2020.02.27

MAツールはBtoB向けとBtoC向けで違いがある!?各MAの5つの違いを紹介

btob2 - MAツールはBtoB向けとBtoC向けで違いがある!?各MAの5つの違いを紹介

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - MAツールはBtoB向けとBtoC向けで違いがある!?各MAの5つの違いを紹介

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。EMEAO!のコンテンツの取材、編集、ライティングを担当させていただいております。複雑な情報を分かりやすく整理し、忙しい皆様にとって読みやすい記事にまとめてご提供させていただきます!よろしくお願いします!

マーケティングオートメーションツールにはBtoB向けとBtoC向けがあるのをご存知ですか?
両者の違いを知った上でツール選定をしないと、後で導入し直すことにもなりかねません。

本記事では、BtoB向けの MAとBtoC向けのMAの5つの違いを紹介しています。
BtoB向けとBtoC向けとの違いを知らないままMAツールを導入しようとしていらっしゃる事業者様は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
・BtoB向けの MAとBtoC向けのMAの5つの違い

BtoB向けの MAとBtoC向けのMAの5つの違いとは?

BtoB向けの MAとBtoC向けのMAの違いは、以下の5つです。

MAにおけるBtoB向けとBtoC向け違いまとめ

  • 顧客の数
  • 意思決定のプロセス
  • 購買までの期間
  • リードへのアプローチの種類
  • マーケティングの手法と目的

ここからは、どんな違いなのかを1つひとつ解説していきます。

MAにおけるBtoB向けとBtoC向け違い①顧客の数

BtoB向け MAとBtoC向け MAでは、まず『顧客の数』が違います。
一般的に、BtoBの顧客数は1,000~10,000程度といわれています。
一方、BtoCの顧客数は、50,000~500,000程度といわれています。

そのため、MAツール選定の際には、取り扱い可能な顧客数にも着目しましょう。

MAにおけるBtoB向けとBtoC向け違い②意思決定のプロセス

BtoB向け MAとBtoC向け MAでは、『意思決定のプロセス』も違います。
BtoBでは組織である法人を相手にするため、複数の人間の判断を経て、部門や組織の上層部が意思決定を行うというプロセスをとります。
一方、BtoCでは、個人1人が意思決定を行います。

MAにおけるBtoB向けとBtoC向け違い③購買までの期間

上述のように意思決定のプロセスが異なることから、当然BtoB向け MAとBtoC向け MAでは、『購買までの期間』も違ってきます。
法人の場合は、会議で複数の人間が費用対効果やどれくらいの利益を生み出せるかなどを検討するため、購買までの時間が長くかかります。
一方、個人の場合は、1人の人間によって主観的に意思決定がなされるため、購買までの時間が短いです。

そのため、BtoBの場合は長期に渡って顧客情報を運用することを見据えてMAツールを選ぶ必要があります。

MAにおけるBtoB向けとBtoC向け違い④リードへのアプローチの種類

BtoB向け MAとBtoC向け MAでは、『リードへのアプローチの種類』も違います。

BtoBでは、主にメールや電話によって、リードへのアプローチを行います。
一方、BtoCでは、主にメールや各種SNSによって、リードへのアプローチを行います。

各種SNSとは、TeitterやLINE、Facebookなどです。

そのため、BtoC向けのMAツールを選ぶ際には、各配信チャネルへの配信設定を行うことが可能なMAツールを選ぶと良いでしょう。

MAにおけるBtoB向けとBtoC向け違い⑤マーケティングの手法と目的

BtoB向け MAとBtoC向け MAでは、『マーケティングの手法と目的』も違います。
BtoBでは、商談の機会をつくり出すことがマーケティングの目的です。
そのため、BtoBではMAツールを用いて、見込み顧客の育成(リードナーチャリング)を行います。

一方、BtoCでは、One to Oneで顧客と向き合うことがマーケティングの目的です。
そのため、BtoCではMAツールを用いて、顧客とのコミュニケーションを行います。

MA ツール選定の際には、BtoB向けとBtoC向けの違いを理解して自社に合ったものを選ぼう!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、BtoB向けの MAとBtoC向けのMAの5つの違いがご理解いただけたと思います。
MA ツール選定の際には、BtoB向けとBtoC向けの違いを理解して自社に合ったものを選びましょう!

「BtoB向けとBtoC向けの違いは分かったけど、具体的にどのMAを選べばいいの?」
という事業者様は、EMEAO!コンシェルジュまでその旨お伝えください!

コンシェルジュが貴社の課題やMAツール導入の目的を詳しくヒアリングし、貴社の費用対効果が最大になるようなMAツールを完全無料でご紹介させていただきます。
丸投げ大歓迎ですのでお気軽にどうぞ!

MAツールの関連記事
発注したいジャンルを選択する