2019.09.05

【最新】AIを活用した万引き防止の防犯カメラシステムについて解説します!

e01fb877d3ac6a777109af1cecc3dd70 - 【最新】AIを活用した万引き防止の防犯カメラシステムについて解説します!

万引きが日本の小売業界に与える影響の大きさを知っていますか?
日本の小売業界における年間の万引き被害額は以下のように推定されています。

2010年10月14日、警察庁、法務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省と、民間31団体が参加した「万引防止官民合同会議」の席上で全国的に見た万引きによる被害額は4,615億円※(1日あたり12.6億円)と推定すると発表されました。
引用元:特定非営利活動法人 全国万引犯罪防止機構HP

これだけ大きな被害を、黙って見過ごすわけにもいかないですよね。
そこで、万引きに悩む皆さまのために新たに登場したのが“AIシステムを組み込んだ防犯カメラ”です。

本記事では、AIシステムを組み込んだ最新の防犯カメラについて、くわしく解説していきます。
万引き対策を万全にしたいという方は、ぜひ本記事を最後まで読んで、導入を検討してみてください!

万引き防止AIシステムを兼ね備えた防犯カメラとは?

まず、“万引き防止のAIシステムを組み込んだ防犯カメラ”は具体的になにをしてくれるのかをご紹介します。
この最新カメラは、危険行動や不審行動(万引き等)などを検知し、店舗スタッフに通知してくれるのです。

AIを使った万引き防止システムは、従来のシステムとは異なり、明らかな不審行動以外の複雑な動きも検知できます。
なぜなら、クラウドを介して膨大な動画データを保存し、リンクした分析ツールで
「どのような人がどのような行為を通じて万引きに至ったのか」などを解析してデータを蓄積していくことができるからです。

AIシステムを組み込んだ防犯カメラ導入のメリット

では、この最新カメラを導入することによってどんな効果が期待できるのでしょうか?
ここでは4つの設置メリットをご紹介します。

メリット①声掛けによる万引きの防止

万引き防止には店舗スタッフの声掛け等が効果的とされていますが、店舗スタッフは他に仕事があるので、常に店内に目を配っていられるわけではありませんよね。
そこで、AIシステムを組み込んだ防犯カメラの出番です!

防犯カメラが危険行動や不審行動をとらえたら、すぐに店舗スタッフのスマートフォンにインストールされた専用アプリに通知が入ります。
店舗スタッフは通知があったときにだけ、不審な人物である可能性のあるお客様に
「どうされましたか?」
と声をかければいいのです。

声をかけられた人物は、もし万引きを企んでいても、諦めてお店を出て行くことでしょう。

メリット②人件費の削減

万引き防止のため、警備員やガードマンを雇っている会社も多いのではないでしょうか。
また、万引き対策のために多めのスタッフを配置しているケースもあるでしょう。

AIシステムを兼ね備えた防犯カメラを稼働させることによって、警備員やガードマン、余分に配置したスタッフなどの人件費を削減することができます。

メリット③サービス品質の向上

実は、AIシステムを組み込んだ防犯カメラは、万引き目的の不審人物だけではなく商品を探しているお客様も素早く検知してくれます。

スマートフォンで通知を受け取った店舗スタッフがすぐに困っているお客様の元に行って声をかけることにより、今まで以上に高い品質のサービスを提供できるようになります。

AIシステムを組み込んだ防犯カメラを導入して、万引き犯を撲滅しよう!

本記事では、万引きの防止に有効なAIシステムを組み込んだ最新の防犯カメラをご紹介しました。

万引き被害にお困りの方は、ぜひAIシステムを組み込んだ防犯カメラの導入を検討してみてください。
また、導入する際にはお客様に対するサービスの向上にも役立ててみましょう。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - 【最新】AIを活用した万引き防止の防犯カメラシステムについて解説します!

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00
関連記事
発注したいジャンルを選択する