2019.10.28

クレジットカードの人気国際ブランド7社の特徴を紹介

f4f77ea82815e0e8f95e7478d632964f - クレジットカードの人気国際ブランド7社の特徴を紹介

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - クレジットカードの人気国際ブランド7社の特徴を紹介

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。EMEAO!のコンテンツの取材、編集、ライティングを担当させていただいております。複雑な情報を分かりやすく整理し、忙しい皆様にとって読みやすい記事にまとめてご提供させていただきます!よろしくお願いします!

海外観光客の多い地域の事業者様や、海外に向けての販売を検討しているECサイトの運営者様には、国際ブランドのクレジットカードでの決済も導入したいとお考えの方も多いことでしょう。
しかし、多数あるブランドの中からどこのカードを取り扱うか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、各クレジットカード国際ブランドの特徴について解説していきます。
海外のお客様に商品・サービスを提供したい事業者様は、ぜひご一読ください!

この記事でわかること
  • クレジットカードの人気国際ブランドにはそれぞれどんな特徴があるのか

クレジットカードの人気国際ブランドの特徴とは

それではさっそく、クレジットカードの国際ブランドについて、特に人気な7社の特徴をご紹介していきます。

国際ブランド①VISA(ビザ)

VISAは、世界シェア・日本シェア共にNo.1世界シェアの56%を占める国際カードブランドです。

なぜこれほど利用者数が多いかというと、知名度の高さに加え、世界の約4,000万店での支払いに利用でき、海外のATMでのキャッシングも可能だから。
また、VISAカードは他の国際ブランドと異なり、『VISA社』自体がカード発行を行うのではなく、各企業が『VISAブランド』のライセンス提供を受けてVISAカードを発行しています。
そのため、世界中で多くの企業が『VISAブランド』のカードを発行しており、クレジットカードの中でも比較的に審査が通りやすいといわれています。

国際ブランドのクレジットカードでの決済をはじめて導入するのであれば、まずは世界・日本ともにシェア率がNo.1のVISAはおさえておきましょう。。

参照:The Nilson Report 

国際ブランド②MasterCard(マスターカード)

MasterCardは、50年以上の歴史を持ち、取引件数のシェアはVISAに続く26.17%を占める国際カードブランドです。
購入量(purchase volume)はクレジットカード業界最高の成長率を記録しており、加盟店数もVISAと並ぶ業界トップレベル。
これほど人気な理由は、優待サービスや海外決済時のレートが良いことでも知られているからです。

国際ブランドのクレジットカードでの決済をはじめて導入する事業者様には、より多くの顧客層をカバーできるように、VISAとあわせてMasterCardでの決済も導入することをおすすめします。

参照:The Nilson Report 

国際ブランド③銀聯(ぎんれん)

銀聯(ぎんれん)は、中国国内の主要金融機関が共同で設立した国際カードブランドです。
銀聯(ぎんれん)カードは日本ではまだそれほど知名度が高くないかもしれませんが、中国では必需品とまでいわれています。

中国観光客の多い観光地に店舗を出している事業者や、中国人向けのECサイトを運営する事業者には、銀聯カードでの決済を導入することをおすすめします。

国際ブランド④Diners Club(ダイナースクラブ)

Diners Clubは、世界で初めて創設された歴史あるクレジットカード会社です。

他の国際ブランドに比較して高額な年会費を支払うことで、カード保有者はさまざまな特典を受けることができます。
世界185以上の国と地域で利用することができ、加盟店の数は3,000万を超えますが、提携する企業は一流企業のみ。
そのため、カード保有者に高いステータスを示すカードとしても有名です。

富裕層向けの商品やサービスを扱う事業者であれば、Diners Clubの提供するカードでの決済を導入することをおすすめします。

国際ブランド⑤JCB (ジェーシービー)

株式会社JCBは、1961年に創設された日本唯一の国際カードブランドです。
世界シェアはそれほど高くはありませんが、日本人が利用する国際ブランドの中では2番目に利用されています。

国内外どちらのお客様にも商品・サービスを提供していきたいのであれば、JCBのクレジット―カードでの決済を導入することをおすすめします。

参照:Ipsos「クレジットカード利用実態調査」

国際ブランド⑥American Express(アメリカン エキスプレス)

American Expressは、世界的に高いステータスを示すと認知されている国際カードブランドです。
全世界のカード会員数は7,800万人ほどですが、富裕層に人気が高いという特徴があります。

なぜステータスを示すといわれているかというと、日本で初めてゴールドカードを発行し、現在も世界最高峰といわれているブラックカードも発行しているからです。
また、会員が受けられる支払い以外のサービスが充実しているという理由もあります。

自社のブランディングを強化したい事業者様や、高額商品およびサービスの販売機会を拡大したいという事業者様には、American Expressのクレジット―カードでの決済を導入することをおすすめします。

国際ブランド⑦Discover Financial Services(ディスカバー フィナンシャル サービス)

Discover Financial Servicesは、2015年に国際ブランド入りを果たしたアメリカ合衆国のクレジットカード会社です。

日本国内ではライセンス契約を結んでいる企業が存在しないためカードの発行が行われておらず、日本人の保有者はかなり少なめ。
一方で海外の人々、特にアメリカ人には保有者が多いカードです。

日本国内における加盟店数は少ないため、他店との差別化したいという事業者様には、Discoverカードでの決済を導入することをおすすめします。

各国際クレジットカードブランドの特徴から、どのカードでの決済を導入するかを判断しよう!

今回は7つの国際カードブランドについて紹介してきました。
世界シェア率でいえばVISAやMasterCardが高いですが、中国では銀聯、アメリカならDiscover、日本ならJCB、富裕層にはDinersClubやAmerican Expressが人気です。
ぜひ、自社にとってどのクレジットカード決済を導入する必要があるか判断する材料としてご活用ください。

「どのブランドにするか決めたので、さっそく契約の手続きを進めたい!」
という事業者様には、決済代行業者を利用してのクレジットカード決済の導入がおすすめ。
決済代行業者に任せておけば、面倒な作業を少なくし、審査通過率も上げることができます。

EMEAO!では第三者機関の審査をクリアした優良な決済代行業者をご紹介しています。
コンシェルジュにご相談いただければ、その中でも特に要望にピッタリな業者をピックアップさせていただきますので、ぜひお気軽にEMEAO!をご利用ください。

決済代行の関連記事
発注したいジャンルを選択する