2019.10.28

世界中で注目されている銀聯(ぎんれん)カードについて徹底解説

e4e0ef8a5d66c4be67eb03e866029893 - 世界中で注目されている銀聯(ぎんれん)カードについて徹底解説

“中国への旅行や出張に便利な『銀聯カード(UnionPay)』”
そんな触れ込みで有名な銀聯カードですが、近年では日本国内における銀聯カード決済の需要が高まっています。

日本での加盟店もどんどん増えており、街中でVISAやJCBと並んで「銀聯」のブランドロゴを目にする機会も増えましたよね。
中国人観光客による「爆買い」に利用されているカードとしても、銀聯カードは日本国内での認知度が高まっています。

「うちも銀聯カード決済を取り入れるべき?」
そう検討中の事業者も多いですよね。

そこで今回は、事業者が気になる「銀聯カード」の情報を、徹底解説しました。
銀聯カードを決済手段に導入したい事業者は、ぜひ最後までお読みください。

銀聯カードとは何?

銀聯カードは、中国の銀行が発行するデビットカードおよびクレジットカードです。

中国銀聯が発行しています!

中国銀聯の誕生は2002年。
それまで中国では各主要金融機関同士の取引システムが確立されておらず、銀行をまたいだ現金のやり取りが困難な状況でした。

そこで中国国内の主要金融機関が共同で設立したのが、銀行間決済ネットワークである「銀聯(ぎんれん)」です。
銀聯(ぎんれん)カードは、上述の中国の銀行間決済システムを利用して運営されています。

発行枚数は、なんと70億枚!

中国国内の銀行で口座を作ると、キャッシュカードが発行されます。
それに必ず付帯してくるのが、銀聯のデビットカード機能です。

そのため、中国国民のほとんどが「銀聯カード」(主にデビットカード)を持っています。

銀聯カードは第6の国際ブランド!

銀聯カードは、American ExpressやVISA、Mastercard、JCB、ダイナースクラブに続く、第6の国際ブランドです。

銀聯カードはどこで利用できるの?

中国全土の他、176の国と地域で利用できます。

銀聯カードは他の国際ブランドと提携を行っているため、全世界で5100万店の加盟店と257万台のATMで利用することができます。(2017年末現在)
(参照元:UnionPay公式サイト

中国人観光客は爆買いを銀聯カードでする!

日本において、中国人観光客が電化製品やブランド品を大量に購入する、いわゆる「爆買い」という現象が観測されています。
そこで利用されている決済手段が、この「銀聯カード」なのです。

海外への中国人の現金持ち出し制限をカバー!

中国人が海外へ渡航する際、現金の持ち出しには制限があります。
制限は厳しく、持ち出せる現金は2万元(2019.10.10換算レートで302,380円)です。
一方、銀聯カードの年間利用額の上限は約10万元(2019.10.10換算レートで1,511,641円)です。

そのため、中国人観光客の現金の不足分を補うために、銀聯カードでのショッピングが行われています。

銀聯カードの決済端末は?

大きく分けて2タイプあります。
JCB提供の決済端末機と、パナソニック製のINFOX端末機です。
以下にそれぞれ紹介します。

JCBの提供する銀聯対応の決済端末機がわかりやすい

JCB指定の、クジットカード処理端末機(JET-Sシリーズ)と暗証番号入力用キーパッド(ピンパッド)の設置が必要です。

ICチップやIC取引のみに対応している銀聯カードを決済するには、銀聯のIC機能に対応したクレジットカード処理端末機が必要です。

パナソニック製INFOX端末機はICチップの読み取りも可能!

INFOX端末では、1台で銀聯カード、クレジットカード、デビットカード、非接触ICカードを利用することができます。

国内設置台数 No.1のカード決済端末で、日本で最も多く利用されている決済端末です。

以下の2タイプから選べます。

「据置型INFOX端末」
レジ横に設置可能なコンパクト設計で、店舗内LANへの接続やPOS連動も可能です。

「業務連動型INFOX端末」
パソコンやタブレットと連携して、決済業務と店舗通常業務を連動することが可能です。

銀聯カード決済を導入して中国人観光客を獲得しよう!

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことで銀聯カードがご理解いただけたと思います。

銀聯カード決済を導入することで、もう中国人観光客に「銀聯カード使えないの?じゃあ他の店に行くわ。」なんて言われることはありません。
客単価の高さでもぜひ獲得したい、爆買い中国人観光客の決済ニーズを満たしましょう!

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - 世界中で注目されている銀聯(ぎんれん)カードについて徹底解説

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する