2019.08.13

コードレスビジネスホンのメリット・デメリットを有線のビジネスホンと比較解説します

df75da066f72e0bad048ea6b9471aae5 1 - コードレスビジネスホンのメリット・デメリットを有線のビジネスホンと比較解説します

ビジネスホンは家庭用の電話機にはない様々な機能を有していますが、中でも利便性に優れるものがコードレスビジネスホンです。
コードレスの名のとおり、無線接続できるため受信可能範囲内であれば場所を問わずに電話できるのですね。

今回の記事では、こうしたコードレスビジネスホンを有線のビジネスホンと比較してみます。
コードレスにも有線にもそれぞれ良い点があるので、あなたの会社のニーズに合わせて選んでみてください。

たかが電話ですが、会社に合ったものを用意することでビジネスの効率を大きく変える可能性を秘めています。

コードレスビジネスホンのメリットとデメリット

コードレスビジネスホンのメリットとデメリット

はじめにコードレスビジネスホンのメリットとデメリットについて確認してみましょう。
コードレスということで大まかなメリットは想像できるでしょうが、確認していくと意外なメリットがあるのです。

メリット

コードレスビジネスホンのメリットをまとめると以下のとおりです。

  • 受信可能範囲内であればどこでも電話をすることができる
  • コードがからまるなどの煩雑さがない
  • 本体が小さいため机のスペースを有効活用できる
  • 設置場所に制約がないためオフィスレイアウトの自由度が広がる

このようにコードがないだけで、様々なメリットが生まれるのです。
特に電話しながらオフィス内を移動できるため、会議室への移動中もクライアントと話せるなど仕事の効率は高まるでしょう。

また意外性のあるメリットとしては、オフィスレイアウトの自由度が広がるものがあります。
オフィス移転や模様替えの際に、電話線による制約がなくなるためより仕事しやすい形に机を配置しやすくなるのです。

デメリット

続いてコードレスビジネスホンのデメリットを確認していきましょう。

  • 無線を使うためのアンテナの設置が必要
  • 無線範囲に注意が必要
  • 本体が小さいため操作性が悪い

コードレスビジネスホンは無線用の電波を使って通信することになるので、そのためのアンテナの設置が必要になります。
またオフィス全域をカバーするためには、広さにもよりますが複数の無線機が必要となるでしょう。

その上で、コードレスビジネスホンの大きなデメリットは、本体が小さいゆえに操作性が悪いという点です。
そもそもビジネスホンは一般電話にはない複数の機能を有しているところに高い利便性があるのですが、本体が小さくなりがちなコードレスビジネスホンの場合はボタンも小さくなるため操作性が犠牲になるケースが多いのですね。

コードレスビジネスホンにこうしたデメリットがあることは頭に入れておいてください。

有線のビジネスホンとの比較

コードレスビジネスホンのメリットとデメリット

コードレスビジネスホンのメリットとデメリットを確認したところで、続いては有線のビジネスホンとの比較をしてみましょう。
有線のビジネスホンのメリット・デメリットは以下の通りです。

コードレスビジネスホン
有線のビジネスホン

メリット

  • 本体が大きいため操作性が高い
  • 機能ボタンが多い

デメリット

  • コードがからまるなどの煩雑さがある
  • 机の上に占める範囲が広くなる
  • 配線によるレイアウトの制約がある

このようにコードレスビジネスホンと有線ビジネスホンのメリット・デメリットは対の関係にあります。

一見するとコードレスビジネスホンの方がメリットは多いように感じますが、机が広く、また机にいるときにしか電話しないのであれば有線のビジネスホンの方が便利です。
本体が大きく複数のボタンを配置できるため、より多くの機能をワンタッチで使えるのが有線のビジネスホンなのですね。

このようにコードレスビジネスホンと有線のビジネスホンについては、それぞれの特徴を把握した上で、あなたの勤務環境に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。

コードレスビジネスホンが向いているケース

それでは最後にコードレスビジネスホンが向いているケースを紹介しましょう。
あくまで一例ですが、以下のような場合はコードレスビジネスホンがおすすめです。

  • オフィス内での資料探しなど、席を離れながら電話することが多い
  • 倉庫内を移動しながら働いている
  • クライアントや顧客からの電話の頻度が高い
  • フリーアドレスのオフィスである
  • オフィスの席替えや模様替えが多い

ここ最近流行しているのフリーアドレスのオフィスのような場合はコードレスビジネスホンがよいでしょう。
電話機を多用する場合、それぞれの人物がボタンで呼び出すことのできる機能を変更している場合もあるので、自分専用のビジネスホンを常に使えることで仕事の効率が上昇するはずです。

あなたも自身の働き方に合わせて、コードレスビジネスホンが合うか否かを確認してみてくださいね。

持ち運びができる手軽さがコードレスビジネスホンのメリット!

業務内容に合った選び方をおすすめします

今回の記事では、コードレスビジネスホンのメリットとデメリットを紹介し、また有線のビジネスホンとの比較を行いました。
コードレスビジネスホンの特徴がイメージできたでしょうか?

結局のところ重要なのは、あなたの働き方に合わせたビジネスホンを使うことです。
コードレスビジネスホンと有線のビジネスホンの特徴を比較し、あなたに合ったものを使ってください。
そうすることで、仕事の効率が高まり、ストレスの軽減されるはずです。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - コードレスビジネスホンのメリット・デメリットを有線のビジネスホンと比較解説します

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する