2019.11.11

翻訳は直訳と意訳で何がちがう?適している文書とは?

6616c2b291cb16b5e83b83e7d614979e - 翻訳は直訳と意訳で何がちがう?適している文書とは?

昨今、海外の企業とやり取りをすることが多くなっており、海外向けの資料作成で翻訳を代行会社に頼む事業者様も多いのではないでしょうか?

翻訳を外注する際、依頼する翻訳会社にもよりますが、直訳調か意訳調かを選ぶことができます。
直訳と意訳どちらが適しているのかは、文章の内容にもよります。

では、具体的にはどのような文章が、直着調と意訳調どちらに適しているのでしょうか?

そこで本記事では、翻訳における直訳と意訳の違いと、それぞれに適した文書の例を紹介していきます。
これから翻訳を依頼しようとお考えの事業者様は、ぜひ最後までご一読ください!

直訳と意訳の違いとは?

はじめに、翻訳における直訳と意訳の違いを解説します。

2つの違いは簡単にいうと、直訳は単語をそのまま置き換えただけの文章です。
一方、意訳は前後の文面を読み取って違和感のない自然な文章にすることです。

直訳のメリットは、一言一句余すところなく翻訳するため、情報を過不足なく正確に伝えられる点にあります。
逆にデメリットは、直訳した単語の積み重ねの文章になるため、読み物として不自然に感じる仕上がりになりやすい点です。

意訳のメリットは自然な文章に仕上がる点です。
デメリットとしては意訳する際、翻訳家の主観が入り込んでニュアンスが変わってしまうことがあげられます。

直訳と意訳、それぞれに向いている文章とは?

直訳と意訳でそれぞれに良し悪しがあるため、文章の内容によって適した翻訳をする必要があります。

基本的に直訳は、具体例や正式名称が記載されている場合や、原文に準じないと内容に支障がでる文章に適しています。
対して意訳は読み手にとって読みやすく、ユニークな文言を多く使っている文章に適しています。

また、翻訳会社はあえて指示されない限り直訳は行わないケースが多いです。

以下に直訳と意訳、それぞれの翻訳が向いている文書の例をまとめました。

直訳が向いている文書の例

  • 専門書の翻訳(医学・法律・工業など)
  • 取り扱い説明書
  • 試験問題
  • 特許や契約書

意訳が向いている文書の例

  • パンフレット
  • 雑誌記事
  • 広告
  • マニュアル書や小説

翻訳会社へ依頼する際の注意点

直訳か意訳かを決めて翻訳を依頼する際、翻訳家によっては直訳を不自然な文章にしないため、ある程度の意訳をするケースが多々あります。
しかし意訳の幅が人によって異なるため、ニュアンスが異なってしまったり意味が分からない文章になることがあります。

このようなトラブルを回避するためには、事前にターゲットにしている読者層や直訳を依頼する際、どの程度原文に準じて欲しいかを依頼会社にしっかり伝えておくことが重要です。

他に依頼の際に気を付ける点として、内容や読者層によって一つの単語でも訳し方が変わることが挙げられます。
例えば『human』という単語は生物学書では『ヒト』という表現が適していますが、子供向けだと『にんげん』が適しているといった具合です。

あらかじめ、想定される読者層や強調したい部分を翻訳会社に伝えておくことで、翻訳後の内容に相違が少なくなります。

 原文を重視するなら直訳、ユニークな表現をするなら意訳が適している

以上、翻訳における直訳と意訳の違いと、それぞれに適している文書を解説してきました。
直訳と意訳について、ご理解いただけたのではないかと思います。

直訳は契約書やマニュアルなど、原文の内容が重視される場合の文書に適しています。
対して意訳は雑誌の記事や広告など、国の文化ごとに適したユニーク文言で人を惹き付けることに向いています。

これから資料や文書を翻訳したいとお考えの事業者様は、文書内容に注目した上で直訳か意訳かの選択をし、選択翻訳会社に伝えましょう。

この記事を書いた人

hamagishi 300x300 - 翻訳は直訳と意訳で何がちがう?適している文書とは?

編集部員 濵岸

編集部員の濵岸こと「はま~」と申します。EMEAO!のWebコンテンツの記事を作成させていただきます。 身長が低いため学生時代は「お豆」と呼ばれていました。 豆らしく、皆様の役に立つ記事を「マメに豆知識を!」の意識で作成します!どうぞよろしくお願いいたします!

コンシェルジュに無料相談

あなたにぴったりな業者がみつかります

コンシェルジュに無料相談

お急ぎの方はこちら

0120-130-358受付:平日 9:00 - 18:00

関連記事

発注したいジャンルを選択する