2019.08.23

防犯カメラの効果的な使い方とは?5つの設置場所別に解説

60aff27d94801ced866b5d22855417e1 - 防犯カメラの効果的な使い方とは?5つの設置場所別に解説

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - 防犯カメラの効果的な使い方とは?5つの設置場所別に解説

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

「どこに防犯カメラを設置したらいいのか分からない」
そうお悩みの事業者様も多いのではないでしょうか?

防犯カメラというと、玄関や天井に取り付けられている様子をイメージしがちですが、実は他にも様々な設置場所があります。

そこで本記事では、防犯カメラの効果的な使い方を5つの設置場所別に解説します。
これから防犯カメラを設置しようとお考えの事業者様は、ぜひ参考にしてください!

この記事でわかること
  • 防犯カメラの設置場所別の効果的な使い方

防犯カメラの効果的な使い方ができる設置場所とは?

以下からは、防犯カメラの効果的な使い方を5つの設置場所別にそれぞれ紹介していきます。

効果的な使い方①玄関/エントランスへの設置

玄関・エントランスへの防犯カメラ設置は、空き巣や強盗、不法侵入などの犯罪抑止に効果的です。
なぜなら、一番目立ちやすい玄関への防犯カメラ設置は、侵入者への威嚇になるからです。

犯罪者は当然のことながら、自らの罪が発覚することを恐れます。
犯罪行為の証拠を記録するための防犯カメラが設置されているのを見れば、たいていの犯罪者は侵入をあきらめるはずです。

さらに玄関への設置効果をより高めるためには、
「ここに防犯カメラがあります!」
ということが分かるよう、玄関の中でも特に目立つ位置に設置するようにしましょう。

効果的な使い方②駐車場/駐輪場への設置

駐車場や駐輪場に防犯カメラを設置する効果とは?

駐車場や駐輪場に防犯カメラを設置する効果とは?

駐車場や駐輪場への防犯カメラ設置は、車上荒らしや自転車の盗難の対策として効果的です。

また、空き巣や強盗といった侵入者の特定にも役立てられます。
犯罪者の移動手段が車やバイクだった場合、防犯カメラにナンバーが映っていれば、犯人を特定して逮捕してもらえる可能性が高まるわけです。

犯人特定のための証拠を残すために、ナンバーが読み取れる画質のカメラを、ナンバーがしっかりと映る位置に設置しましょう。

効果的な使い方③天井への設置

室内の天井に設置する防犯カメラは部屋の全体を映すことができるので、監視に最適です。
防犯カメラの映像を別室のモニターでリアルタイムに確認すれば、万引き犯や商品にいたずらをする犯人をすぐにつかまえることができます。

天井に設置された防犯カメラは、従業員の動きを確認するのにも役立てられます。
従業員の勤務態度をチェックすることはもちろん、より仕事の効率を上げるのはどうしたらいいか考える際の検討材料として使われている例もあります。

また、お客様と従業員の間で
「~と言いましたよね?」
「そんなこと言っていません!」
といったトラブルが起こった際にも、防犯カメラの映像を見てどちらの言い分が正しいかを検証することができます。

効果的な使い方④棚の裏など室内の見えづらい場所への設置

玄関のようにわざと目立つ場所に防犯カメラを設置することもある一方、棚の上など気付かれにくい場所にいわば“隠しカメラ”として設置することもあります。

気付かれにくい場所に設置したカメラは、
「社内で金銭などが定期的に盗まれているが、犯人が特定できない」
「個人情報を漏洩している人がいるようなので、証拠を押さえて言及したい」
といった場合に役立ちます。

隠しカメラとして使われる防犯カメラは見つかりにくいように小型化されていますが、さらに普段から置かれている段ボールや使っていない機器などを利用して周囲をカバーすると、より気付かれにくくすることができます。

効果的な使い方⑤エレベーターの中への設置

エレベーターに防犯カメラを設置する効果とは?

エレベーターに防犯カメラを設置する効果とは?

エレベーターへの防犯カメラ設置は、痴漢や恐喝といったエレベーター内での犯罪行為を抑止する効果があります。

犯罪行為への抑止効果を高めるために、エントランスなどにエレベーター内の様子を映し出すモニターを設置するという工夫もできます。
不審者はエントランスに入ってすぐモニターを見て
「エレベーターに乗ると防犯カメラに映ってしまう」
と気づき、引き返していくでしょう。

万が一、犯罪行為が起こった場合も、防犯カメラが記録した映像を証拠として犯人をつかまえることができます。

防犯カメラは設置場所ごとに目的に合ったものを選ぼう!

以上、防犯カメラの定番の設置場所と、効果的な使用方法についてご紹介しました。

一口に防犯カメラといえども、使い方はさまざま。
犯罪抑止から犯人特定、従業員の管理などいろいろな用途に使うことができます。

なぜ防犯カメラを設置するのかによって最適な設置場所を考えましょう。

「自社の防犯カメラ設置目的にぴったり合う設置場所が知りたい」
「効果的な場所に防犯カメラを設置してほしい」
そうお思いの事業者様は、ぜひEMEAO!にお問い合わせください。
コンシェルジュに一度ご相談いただければ、第三者機関の審査を通過した優良な防犯カメラ設置業者の中から、ご要望にピッタリな業者をピックアップして無料でご紹介いたします!

防犯カメラの関連記事
発注したいジャンルを選択する