2019.12.09

MAツールの導入で失敗したくない!注目するべき3つのポイント

8646978109e9c75d0716790730b8f4c8 - MAツールの導入で失敗したくない!注目するべき3つのポイント

マーケティング自動化をするためのツールの1つとして挙げられるのが、マーケティングオートメーションツール(MAツール)です。

「MAツールを導入して、業務効率をあげたい!」
このようにお考えの事業者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、安易にMAツールを導入してしまうと、うまく使いこなせず費用対効果が悪くなってしまって失敗した、という事態になりかねません。

そこで本記事では、MAツールの導入で、失敗しないために知っておきたいイントを紹介していきます。
MAツールの導入をお考えの事業者様は、導入に失敗しないためにもぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • MAツールの導入で失敗しないためのポイント

MAツールの導入で失敗しないためのポイント

MAツールを導入する際、失敗しないポイントとしては以下の事項が挙げられます。

MAツールの導入で失敗しないポイント

  • 導入目的をはっきりさせる
  • 利用したいコンテンツを用意する
  • 運用体制を整える

ポイント①導入目的をはっきりさせる

導入目的があいまいなまま、MAツールを導入するのはおすすめできません。
なぜなら、具体的な目標を立てないことでMAツールをどのように活用していいか分からなくなり、失敗してしまうからです。
例えば、「業務を効率化したい!」という目的で導入してしまうと、業務を効率するためにどの機能をどの業務に活用すればいいのか分からなくなってしまいます。
「顧客に対してのマーケティングをシステム化して業務を効率化したい!」という目的であれば、リード管理機能やスコアリング機能を使って業務の効率化が可能になります。

導入の際には、MAツールの機能を使って、どのような効果を得たいかをはっきりさせることが重要です。

ポイント②誘導先のコンテンツを用意する

MAツールの役割の1つとして、メール配信で自社の商品ページや記事サイトへとユーザーを誘導することがあります。

メール配信にMAツールを使うことで、正確に自社に興味をもつユーザーのニーズに適した自社コンテンツを紹介することが可能です。
しかし誘導するべきコンテンツが少なければ、MAツールもうまく機能せず失敗してしまいます。

ユーザーのニーズに応えて、誘導できるコンテンツをなるべく多く用意することが大切です。
誘導できるコンテンツが多ければ多いほど、MAツールの強みが最大限発揮できます。

ポイント③運用体制を整える

MAツールをせっかく導入しても、運用が続けられなければ意味がありません。
MAを運用する上で重要なことは、人材確保とチームの編成です。

MAの運用には、SEO施策やコンテンツ作成など、様々な業務が発生します。
そのため、デジタルマーケティングの知識を持つ人材を採用することで、MAの具体的な運用計画やプロセスが重要です。

また、一人でのMA運用は業務量が多くなるため、MA運用専門のチームを作って、複数人での運用を行ったほうがよいでしょう。

マーケティングオートメーションツールは導入前の準備が重要!

以上、MAツール導入に失敗しないためのポイントについて解説してきました。
MAツールを導入時にどんな点に気を付ければいいのか、ご理解いただけたのではないかと思います。

導入を失敗しないポイントとしては、導入前に導入目的をはっきりさせ、ユーザーを誘導させるコンテンツを用意し、運用できる体制を整えておくことです。

しかし、MAツールの導入前には今回紹介したポイント以外にも細かい作業が発生することがほとんどです。
導入に不安のある事業者様は、一度MAツール提供会社に相談をして何をすべきかを具体的に聞くことも一つの手段です。

EMEAO!にお問合せいただければ、優良なMAツール提供会社を事業者様に無料で紹介いたします。
ぜひお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

IMG 4482 300x300 - MAツールの導入で失敗したくない!注目するべき3つのポイント

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸と申します。EMEAO!のWebコンテンツの記事を作成させていただきます。 身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました。 豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

関連記事
発注したいジャンルを選択する