2020.02.27

MAツール導入で失敗しないために必要な5つの事前準備とは?

39f3b530c90cd4a521cfa3d2a47f72d2 - MAツール導入で失敗しないために必要な5つの事前準備とは?

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - MAツール導入で失敗しないために必要な5つの事前準備とは?

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。EMEAO!のコンテンツの取材、編集、ライティングを担当させていただいております。複雑な情報を分かりやすく整理し、忙しい皆様にとって読みやすい記事にまとめてご提供させていただきます!よろしくお願いします!

「マーケティングオートメーションツール導入に失敗するのは準備不足だから」
という情報に不安を煽られていらっしゃる事業者様も多いのでは?

そこで本記事ではMAツール導入で失敗しないために必要な5つの事前準備をご紹介します。
マーケティングオートメーションツールの導入に成功したい事業者様は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
・MAツール導入で失敗しないために必要な5つの事前準備

MAツール導入に必要な5つの事前準備とは?

MAツール導入に必要な事前準備は、主に以下の5つです。

MAツール導入に必要な事前準備まとめ

  • マーケティングの基礎概念と基本用語を理解する
  • 自社の課題やMA導入の目的を明確にする
  • 社内のリード情報を集める
  • 社内での役割分担を決める
  • 自社に合ったMAツールを選定する

ここからは、どんな事前準備なのかを1つひとつ解説していきます。

事前準備①マーケティングの基礎概念と基本用語を理解する

MAツール導入で失敗しないためには、まずマーケティングの基礎概念と基本用語を理解しましょう
基礎概念や基本用語を理解することで、マーケティングオートメーションツールを導入して取り組む事柄の全体像を把握することができます。

具体的には、以下の事柄の理解から始めてみるとよいでしょう。

まず理解しておきたいマーケティング用語まとめ

  • リードジェネレーション
  • リードナーチャリング
  • ホットリード
  • エンゲージメントマーケティング
  • スコアリング

など

上記を理解するにつれて、自社のリード獲得における現状や課題点がハッキリすることでしょう。
また、用語を正しく使用できるようになると、マーケターとのコミュニケーションも円滑に進められるようになるでしょう。

事前準備②自社の課題やMA導入の目的を明確にする

MAツール導入で失敗しないためには、次に自社の課題やMA導入の目的を明確にしましょう
なぜなら、目的によって手段や適したツールは異なるからです。

自社の課題やMA導入の目的とは、たとえば以下のようなものです。

代表的なMA導入の目的まとめ

  • フォローしきれていない新規リードを有効活用したい
  • もっと営業部門へ質の高い案件をパスしたい
  • マーケティングに関する情報を活用するためのツールが欲しい

課題の解決や目的の達成までの道筋を立てることで、マーケティングオートメーションツールの活用度も必然と上がるでしょう。

事前準備③社内のリード情報を集める

MAツール導入で失敗しないためには、社内のリード情報も集めましょう
なぜなら、集めたリード情報をマーケティングオートメーションツール導入後に利用することで、顧客をセグメントしたメール送信などを行うことが可能となるからです。

社内のリード情報とはたとえば、以下のようなものがあります。

社内のリード情報の一例

  • 既存顧客
  • 見込み顧客
  • 休眠顧客
  • 失注案件
  • セミナーや展示会などで交換した名刺

リード情報は多いに越したことはありません。
上記のような社内に眠っているリード情報も含めて、全てのリード情報を残さず集めましょう。

事前準備④社内での役割分担を決める

MAツール導入で失敗しないためには、社内での役割分担も決めておきましょう

MAツールはマーケティング部門だけでなく、セールス部門や広報部門、人事部門など、多くの人が利用することで活用の幅が広がります。
しかし、一斉に入り乱れて使用すると、二度手間が生じたり意見が食い違ったりしてしまうことも。
そのため、あらかじめ社内のどの部門が何を担当するのか、役割を分担しておくと良いでしょう。

役割の分担とは例えば、MAツールに欠かせない『ペルソナ』の設定は、セールス部門が行うのか、マーケティング部門が行うのか、といったものです。

事前準備⑤自社に合ったMAツールを選定する

MAツール導入で失敗しないためには、自社に合ったツールの選定にも労力を割きましょう
MAツールは、国内外合わせて数百種も存在します。
それぞれのMAツールごとに、特徴や合致した使用目的などがあります。
前述した『MAツールの利用目的』や、自社のリソースに合ったMAツールを選ぶことで、無理なくMAツールを運用することが可能となります。

事前準備をしっかり行うことで、MAツールの導入に成功しよう!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、MAツール導入で失敗しないために必要な5つの事前準備がご理解いただけたと思います。

「自社の課題やMAツール導入目的から、要件定義を手伝ってほしい」
「国内外に数百種もあるMAツールの中からどれが自社に適しているか知りたい」
そうお思いの事業者様は、ぜひEMEAO!コンシェルジュまでご相談ください!

貴社の課題やMAツール導入目的をサクッとヒアリングし、要件定義をお手伝い、完全無料でぴったりのMAツールをご紹介いたします。

MAツールの関連記事
発注したいジャンルを選択する