2019.11.01

要注意!アメリカ英語とイギリス英語では翻訳文が変わる

6c0fa69ccfdaf3fcf878756f21deb613 - 要注意!アメリカ英語とイギリス英語では翻訳文が変わる

一概に英語といっても、アメリカ英語とイギリス英語ではさまざまな違いがあります。
話す際の発音やアクセントに違いがあることは比較的知られていますが、実は翻訳文においても違いがあることをご存知でしたか?

違いがわからないまま翻訳やチェックを行うと、アメリカ英語とイギリス英語が混在したちぐはぐな翻訳文ができあがってしまう可能性もあります。

そのため、翻訳会社に依頼する際には、アメリカ英語に翻訳するのか、イギリス英語に翻訳するのかを指定しなければなりません。
また、納品された翻訳文の言語学的な確認も多少はできた方がいいですよね。

そこで本記事では、アメリカ英語とイギリス英語の翻訳文のさまざまな違いをご紹介します。
英語翻訳を翻訳会社に依頼することを検討中の事業者様や、すでに英語翻訳の納品物をお持ちの事業者様は、ぜひ参考にしてください。

アメリカ英語とイギリス英語の特徴と、英語翻訳文に関して注意すべき4つのポイント

それぞれの特徴をざっくりと分けた場合、ストレートに用件を伝えるのがアメリカ英語、丁寧な表現がイギリス英語と言えるでしょう。
英文翻訳文を確認する際に具体的に注意したいポイントとしては、以下の4つを覚えておくとよいでしょう。

ポイント①スペルの違い

アメリカ英語とイギリス英語では、同じ意味の単語でも、そのスペル(綴り)が若干異なるものがあります。
例えばどのようなものがあるか、規則性のあるものについて見てみましょう。

アメリカ英語とイギリス英語におけるスペル違いの規則性の例

アメリカ英語「or」 イギリス英語「our」
color colour
honor honour
favorite fobourite
neighbor neighbour

 

アメリカ英語「er」 イギリス英語「re」
center centre
theater theatre
fiber fibre

 

アメリカ英語「ze」 イギリス英語「se」
analyze analyse
realize realise
(引用元:翻訳会社FUKUDAI

ポイント②文法の違い

アメリカ英語とイギリス英語では、文法も異なります。
文法は細かく見ていくと多くの違いがありますが、代表的なものとして以下の3つの違いを覚えておくとよいでしょう。

(1)過去形と現在進行形
完了したことを表現する場合に、アメリカ英語は過去形、イギリス英語は現在進行形と過去形を使い分けて表現することが多いです。

例えば、「私は財布をなくした」という文章を、アメリカ英語、イギリス英語ではそれぞれ以下のように翻訳します。

アメリカ英語「I lost my wallet.」(私は財布をなくしました)
イギリス英語「I have lost my wallet.」(私は財布をなくし、まだ見つかっていません)

(2)takeとhave
「take a break」など、アメリカ英語でよくつかう「take~」という表現は、イギリス英語では「have~」と表現します。

(3)haveとhave got
持っているという表現をする場合、アメリカ英語では「have」という単語を使いますが、イギリス英語では「have got」を使います。

ポイント③単語の違い

アメリカ英語とイギリス英語では、単語も異なるものがあります。
代表的なものをご紹介します。

アメリカ英語とイギリス英語で異なる単語

日本語 アメリカ英語 イギリス英語
お札 bill note
会計 check bill
携帯電話 cell phone mobile phone
タクシー cab taxi
アパート apartment flat
エレベーター elevator lift
(引用元:翻訳会社FUKUDAI

 

ポイント④意味・ニュアンスの違い

アメリカ英語とイギリス英語では、スペルは同じでも、意味や使い方のニュアンスが異なる単語もあります。

意味やニュアンスの異なる単語の例

単語 アメリカ英語 イギリス英語
chips ポテトチップス フライドポテト
first floor 一階 二階
trolley ショッピングカート 路面電車
quite とても まあまあ
sure 賛成・いいね 許します

アメリカ英語とイギリス英語の翻訳の違いを理解して、使い分けることが必要です!

以上、アメリカ英語とイギリス英語の翻訳文の代表的な違いを4つご紹介しました。
英語の場合は、アメリカ英語とイギリス英語の特徴や表現の違いを理解して、目的に合わせて翻訳し分ける必要があります。

そのため、翻訳会社に英語翻訳を依頼する際や、納品された翻訳文を確認する際には、ぜひ本記事を参考にしてみてください!

この記事を書いた人

shibadai 300x300 - 要注意!アメリカ英語とイギリス英語では翻訳文が変わる

編集部員 M・S

編集部員のM・Sまたの名を柴犬マニアの「シバー」と申します。 趣味は柴犬ウォッチング、特技はミックス犬の系統当てです。 「柴」の意味である「小ぶりな雑木」を手入れするように、いろんな情報を整理し、分かりやすくまとめます! 皆様のお役に立てる記事の作成に努めます。よろしくお願いします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する