2019.10.29

BOX型カメラとは?4つの特徴を紹介

f1d58cdf153ceca99000f20590890410 - BOX型カメラとは?4つの特徴を紹介

防犯カメラの一種である“BOX型カメラ”を知っていますか?
名前は聞いたことがないかもしれませんが、じつは街中でもよく見かける、最もメジャーなタイプの防犯カメラです。

ここでは、BOX型防犯カメラの特徴について、くわしく解説します。
これから防犯カメラを導入するご予定の事業者様や建物の管理者様は、ぜひ機種選びの参考にしてみてください。

BOX型防犯カメラってどんな特徴のある防犯カメラなの?

BOX型カメラとは、箱のような四角い形をしている防犯カメラのことを指します。
防犯カメラといわれると、BOX型カメラを想像する人が多いはず。

以下、さらにくわしくBOX型防犯カメラについて知っていただくために、4つの特徴をご紹介します。

特徴①目立つ形をしている

BOX型カメラは“防犯カメラ”として最も認識されている形状であり大きさも存在感があります。
そのため、設置をしていると近づいた人間に、防犯カメラが設置されているというアピールをすることができます。

存在感のあるBOX型カメラを建物の出入り口や駐車場などに設置すれば、自らの姿が映ることを恐れる不審者を追い返すことができるでしょう。
近年は不審者への威嚇を目的として、録画機能のないダミーのBOX型カメラを設置するケースも増えています。

一方で、屋内に設置すると威圧感を与えてしまい、その空間の雰囲気を壊してしまうという短所にもなります。
レストランの座席付近やオフィスの応接室のように、利用者にリラックスしてほしい空間への設置には向いていません。

特徴②カメラのレンズを取り外しできる

BOX型カメラにおいては、基本的にカメラのレンズの取り外しができるようになっています。
そのため、設置環境や目的によってレンズを交換することが可能です。

たとえば、店内の様子を幅広く監視したい場合は広角レンズを、出入りする一人一人の顔をしっかり確認したい場合は望遠レンズを、といった具合にレンズを選ぶといいでしょう。

特徴③高性能なカメラが多い

BOX型カメラは最もポピュラーなタイプの防犯カメラであることもあり、種類が多く、シチュエーションに合わせて、最適な機種を選択できます。
様々な機種がありますが、他のタイプの防犯カメラに比べると高性能な機種が多くなっています。

たとえば、雨風にさらされる屋外に設置できるように防水・防塵加工がされていたり、夜間対応、逆光に強い、100メートル先でも見えるといった機能を備えた機種が珍しくありません。
色々な機能がついている防犯カメラを設置したいのであれば、BOX型カメラに絞って探して
みるとすぐに見つかるでしょう。

BOX型カメラの特徴が設置目的や設置環境にあっているか考えてみよう!

以上、BOX型カメラの特徴をくわしく説明してきました。
BOX型カメラはいったいどんな目的や設置環境での設置に向いているのか、ご理解いただけたでしょうか?

防犯カメラの機種選びに迷っている事業者様や建物の管理者様は、ぜひ本記事を参考にしてみてください!
「他のタイプの防犯カメラの特徴についても知りたい!」
そう思われた方は、ぜひ以下のページもあわせてご覧ください。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - BOX型カメラとは?4つの特徴を紹介

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する