2019.10.18

ビジネスホン増設工事は有線とコードレスで何が違う?

0e535f01c755229ee9d98d49215e98e8 - ビジネスホン増設工事は有線とコードレスで何が違う?

会社で使用するビジネスホンといえば有線の電話を思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかし、最近ではコードレスの電話機を導入している企業も多いようです。

これからビジネスホンを増設する予定がある事業者様は、有線とコードレスどちらにするのか迷ってしまうのではないでしょうか?

有線とコードレスでは、ビジネスホンの増設工事の方法が異なってきます。
増設工事をするにしても、違いが分からないと不安ですよね。

そこでこの記事では、ビジネスホンを増設する際の工事方法は、有線とコードレスでどう違うのかを詳しくご紹介します。
ぜひビジネスホンの機種を選ぶ際の参考にしてみてください。

有線とコードレスで、ビジネスホン増設工事の方法はどう違う?

有線とコードレスでは、ビジネスホンの増設工事内容にどのような違いがあるのでしょうか?
それぞれの増設工事の流れを見ていきましょう。

有線の場合の増設工事方法

有線のビジネスホンの増設工事は、以下の流れで行われます。

有線ビジネスホン増設工事の流れ

  1. 主装置を設置・設定
  2. 配線工事
  3. 電話機の設置・設定

主装置の内線ユニットに空きがない場合は1の主装置の設置・設定と2の配線工事が必要になるケースもありますが、空きがあれば3の電話機の設置・設定をするだけですぐに使用可能になります。

コードレスの場合の増設工事方法

コードレスのビジネスホンの増設工事は、以下の流れで行われます。

コードレスビジネスホン(子機)増設工事の流れ

  1. 主装置にコードレス電話機用の無線アンテナを接続
  2. オフィス内の各所に無線アンテナを設置
  3. 親機とコードレスビジネスホン(子機)を無線でつなげる

現在販売されている多くのビジネスホンは、セットで設置できるコードレスビジネスホン(子機)が販売されており、必要な場合は子機のみを購入することもできます。

有線とコードレス、どちらの増設がスムーズにできそうかを確認してみよう!

今回は、ビジネスホンの増設工事は、有線とコードレスとで何が違うのかについて解説してきました。

有線ビジネスホンを増設する場合、主装置の内線ユニットに空きがあれば新しい電話機を設置・設定するだけですぐに使用することができます。
しかし、空きがない場合は、新しい主装置の設置・設定と回線工事をしなければ増設できません。

一方、コードレスビジネスホンを増設する場合、主装置とオフィス内の各所に無線アンテナを設置して、親機と無線でつなげて使用することになります。
ただ、親機に対応しているコードレスビジネスホン(子機)が販売されていなければ、親機も新しく購入しなければなりません。

以上の増設工事における違いを参考に、自社の場合は有線とコードレスどちらのビジネスホンを増設するほうがスムーズかどうか、確認してみましょう。

また、増設工事以外の有線とコードレスのメリット・デメリットも以下のページで紹介していますので、有線かコードレスかを決める際の検討材料にしてみてください。

この記事を書いた人

m kawata 300x300 - ビジネスホン増設工事は有線とコードレスで何が違う?

編集部員 河田

編集の河田こと「ヤッホー」です。編集プロダクションでの書籍編集の経験を経て、現在はEMEAO!のWebコンテンツ編集をさせていただいています。 学生のとき、仲間内では”素早い亀”といわれていました。のんびりしているように見えて、意外と素早いという意味だそうです(笑) これから、亀のようにコツコツと皆さんのお役に立つ情報を発信していきます!よろしくお願いします。

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する