2019.10.28

経済分野の翻訳を翻訳会社に依頼する際の3つのポイント

ef3b76590efb9209abc0f18d0b213f51 - 経済分野の翻訳を翻訳会社に依頼する際の3つのポイント

この記事を書いた人

b2c758fe54333688881472ef8a89df3a 300x300 - 経済分野の翻訳を翻訳会社に依頼する際の3つのポイント

編集部員 M・S

編集部員のM・Sと申します。EMEAO!のコンテンツの取材、編集、ライティングを担当させていただいております。複雑な情報を分かりやすく整理し、忙しい皆様にとって読みやすい記事にまとめてご提供させていただきます!よろしくお願いします!

経済活動や政治の現場で発生する経済分野の翻訳のクオリティを決めるのは、語学力だけではありません。

経済分野の翻訳は主に「金融翻訳」と呼ばれ、銀行、証券、保険などの分野で発生する文書を扱います。
金融翻訳は専門知識の有無によって仕上がりに差が生じることも。

今回ご紹介するのは、経済分野の翻訳を翻訳会社に依頼する際の3つのポイントです。
経済分野の翻訳依頼を検討中の事業者は、ぜひ最後までお読みください。

この記事でわかること
  • 経済分野の翻訳を翻訳会社に依頼する際の3つのポイント

経済分野の翻訳を依頼する際に確認しておきたいポイントとは

ここからは、経済分野の翻訳を依頼する際に確認しておきたいポイントを紹介していきます。

ポイント①市場経済の動向を把握しているか?

経済分野は、市場経済の急速な変化に対応しなければならない分野ですよね。
そのため、翻訳者を選ぶ際には、間違いのない記述をできると同時に、翻訳文の鮮度も検討材料にしなければなりません。

具体的には、国内だけでなく海外の市場経済への深い理解や動向の把握の有無によって、経済分野の翻訳文の質や鮮度は大きく異なります。

ポイント②経済・金融の基礎知識があるか?

経済分野の翻訳を依頼する際には、翻訳者が金融業界の仕組みに精通し、経済・金融専門用語はもちろん、業界特有の言い回しを熟知しているかどうかも重要です。

具体的には、以下の3つの基礎知識は最低限必要です。

経済分野の翻訳に必要な3つの金融業界基礎知識

  • マクロ経済学およびミクロ経済学の基礎知識
  • 主要金融市場(株式市場、債権市場、外国為替市場など)の基礎知識
  • 企業決算・会計業務の基礎知識

これらの経済・金融の基礎知識がある翻訳者の所属している会社に依頼することで、訳文の品質が安定します。

ポイント③翻訳のスピードは速いか?

経済分野に関する文書は速報性が求められるため、訳文の質が高いことはもちろん、納期も重視しなければいけません。

また、経済分野の中でも財務諸表の翻訳業者を選ぶ際には、確定申告の時期(1~3月)にも素早く対応してもらえるかどうかも注意すべきポイントです。

業者によって抱える経済分野の翻訳の専門家の数は様々なため、対応速度は大きく異なります。
依頼をする前に納期をよく確認することが重要です。

経済分野の翻訳は、専門知識とスピードを重視しよう!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、経済分野の翻訳を翻訳会社に依頼する際の3つのポイントがご理解いただけたと思います。

経済分野の翻訳は、専門知識に加えて急速に変化する市場経済に対応するためのスピードが求められます。
アウトソーシングをする際には、経済分野に精通した翻訳会社を選びましょう!

経済分野の翻訳に対応している翻訳会社を効率良く探したいという方は、EMEAO!にお問い合わせください。
コンシェルジュが簡単なヒアリングを行った後に、条件にぴったりの会社をご紹介します!

翻訳会社の関連記事
発注したいジャンルを選択する