2020.01.07

リードスコアリングとは?MAツールのスコアリング機能を紹介

41c2621122a6bc3dd00fdd08a88b8bb7 - リードスコアリングとは?MAツールのスコアリング機能を紹介

この記事を書いた人

IMG 4482 300x300 - リードスコアリングとは?MAツールのスコアリング機能を紹介

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸と申します。コンテンツ作成と取材を主に担当しております。身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました!豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

マーケティングオートメーションツール(以下MAツール)の機能の1つに、リードスコアリングを自動で行うスコアリング機能があります。
営業活動の効率化につながるリードスコアリングは、マーケティングをする上で非常に重要な作業といえます。

しかし、MAツールのスコアリング機能とはどんなものか、そもそもリードスコアリングとは何かが分からない事業者様も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、リードスコアリングとは何か、MAツールのスコアリング機能とは具体的にどんなものかを解説していきます。
MAツールの導入をご検討中の事業者様は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • リードスコアリングとは何か
  • MAツールのスコアリング機能について

リードスコアリングとは

マーケティングにおけるリードスコアリングとは、見込み顧客の購買意欲や行動を評価し、優先順位をつけて営業活動を行うことです。

たとえば、ユーザーがある商品のページを何回かアクセスすることで、ユーザーがその商品に興味を持っているということが分かります。
そこで商品に関するメールマガジンをユーザーに配信し、資料をダウンロードしたら10ポイントとつけるといった評価をスコアリングといいます。

スコアリングしたユーザーの点数が高いほどに購買意欲が高いものと分析できるため、更なる営業活動を実施できるという仕組みです。
このように、ユーザーの行動を分析し、さまざまな情報の中から購入や商談成立といった最終的なコンバージョンにつながる見込みの高い顧客を抽出することをリードスコアリングといいます。

リードスコアリングをすることで得られるメリット

リードスコアリングをするメリットは、営業活動の効率化のほかにもいくつかあります。
以下に、リードスコアリングをするメリットをまとめました。

リードスコアリングをするメリット

  • 営業活動の効率化
  • 営業部門とマーケティング部門の連携強化
  • 見込み顧客情報の活用

リードスコアリングをすることで、購買意欲の低い見込み顧客をリストから除外し、効率的に営業活動ができます。
また、コンバージョン率の高い見込み顧客を抽出するため、営業部門はマーケティング部門に対して信頼が高まり、マーケティング部門は営業活動によってどのようにスコアリングが変化するのかを分析できます。

MAツールのスコアリング機能とは?

MAツールはユーザーの一定の行動に対して、自動でスコアリングしていく機能を持っています。
MAツールは基本的に、メール開封やwebサイト・ページへのアクセスなどデジタル的な行動を評価します。

ただしスコアリングの設定は自由にできるため、一つの項目のポイントを高く設定したり、メール未開封の場合は減点したりといった独自の設定を行うことが可能です。

スコアリングの傾向は業種や営業方法によっても全く異なるため、適宜設定の調整が必要になってきます。
営業活動の結果などを分析して、より精度の高いスコアリングの設定をしていくことが重要といえるでしょう。

スコアリングとは購買意欲の高い見込み顧客を評価し抽出すること

以上、リードスコアリングについてと、MAツールのスコアリング機能はどんなものかについて解説してきました。

リードスコアリングとは、営業活動を効率化するために購買意欲の高い順に見込み顧客に対して点数をつけ評価することです。
MAツールのスコアリング機能は、設定したユーザーのデジタル的な行動に対して、スコアリングを自動で行います。

スコアリングを効率よく行うためも、MAツールの導入を検討している事業者様も多いのではないでしょうか?
EMEAO!では、優良な MAツール提供会社を事業者様に紹介するサービスを行っているため、MAツールの導入の際にはぜひお気軽にお問合せください。

MAツールの関連記事
発注したいジャンルを選択する