2019.08.23

防犯カメラを設置する際に気を付けたい3つのポイント

Comedian Photo YouTube Thumbnail - 防犯カメラを設置する際に気を付けたい3つのポイント

防犯カメラを導入する際に、費用をおさえるために自分で設置をしようとされている方もいるでしょう。
また、設置は業者に依頼するが、任せっきりにはしたくないという方もいるのではないでしょうか。

本記事では、防犯カメラの設置を自分でしたい、もしくは業者と設置につてしっかりと相談したいという方向けに、設置時に注意すべき4つのポイントをご紹介します。
ぜひ設置をする際の参考にしてください。

防犯カメラを設置する際、気を付けておきたい3つのポイント

1.効果的な設置場所を考える

まず重要なポイントは、防犯カメラを設置する場所です。

例えば、目立たない位置に設置してしまうと、犯人が防犯カメラの存在に気づきません。
犯人が防犯カメラの存在に気付かなくてもその行為を記録することはできますが、犯罪行為そのものを抑止する効果は発揮できません。

また、見当違いの場所に取り付けていては、映像を証拠にすることもできません。
被害を防ぐために、空き巣や盗難などの被害に遭いやすい、玄関、窓、エレベーター、駐車場、金庫やレジ付近などに防犯カメラを設置しましょう。

さらに、死角が発生しない位置に、どの角度で取り付けるかにも十分注意する必要があります。
設置場所別の得られる効果についての解説はこちらの記事をご確認ください。

防犯カメラは設置するだけでも犯罪抑制に役立ちますが、ひと工夫加えることでさらに効果をアップすることができます。

例えば、店舗に設置する場合、現在映っている防犯カメラの映像をそのまま流すのも効果的です。
自分の姿が映っている様子を見せつけられたら、犯人も諦めようという気持ちになるでしょう。

また、「防犯カメラ作動中」と書かれたステッカーを貼ることでも、防犯カメラの存在をアピールすることができます。

2.プライバシー問題を意識する

防犯に役立つ防犯カメラですが、プライバシーの侵害だとクレームがくるリスクもあります。
そのため、防犯カメラを設置する際にはプライバシー問題を意識しましょう。

例えば、施設内の防犯に役立てるのであれば、敷地外は映らないように配慮するべきです。
敷地内だけを映すのであれば、関係ない人たちのプライバシーを守ることができます。

また、施設の利用者のプライバシーにも配慮が必要です
設置をする際には事前に説明をしておきましょう。
不特定の人が利用する場所であれば、張り紙などを利用して周知させるという手もあります。

3.市町村ごとのガイドラインを確認する

防犯カメラの設置には市町村ごとに、プライバシー順守のためのガイドラインがあります。
そのため、設置前には必ず属している自治体のガイドラインを確認しましょう。

例えば、神奈川県川崎市においては、下記の事項が記載されています。

神奈川県川崎市の例

  • 設置目的を明確化する
  • 必要に応じて、防犯カメラの管理運用責任者を任命する
  • 防犯カメラが設置されていることを分かりやすく記載する
  • 記録の保存期間は原則、1カ月以内

参照:川崎市HP 川崎市防犯カメラの設置及び運用に関するガイドラインについて”

3つのポイントに気を付けて、防犯カメラを設置しよう!

以上、防犯カメラを設置する際に気を付けたいポイントを4つ紹介しました。

防犯カメラの効果を最大限高め、さらにプライバシー問題に関わるトラブルが起こるリスクを減らすために、以上の3つに気を付けて適切な方法で設置しましょう。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - 防犯カメラを設置する際に気を付けたい3つのポイント

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00
関連記事
発注したいジャンルを選択する