2019.11.01

翻訳作業を社内で行わず、翻訳会社に外注するメリットとは?

c3f17b3d68acc5f4e3d837826dac00ee - 翻訳作業を社内で行わず、翻訳会社に外注するメリットとは?

海外への事業展開を拡充する企業が増える中で、翻訳に関するニーズが高まっています。

企業によっては、機械翻訳を活用したり、ターゲット言語が堪能な社員に任せたりといったケースも多いことでしょう。
しかし、そのように訳された文章では、ビジネス文書として不十分な場合が多いということはご存知でしょうか。

また、翻訳会社に外注することで得られるメリットを、挙げることができますか。。

ここでは、翻訳の内製化をおすすめできない理由と、翻訳会社に外注するメリットを4つご紹介します。

費用を投じてまで翻訳を依頼する必要はないのでは……とお思いの事業者こそ、ぜひご一読下さい。

翻訳の内製化をおすすめできない理由

海外展開している会社では、自社のホームページや契約書、取り扱い説明書、マニュアル、ビジネスメールと、翻訳が必要なものを数えればキリがありません。

ネイティブ並みに外国語を話せる人材がいれば全て任せられそうですが、言語を理解するスキルと文書翻訳に必要なスキルは全くと言って良いほど異なります。

たとえば、慣用句などはその国その地域の文化であり、直訳では全く意味が通りません。
翻訳では、このような直訳では伝わらない言い回しや微妙なニュアンスに適した言葉を見つけ出す必要性が出てきます。

そういった基本的な翻訳をこなすだけでも大変な労力です。

しかし、そもそも翻訳の知識が浅ければ、ネイティブが読んだときに感じる違和感に気づくこともできず、内容の伝わりづらい翻訳文になってしまう場合も。

たとえ英会話が堪能だからといっても、英文翻訳が正しくできるとは限らないのです。

また、翻訳を内製するその他の手段として機械翻訳を利用することもでき、昨今では無料で利用で使えるGoogle翻訳といったツールもあります。
しかし、機械翻訳は専門用語や長い文章を苦手とするため、精度の点からおすすめできません。

翻訳会社に外注するメリット4つ

では、翻訳をプロに任せると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
会社を取り巻く環境や状況によって変わりますが、一般的に共通するメリットを4つ紹介します。

メリット①クオリティが高い

翻訳の知識に乏しく、翻訳の正確性が低ければ、海外企業とのスムーズなやり取りができずに企業としての信用を損ねてしまいかねません。

また、自社でウェブサイトを立ち上げている場合は、その内容に間違った言い回しや不適切な表現が使われていては、閲覧者の不信感を招き、ビジネスチャンスを逃すこともあるでしょう。

一般的な翻訳会社は、さまざまな言語、専門分野に対応可能な翻訳者が多数在籍していることがほとんどです。

そのため、直訳では不自然な文章になりやすい業界特有の言い回しや専門用語を含んだ文章なども、自然で洗練された文章に翻訳してもらえます。

翻訳の質を高めることは、企業の信頼獲得に寄与するともいえるのです。

メリット②ミスが少なく、精度が高い

多くの翻訳会社では、翻訳前後の文を照らし合わせてスペルミスや誤訳、訳抜けなどが無いかを確認する「クロスチェック」を取り入れています。

また、翻訳した文章を複数人のネイティブ・スピーカーが確認する「ネイティブチェック」と呼ばれるプロセスも重要です。

一人の翻訳者だけで完結させず、複数人のチェックの目を入れることで、高い精度に仕上げることができるのです。

翻訳文のチェック体制やプランは会社によって異なりますので、契約の前に確認されると良いでしょう。

メリット③自社で行うよりもスピードがはやい

自社で翻訳作業を行う場合、担当者はそれ以外にも複数のタスクを抱えていることでしょう。
先述の通り、翻訳を行うには相応の労力を要しますから、正確な翻訳をしようと思えば時間がかかって当然です。
他のタスクにも時間がとられ、十分な時間を確保できずに雑な翻訳になってしまっても本末転倒です。

そういった点で、メリット翻訳を生業とするプロは作業スピードが違います。
精度を高めるためのチェック工程を含めても、納品までの所要日数は自社で行う場合よりも少なく済むことがほとんどです。

また、「明日の会議に使いたい」、「週明けに提出したい」など、急な翻訳案件が発生した際には、オプションでスピード納品に応じてくれる翻訳会社も多くあります。
追加料金や文書ボリュームの上限など、会社によって設定はさまざまですので、利用スタイルに合った業者を選ぶことをおすすめします。

メリット④人材の有効活用ができる

いくら言語が堪能な人でも、翻訳作業には相応の手間を要します。

翻訳作業のアウトソーシングは、業務効率を向上させると共に、従業員を本来の業務に専念させることにつながります。

翻訳外注化で優れた費用対効果を!

いかがでしたでしょうか?
プロによる翻訳のメリットがご理解いただけたのではないでしょうか。

翻訳を翻訳会社へ外注すれば、必ずコスト負担が生じますが、本記事でご紹介した4つのメリットを考えれば、機会費用として捉えることができるのではないでしょうか。

この機会にぜひ、翻訳会社への外注を検討してみてください。

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - 翻訳作業を社内で行わず、翻訳会社に外注するメリットとは?

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する