2019.10.28

1日にポスティングできる枚数は?1人あたり何枚くらい配布できる?

0a3b13caf0874f8e9995527bec049b5b - 1日にポスティングできる枚数は?1人あたり何枚くらい配布できる?

限られた期間の中で大量のチラシを配りたい場合や、セールといったピンポイントの日付に合わせてチラシを配りたい場合、1日で何枚ポスティングができるのか、具体的な枚数が気になりますよね。
結論から言うと、1日に配布できる枚数は、ポスティングする地域と配付条件、配付カバー率の3つによって変動します。
例えば、集合住宅が密集した地域と、戸建て住宅がまばらに立ち並ぶ田舎だと、前者では1時間で1人あたり1000枚配ることができますが、後者では1人あたり100枚も配れたら良い方といった具合です。

そこで今回は、一日に配布できる枚数を決定づける地域性、配布条件、配付カバー率を紹介していきます。

ポスティングの利用を検討中の事業者は、ぜひ最後までお読みください。

地域によってポスティング難易度は大きく変わる!配布可能な枚数も変わる!

冒頭で述べた通り、ポスティングをする地域によって、一日に配布できる枚数は大きく変動します。
例えば、ざっくり分けると以下のような地域によるポスティング難易度があります。

地域性によるポスティング難易度

難易度 地域性
田舎のまばらに戸建てが建つ地域
1区画あたりの戸数の少ない高級住宅街
一般的な戸建て住宅街
都会や地方都市の、マンションや集合住宅が多い地域

ポスティング難易度が上がるほど、一日に配布できるチラシの枚数は低下します。

配布条件が付くほど配達担当者のスピードは落ちる!配布可能な枚数も下がる!

配布条件とは、一戸建てや集合住宅、分譲マンションなど、住居の形態によってチラシを投函する先を決めることです。
上記のような選別の他、配達担当者が目視でしか投函先を決定することのできない凡その築年数や、車庫や庭の有無などによって、発注者は配布する条件を付けることができます。

無選別にチラシを投函していくローラー配布に比べて、配達担当者が目視して投函の有無を決める時間や、エリア内に条件を満たす住宅が少なくなるほど、1日に配布できるチラシの枚数は低下します。

配付カバー率が高いと全枚数を配り切るのが大変です。

『配付カバー率』とは、「指定された配布エリア内の住宅の何%に配るか」ということを、発注者が指定する際に用いられる表現です。

たとえば、「70%の配付カバー率」であれば、全戸数300戸の地域では、210戸のポストにチラシを投函することを意味します。
「100%の配付カバー率」であれば、全戸数300戸の地域では、そのすべての住宅のポストにチラシを投函することを意味します。

なぜ「100%の配付カバー率」は配り切るのが大変かというと、様々な理由でポスティングし辛い住宅にも、一軒一軒チラシを投函して回らなければならないからです。
具体的には「70%の配付カバー率」であれば出来る、指定エリア内の戸建て住宅を避けて集合住宅を中心に配るといった工夫や、道路沿いに郵便受けのある住宅を中心に配るといった工夫が、「100%の配付カバー率」では出来ません。

そのため、指定エリア内に含まれる何%かの「配るのが大変な住宅」までをも網羅するために、配達員は多くの時間と労力を要します。

そのため配付カバー率が上がるほど、1日に配布可能な枚数は低下していきます。

地域性、配布条件、配付カバー率、配付枚数はマーケティングにも重要です!

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいただくことで1日にポスティングできる枚数が決まる要因をご理解いただけたと思います。

地域性、配布条件、配付カバー率、配付枚数は、ポスティングにあたり行うべきマーケティングとも大きな関わりがあります。
1日に配布可能な枚数の概算とともに、ポスティング戦略を練る際にもぜひ活かしてください!

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - 1日にポスティングできる枚数は?1人あたり何枚くらい配布できる?

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する