2019.08.13

ビジネスホンの移転工事はなにに注意すべき?5つのポイントを解説

ce17dfc320209142ffab55eafd8f7bcf - ビジネスホンの移転工事はなにに注意すべき?5つのポイントを解説

この記事を書いた人

Photo 20 01 08 12 43 42.642 300x300 - ビジネスホンの移転工事はなにに注意すべき?5つのポイントを解説

編集部員 河田

編集部員の河田です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集・執筆とお客様へのインタビューを担当させていただいています。日々、コツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

オフィスを移転する際には、ビジネスホンの移転工事をする必要があります。
もしビジネスホンの移転が遅れてしまうと、受注を逃したりお客様からの問い合わせへの対応が遅れてしまうかもしれません。

移転工事は業者に任せることが一般的ですが、いくつか注意すべきことがあります。

そこで本記事では、ビジネスホンの移転工事における5つの注意点を解説していきます。
オフィスの移転を計画している事業者様は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
  • ビジネスホンの移転工事での注意点

ビジネスホンの移転工事では何に気を付けるべき?

ビジネスホンの移転工事は、回線の移転なども伴うため業者に依頼することが一般的です。
しかし、業者に任せきりにしていては知らないうちにトラブルが発生していた、といったことになりかねません。

業者に任せっぱなしにするのではなく、移転工事の流れや変更点をしっかりと把握しておきましょう。
次の項目では、移転工事に伴う注意点を具体的に解説していきます。

注意点①移転工事にかかる日数を確認しておく

ビジネスホンの移転工事には、一般的に1か月前後の期間が必要となります。
1カ月の間に行うビジネスホンの移転工事の準備は、以下の流れで進んでいきます。

ビジネスホン移転工事準備の流れ

  1. 現在使用している電話回線のキャリアに連絡して移設する旨を伝える
  2. 移転工事の日程を決める
  3. 移転工事の日程を工事会社に連絡する
  4. 移転先物件の下見
  5. 新規オフィスでの設置レイアウトの決定
  6. 見積もりの作成

上記の流れを1か月間かけて行い、ビジネスホンの移転工事をします。
通常、オフィス移転の日は数か月前に決まるはずなので、その時点でビジネスホンの移転工事の予約もとってしまいましょう。

注意点②相見積もりをとる

ビジネスホンの移転工事にかかる費用は、依頼する業者によって異なります。
そのため、なるべく安く費用を抑えたいのであれば複数の業者間で相見積もりをしましょう。

工事業者同士で価格競争を起こさせることで、結果的に費用を安くすることができます。
ただし、相見積もりを取る際には下見に立ち会う回数も増えるため、準備により多くの時間がかかります。
目安として、相見積もりをとる会社は3~4社にとどめておくといいでしょう。

注意点③同じ電話番号を使えるか確認する

実は、同一市区町村内での移転でも電話番号が変更となるケースがあります。

そのため、従来の電話番号を引き続き使うことができるかを必ず確認しましょう。
電話番号の引継ぎに関しては、現在の住所と移転先の住所をキャリアに伝えれば確認してもらうことができます。

注意点④電話番号が変更する場合はアナウンスをする

オフィス移転に伴って、電話番号が変わる場合があります。
そのため、社内での告知だけでなく取引先に電話番号変更の連絡したり、名刺の記載・HPの情報更新などの作業が必要になります。

混乱を避けるためにも、業務を開始する前に情報更新を行っておきましょう。

注意点⑤電話機の台数や機種の見直しをする

移転工事を行う過程で、ビジネスホンの必要台数や機種を見直しておくべきといえるでしょう。

移転先のオフィスの規模が変わるのであれば、必要な台数も変わります。
また、この機会に利用料金が安いIP電話への変更も検討して、コストカットを図ることもよいでしょう。

大掛かりな電話機の数の増減やIP電話への変更については、キャリアに相談してかかる費用の見積もりを出してもらうことをおすすめします。

ビジネスホンの移転工事は自分で日程や作業を把握することが大事!

以上、ビジネスホンの移転工事の際に気を付けるべき5つの注意点を解説してきました。

ビジネスホンの移転工事には準備が1ヵ月ほどかかるうえ、電話番号も変わる可能性があります。
従来の電話番号を移転先でも使えるかを業者に確認し、もし変更することになったとしても、そのあとのアフターフォローとして電話番号変更のアナウンスをしっかりと行いましょう。

また、ビジネスホンの移転工事費用は業者間で異なるため、費用を抑えたいのであれば相見積もりが必要です。
相見積もりを手間だと感じるのであれば、ぜひEMEAO!にお任せください。

ビジネスホンの移転工事ができる優良な業者を、最大8社に絞ってご紹介いたします。
EMEAO!に掲載されている業者は、第三者機関の審査を通過した業者ばかりなので安心してご利用いただけます。

ビジネスホンの関連記事
発注したいジャンルを選択する