2019.10.25

防犯カメラのハードディスクを選ぶ際の3つのポイント

27681f02f5215bc4576aed94814080ab - 防犯カメラのハードディスクを選ぶ際の3つのポイント

防犯カメラを導入する事業者様や建物の管理者様は、ついつい防犯カメラ本体の機種選びだけに集中してしまいがち。
しかし、防犯カメラを運用していくためには、ハードディスクも必須です。

ハードディスクとは、防犯カメラで撮影したデータを録画・再生する装置のことです。
せっかく防犯カメラにて決定的瞬間を撮影できたとしても、ハードディスクがなければ撮影した画像を保存して後で確認することができません。

では、いったいどのような点に注意してハードディスクを選択すればいいのでしょうか?
本記事では、ハードディスクを選ぶ際に確認したいポイントをご紹介します。
これから防犯カメラを導入する予定のある事業者様や建物の管理者様は、ぜひ最後までご覧ください。

防犯カメラのハードディスク選びで注意するポイントとは?

それでは、防犯カメラのハードディスクを選ぶ際のポイントを3つご紹介していきます。

ポイント①カメラの接続台数

ハードディスクを選ぶ前にまず確認しておきたいのは、何台の防犯カメラを接続する予定かというポイントです。
ハードディスクによって、設置可能な防犯カメラの台数が異なるからです。

一般的に接続可能なカメラの台数のことを“チャネル数”と呼び、4、8、16といったチャネル数が一般的です。
近年は、チャネル数が100以上のハードディスクも登場しています。

チャネル数の多いハードディスクに複数台のカメラを接続すれば、ハードディスクの数は少なくすることができます。
ただし、1つのハードディスクに多数のカメラを接続したら、1台当たりのカメラの録画映像の保存期間は短くなるので気を付けてください。

ポイント②録画容量

録画容量も、ハードディスク選びにおいて欠かせないポイントです。

カメラが1台しかなく、そこまで長時間の録画が必要でなければ、大容量である必要はありません。
一方、複数台のカメラを設置したかったり、長時間の録画データを保存したかったりする場合は、ある程度の録画容量がないとすぐにデータがいっぱいになってしまいます。

録画容量は、動体検知機能(人やモノなどが動いたときだけ撮影・録画する機能)を使用したり、画質を落としたりと工夫をすることで、ある程度節約することも可能です。
ただし、節約できる容量にも限界があるので、余裕をもって容量が大きめのハードディスクを選ぶといいでしょう。

ポイント③画素数

「せっかく防犯カメラを導入するのだから、見落としのないよう高画質なカメラを選ぼう!」
そう考えている事業者様や建物の管理者様は、ハードディスクの画素数にも注意する必要があります。

高画質の防犯カメラを購入したとしても、ハードディスクの画素数が対応していなければ、保存する際に画質が落ちてしまいます。
ハードディスクを選ぶ前に、防犯カメラの画素数を確認しておきましょう!

防犯カメラを導入する際は、ハードディスク選びも慎重に!

以上、防犯カメラのハードディスクを選ぶ際の3つのポイントをご紹介してきました。

防犯カメラを設置する際、ハードディスク選びはカメラ選びと同じくらい重要です。
防犯カメラの性能が高かったとしても、ハードディスクがカメラに見合う性能でなければ、カメラは本領を発揮できません。

防犯カメラを購入する際は、本記事で紹介した3つのポイントを意識して、慎重にハードディスクを選んでください!

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - 防犯カメラのハードディスクを選ぶ際の3つのポイント

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する