2020.01.07

MAツール活用でネット経由のリードジェネレーションを得るコツ3選

8f52642f563a47d8b4c0f4c568a6f78f - MAツール活用でネット経由のリードジェネレーションを得るコツ3選

「MAツールを導入すれば、インターネット経由でのリードジェネレーションができると聞いていたのに、全然効果がない……。」
そんなお悩みをお持ちの事業者様も多いですよね。

リードジェネレーション(顧客獲得)に必要なことは、顧客の情報を集め、分析し、顧客ごとに適切なオファーを行うことです。

マーケティングオートメーションツールを用いれば、これらの作業プロセス自体は自動化できます。
しかし、インターネット経由でのリードジェネレーションをマーケティングオートメーションツールの導入で行うには、もう一歩踏み込んだ『積極的な見込み顧客獲得策』が必要となります。

そこで本記事では、インターネット経由でのリードジェネレーションに効力を発揮する、マーケティングオートメーションツール活用のコツをご紹介します。

マーケティングオートメーションツールの費用対効果を上げたい事業者様、MAツールを活用してインターネット経由でのリードジェネレーションを行いたい事業者様は、ぜひご参考になさってください。

この記事でわかること
・MAツールを用いたインターネット経由での見込み顧客獲得策

そもそもMAツールを活用してリードジェネレーションを行うコツとは何?

マーケティングオートメーションツールは、乱暴な言い方をしてしまえば、単なる情報の管理および分析ツールです。
そのため、事業者様はMAツールを利用してどんな課題を解決したいのか、また、マーケティングオートメーションツールの分析を受けて具体的にどのような施策を行うかといったことに、知恵を絞る必要があります。

そのため、MAツール活用のコツは詰まる所、どんな情報や機能を用いて、何をするべきか、を理解することが肝要となります。

基本!インターネット経由のリードジェネレーションに効果的な、具体的なMAツール活用のコツ3つを徹底しよう

マーケティングオートメーションツールの大きな強みは、とりわけインターネットを経由した見込顧客獲得の際に発揮されます。
なぜなら、自社のHPや広告への訪問者(見込み顧客)の情報を詳細に得ることは、それら単なる訪問者を顧客に変える手段を教えてくれるからです。

以下では、数あるそれらのコツの中から基本的なものを3つ、具体的に見ていきましょう。

ブラウザのCookie情報を利用し、匿名ユーザーに対してマーケティング施策を行う

プライベートDMP(データマネージメントプラットフォーム)を内蔵しているマーケティングオートメーションツールでは、ブラウザのCookie情報を取得および識別し、自社のHPや広告への訪問者の情報を蓄積することができます。

Cookieで行えることは「人や企業」の特定ではなく、「同一ブラウザ」の追跡です。
そのため、Cookieで得られる情報は、匿名ユーザーのWebサイトにおける行動履歴(閲覧履歴)となります。

匿名ユーザーのWebサイトにおける行動履歴を得ることで、それら匿名ユーザーを見込み顧客として接客することが可能となります。

具体的には、Webサイトの行動履歴(閲覧履歴)に応じて、コンテンツを出し分けしたり、リターゲティング広告、ランディングページを表示したりといった、マーケティング施策を行いましょう。

IP解析を利用し、ターゲットを分析する

IPアドレスを解析すると、どのような企業が自社の広告やWebサイトを訪問したかがわかります。
これらは前述のCookieから得られるWeb上での行動に関する匿名情報とは異なり、具体的な個人情報(企業情報)です。

自社の広告やHPを訪問した企業に対して、直接DMや展示会、セミナーの案内などを送付しましょう。

見込み顧客を育成する

MAツールを利用すれば、顧客のサイトでの行動分析ができるため、そこから顧客の検討状況を推測することが可能となります。
そういったタイミングを見計らいながら、MAツールの配信機能を利用して、上記のような見込み顧客に対して継続的なコミュニケーションをとり顧客育成を行いましょう。

インターネット経由でのリードジェネレーションを可能にするマーケティングオートメーション活用のコツは、どんな情報や機能を用いて、何をするべきかを理解し実行すること

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、MAツール活用でネット経由のリードジェネレーションを得るコツがご理解いただけたと思います。

リードジェネレーションを効果的に行うマーケティングオートメーション活用のコツは、どんな情報や機能を用いて、何をするべきかを理解し実行することです。

それらが思いつかない場合は、業者による専門的なコンサルティングを利用することで、解決できます。
自社にぴったりの業者を見つけることが重要なため、MAツール活用に興味をお持ちの事業者様は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - MAツール活用でネット経由のリードジェネレーションを得るコツ3選

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

関連記事
発注したいジャンルを選択する