2019.08.23

防犯カメラの導入方法、レンタル・リース・購入それぞれのメリット

b36c1711234f6db08a8a18b484cd24bb - 防犯カメラの導入方法、レンタル・リース・購入それぞれのメリット

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - 防犯カメラの導入方法、レンタル・リース・購入それぞれのメリット

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集とインタビュワーをさせていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

建物の使用者のトラブルや要望などをきっかけに、防犯カメラの設置を考えている管理者様やがまず悩むことになるのは、導入方法についてではないでしょうか。

「防犯カメラを導入したいけれど、レンタルとリース、購入のどれがお得なんだろう?」
「レンタルとリースでは何が違うの?」
そんな悩みをお持ちの管理者様のために、本記事では導入方法ごとのメリットをご紹介します。

この記事でわかること
  • 防犯カメラをレンタルするメリット
  • 防犯カメラをリースするメリット
  • 防犯カメラを購入するメリット

防犯カメラをレンタルするメリット

まずは防犯カメラをレンタルするメリットからご紹介します。
レンタルで導入するメリットは、全部で3つあります。

メリット①短期間での利用においてコストパフォーマンスに優れている

短期間での利用においては最もコストパフォーマンスが優れている導入方法はレンタルです。
たとえば1日だけのイベントやお試しでの設置なら、レンタルが向いています。

レンタル会社によっては、設置から撤去まですべて料金内で任せることもできます。
また、たいていは故障してしまったときのための保証金もレンタル料金に含まれています。

メリット②最新機種を試せる

「いろんな機種があって選べないな…」
「最新機種にはどんな機能があるんだろう」
そんなお悩みもレンタルで解決できます。

レンタルであれば、いろいろな機種を試してみることができます。
最新機種を取り扱っているレンタル業者もありますので、ぜひチェックしてみてください。

メリット③解約しやすい

レンタルの場合、自由に途中解約をすることができます。
違約金も発生しません。

一方、リースの場合は契約期間内の途中解約は基本的に不可能です。
解約できたとしても、違約金を払わなければいけません。

使用期間がはっきりと決まっていない、もしくは状況によっては予定よりも早く解約したいのならば、レンタルを選択するといいでしょう。

防犯カメラをリースするメリット

次に、防犯カメラをリースするメリットを3つご紹介します。

メリット①初期費用をおさえられる

「防犯カメラを導入したいけれど、お金に余裕がない」
そういった場合は、リースでの導入がおすすめです。

初期費用は全てリース会社が負担してくれるので、月額料金を支払いさえすれば防犯カメラを導入することができます。
新規立ち上げをされた場合など、限られた予算をひとまず他のことに回したいという時にはおすすめの導入方法です。

メリット②メーカーの保証期間外でもリース会社が対応してくれる

長期間防犯カメラを使い続けていると、故障したときに、メーカーの保証期間を過ぎていて修理費用が高額になってしまうということがあります。
しかし、リースをしている場合は、その心配はありません。

月額料金には、たいてい保証料が含まれています。
そのため、メーカーの保証期間を過ぎてから故障してしまっても、リース会社が修理の対応をしてくれます。
また、修理をせずに廃棄する場合もリース会社に対応してもらえます。

メリット③企業の場合、財務上で購入よりも有利になる

企業の場合、リースで防犯カメラを設置するとなると、財務上は融資を受けての機材購入と同じと見なされます。

また、金融機関からの借入枠には見なされないため、資金調達の余力を残しておけます。

防犯カメラを購入するメリット

最後に防犯カメラを購入するメリットをご紹介します。
防犯カメラを購入するとなると導入費用は高くなりますが、長期的な目で見ればレンタルやリースよりも費用が安く済みます。

レンタルやリースならば初期費用なく導入できますが、利用料金がかかります。
ある一定期間を過ぎたら利用料金の総額が購入費を超えてしまうため、レンタルやリースよりも購入したほうが得になるというわけです。

レンタル、リース、購入それぞれのメリットを把握して最適な方法で防犯カメラを導入しよう!

以上、防犯カメラを購入、レンタル、リースで導入する際それぞれのメリットをご紹介しました。

防犯カメラは設置期間や目的、予算などによって、最適な導入方法が変わってきます。
初めて防犯カメラを設置するのであればレンタルで試してみて、引き続き長期間設置をしたいということになれば購入やリースをするのもいいでしょう。

「うちの建物の場合はどの導入方法がいいのか判断できない…… 」
「防犯カメラをレンタルで導入したい」
このように思われた管理者様はぜひEMEAO!にお問い合わせください。
導入方法に関するアドバイスから、ご希望の導入方法に対応可能な防犯カメラ業者のご紹介まで、コンシェルジュが無料でサポートいたします!

防犯カメラの関連記事
発注したいジャンルを選択する