2019.10.28

ポスティングはどれくらいの頻度で行うと効果的なのか?

601448419f6574b2d9b5998a6ba94b4e - ポスティングはどれくらいの頻度で行うと効果的なのか?

ポスティングは継続的に行うことで、効果が上がる広告宣伝方法です。
なぜなら、消費者に何度もチラシを手に取ってもらうことで、自社の認知度を上げることができるからです。
「単純接触効果」という、繰り返し接する(目にする)ことで好感度や印象が強まるという心理効果を利用した宣伝方法の1つで、高い効果があるとされています。

しかし、ただ毎日ポスティングすればよいというものではありません。
チラシの入れ過ぎは嫌われますし、コストも多くかかってしまいます。
ポスティングの費用対効果を上げるのに重要なのは、適切な頻度であり、その頻度は商材の特性を見極めて設定すべきです。

そこで今回は、ポスティングをどれくらいの頻度で行うと効果的なのか、商材ごとに紹介します。
ポスティングの頻度に悩む事業者は、ぜひ最後までお読みください。

ポスティングの理想的な頻度は宣伝するものによって異なる

ポスティングの効果的な頻度は、宣伝したい商品・サービスの特性によって異なります。
なぜなら、それぞれの商品・サービスがどれだけ消費者の日常に関わるか、ニーズの頻度が高いか低いかによって、購入を検討するタイミングが異なるからです。

以下では具体的な例を紹介していきます。

スーパーのチラシなら毎日ポスティング!

消費者の多くは、特売品の値段を近隣のスーパー同士で比較するため、一日でもチラシ配布を欠かすと、その日の客足に関わってしまいます。

そのため、スーパーのチラシは毎日という高い頻度でポスティングすると効果的です。

 

「一回契約したら終わり」タイプ商材なら半年に1回の頻度でポスティング!

ウォーターサーバーや通信回線サービスなど、「一回契約したら終わり」というタイプの商材ならば、消費者に一度不要だと判断された後に購入が再検討されるまでの期間は長くかかる傾向があります。

そのため、半年に1回の頻度でポスティングすると効果的です。

オープンしたばかりの店舗は毎週ポスティング!

認知度が低い店舗は、早く周辺の消費者に店舗を覚えてもらうために、頻度高く毎週ポスティングするのが効果的です。
認知度が低い店舗とは、例えばオープンしたばかりの店舗や、エリア内に初出店したチェーン店舗、一般的に知られていない商品やサービスを取り扱う店舗などのことです。

美容院・ヘアサロンは2ヶ月~3ヶ月ごとの頻度でポスティング!

一般的に髪を切りに行くサイクルといわれている2ヶ月~3ヶ月に合わせて、中庸な頻度でポスティングをすると効果的です。

学習塾は新学期や長期休暇などのサイクルに合わせてポスティング!

消費者が子供の入塾を検討する機会は、新学期や長期休暇などのタイミングです。
そのため、ピークである新学期前や、夏休み、冬休み、春休みなどの長期休暇などに合わせて、ポスティングするのが効果的です。

見込み客の潜在的なニーズが高まるタイミングを上手く狙って定期的なポスティングを行うことで、消費者の印象に残るだけでなく、即時的な来店や購入のアクションに繋がりやすくなります。

ドラッグストアは毎週~1ヶ月毎の頻度でポスティング!

ドラッグストアで取り扱う日用品を購入するサイクルは、例えば石鹸ならば1週間、洗濯剤なら1ヵ月といった具合に、商品によって異なります。

そのため、ドラッグストアは毎週~1ヶ月毎の頻度でポスティングすると効果的です。

ポスティング会社に配布頻度を相談しよう

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことで、自社に最適なポスティング頻度がどれぐらいかご理解いただけたと思います。

各ポスティング業者には、長年培った地域についての情報や配布頻度に関するノウハウがあります。
ぜひ自社のビジネスに合ったポスティング業者に、配布頻度を相談してみてください!

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - ポスティングはどれくらいの頻度で行うと効果的なのか?

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する