象となることで、従業員の納得感を高められる側面があります。

プロセス評価のデメリットとは

一方でデメリットとは、明確な基準のない「過程」というものを見るため、必ずしも適切な精査が行えるとは限らず、むしろ不公平な制度となってしまう可能性があることです。

このようなデメリットを回避するための方法とは、具体的な行動目標を設定することなど、明確な基準を設けることです。

また、評価者自身の努力も必要です。
適切な評価のため、部下の日々の仕事ぶりをきちんと観察しましょう。

プロセス評価とは、過程における目標を具体的に設定することでより効果を発揮します

いかがでしたか?
今回は、プロセス評価について解説しました。
貴社における制度構築の参考となりましたでしょうか。

人事評価システムを導入することで、プロセス評価においても効率的かつ適切なスコアリングを行うことができます。

EMEAO!では、簡単なヒアリングで貴社に最適な人事評価システムをご紹介します。
完全無料のサービスですので、人事評価システムの導入をお考えの事業者様はぜひEMEAO!コンシェルジュへご相談ください。

人事評価システムの関連記事
発注したいジャンルを選択する