2019.10.10

翻訳におけるクロスチェックとは

39f957d97cc8d42ead0ee4d6db0c7eab - 翻訳におけるクロスチェックとは

翻訳におけるクロスチェックとは、翻訳された文章に誤りなどがないかを確認することです。

オリジナルの文章と翻訳された文章を照らし合わせ、スペルミス、誤訳、翻訳漏れを探します。
特に公的文書や信頼性が必要になる文書では、翻訳後ネイティブチェックからクロスチェックを行います。
翻訳を行っている企業によっては、ネイティブチェック・クロスチェックどちらかだけを行うプランを設けていることもあります。

この記事を書いた人

h okamoto 300x300 - 翻訳におけるクロスチェックとは

カスタマーサクセス 岡本

カスタマーサクセスの岡本こと「オカハル」です。営業職とWEBディレクターを経験し、現在はEMEAO!のカスタマーサクセスでみなさまにSuccessをお届けしております。お問い合わせいただいたみなさまの声を社内で共有し、お役に立てるような情報を発信しています!よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

翻訳証明書とは
翻訳代行

2019.10.11

翻訳証明書とは

人間翻訳とは
翻訳代行

2019.10.09

人間翻訳とは

技術翻訳とは
翻訳代行

2019.10.08

技術翻訳とは

原文ベースとは
翻訳代行

2019.10.28

原文ベースとは

発注したいジャンルを選択する