2020.01.07

分析精度を高めるには?MAツール運用で注意すべきポイント2選

b2bff2527f62a84eebe8072a01467750 - 分析精度を高めるには?MAツール運用で注意すべきポイント2選

マーケティングオートメーション(MA)ツールは、あくまでツールです。
導入したからと言って、自動的に売り上げが上がったり顧客が増えたりといったことは実現しません。

マーケティングオートメーションツールは、適切な運用を行われることで分析精度が高まり、初めて本領を発揮することが可能となります。
そこで今回は、マーケティングオートメーションツールの分析精度を高めるために、運用の際に気を付けるべき2つのポイントをご紹介します。

マーケティングオートメーションの本領を発揮させたい事業者様は、ぜひ最後までお読みください。

この記事でわかること
・マーケティングオートメーションツールの分析精度を上げるために必要な、分析の土台作り方法と分析結果の利用方法

マーケティングオートメーションツールの分析精度を高めるために、運用の際に注意すべきポイント2選

以下から、マーケティングオートメーションツールの分析精度を高めるために、運用の際に気を付けるべき2つのポイントを、具体的に見ていきましょう。

運用設計を多角的に行い、PDCAサイクルを回す

マーケティングオートメーションの分析精度を高めるために、運用する際に気を付けるべきポイントの1つめは、まず、運用設計を多角的に行い、PDCAサイクルを回すことです。
運用設計とは、具体的には以下のようなものを示します。

  • ターゲットの設定
  • ゴールの設定
  • 営業アクションの設定
  • スコアリング設計
  • ホットリード定義の設計

マーケティングオートメーションの運用に一番重要な姿勢は、PDCAサイクルを回すことです。
具体的には、まず上記のような多角的な運用設計とその検証を通じて、具体的なゴールを達成できそうか、実際の現場における手応えが設計に応じたものかどうか等を確認します。
そのうえで、都度修正をかけながらPDCAサイクルを回していく、ということに常に気を付けて、マーケティングオートメーションツールを運用していきましょう。

コンテンツを作り込む

マーケティングオートメーションの分析精度を高めるために、運用する際に気を付けるべきポイントの2つめは、コンテンツを作り込むことです。

マーケティングオートメーションツールは、主にデータの収集および管理、分析の自動化を行うツールです。
そのため、まずはコンテンツを作り込み、分析に必要な最低限の訪問者を呼びこみ、情報を収集しなければ何も始まりません。

また、ホットリードを見極めるにしても、それらを計れるだけの細分化したコンテンツを用意しなければ不可能です。
ここで注意しておきたいのは、コンテンツを作りこむとは、ただ単に量産すればいいというものではないということです。
分析を行うには、適切なカードの切り方があります。
いくつものパターンを想定し、仮説を立て、検証して初めて、正しい分析を行うだけの手札が揃います。

マーケティングオートメーションツールが本領を発揮するポイントはいくつかありますが、その中でもとりわけ、中・長期的なデータの蓄積によるダイナミックな分析が行えることは重視すべきです。
なぜなら、それこそがビジネスの発展を根幹で支えてくれるからです。
そして同時に、PDCAサイクルを回すための歯車や栄養源でもあります。

そのため、コンテンツを作りっぱなしにせず、改善をつづけながら、コンテンツを作りこんでいくことで、マーケティングオートメーションツールをより効果的に運用する土台を築いていきましょう。

マーケティングオートメーションツールの運用で注意すべき事柄は、分析の土台作りと分析結果の反映による改善行動

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、マーケティングオートメーションツールの分析精度を高めるために、運用の際に注意すべき2つのポイントがご理解いただけたと思います。

マーケティングオートメーションツールの分析精度を高めるために、運用の際に注意を払わなければならないのは、分析の土台作りと分析結果の反映による改善行動です。

しかしこれらを行うには、専門的なマーケティングの知識や経験が必要です。
もし自社のリソースに満足できていない場合や、さらなる改善策、あるいは問題の解決策をお探しの場合は、ぜひEMEAO!にご相談ください。

コンシェルジュが丁寧なヒアリングを行い、貴社にぴったりのマーケティングオートメーションツールをご紹介いたします。

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - 分析精度を高めるには?MAツール運用で注意すべきポイント2選

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

関連記事
発注したいジャンルを選択する